2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [その他]病気怪我 > 愛のアトピー

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のアトピー

 2005-03-28(月)
マエストロ軍曹はアトピーだ。
重症ではないが、乾燥した季節などは肌がかさかさで痒い痒いと泣く。
お風呂上がりに毎日薬を塗る。
バタバタしている時などは、塗り忘れたりするが、そういう時はきまって夜中に泣きながら起きる。

今日は、義兄が夜勤なのでマエストロ軍曹は私の布団で寝た。
私は、そのあたりに雑魚寝である。
その隣には姪っ子小二も寝ている。

夜中に一度起きた。寝ぼけているのかと思って、寝かしつけた。
しばらくして、泣きながら起きた。悪い夢でも見たのかと思い近づくと、体を掻いていた。

痒いんだ・・・

すぐさま姪っ子中二に薬は何処だ!と叫んだ。
マエストロ軍曹を起し隣の部屋に連れて行く。
薬箱には、たくさんの薬がある。
ほとんど姪っ子小二の薬である。

「どれだ」
「これかな・・・姪っ子小二のやつだ・・・」
二人で探しまくる。

マエストロ軍曹は半開きの目で「おしっこしてくる」といいトイレに行った。
「姪っ子中二!覚えておけよ、弟の薬くらい」とどなる。
「姪っ子小二の薬が多いんだもん」と答える。
「薬塗らないと、今夜眠れないぞ、マエストロ軍曹」
「これかな・・・」
「それだ、マジックでマエストロ軍曹って書いてある」

ちょうどマエストロ軍曹が戻ってきたので、上着を脱がせて塗り始めた。
すでに半分寝ていてコックリコックリしている。
「おい、ちゃんと支えておけよ姪っ子中二」
「マエストロ軍曹、眠ってるよ」と姪っ子中二と会話しながら上半身に塗る。

塗り終わると、姉である姪っ子中二がマエストロ軍曹を布団まで連れて行き寝かしつけた。

現代病だよな、アトピー。
環境ホルモンって言葉は大学生の時に流行ったが、現在は色々な環境病に悩まされる不幸な時代でもある。

友人が言っていた。
「精子の濃さを見てみろよ。中学の時なんてスキムミルクより濃かったのに・・・恐るべし環境ホルモン」
二十歳くらいの時かな。

ハウスダストによる呼吸器系疾患とか花粉症とか、あれとかこれとか・・・現代を生きていくのはサバイバルなのだ。

姪っ子中二は鼻炎。
姪っ子小二は体の障害とそれに伴う色々な疾患。
マエストロ軍曹はアトピー。
明治生まれの祖母は、軽く呆けてはいるが、まだまだ健康。
この差はなんなんだ。

心の病と体の病。
社会も病んでいる。

ぐっすり眠れ、マエストロ軍曹。
健康が一番だよ。ほんと。


次の記事:愛の国際政治
前の記事:愛の緊急救命室、或いは救命病棟という名のER
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/72-f916280a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。