2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]ニュース > 愛のハロウィン 2008年版

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のハロウィン 2008年版

 2008-11-02(日)
ハロウィンは終わりましたが、やっぱり海外で事件ありましたね。ハロウィンで訪問した少年が射殺されちゃった。

それも自動小銃で!

ドア越しに撃たれたそうで、もう映画ですよ・・・
どんな事件かというと、以下にニュースを引用しますが、こんな感じ。

 【ニューヨーク2日時事】米南部サウスカロライナ州サムターの警察当局は1日、ハロウィーンの習慣で菓子をもらおうと自宅を訪ねて来た少年(12)を自動小銃で射殺したとして、殺人罪などで男(22)を訴追したと発表した。
 米メディアによれば、男はハロウィーンに当たる10月31日夜、ドアをノックした少年を強盗と思い込み、ドア越しに少なくとも29発の銃弾を乱射。少年は頭を撃たれるなどして死亡し、一緒にいた父親と弟(9つ)も負傷した。男は昨年強盗に押し入られて銃撃を受けたと話している。

■ハロウィーンで訪問の少年射殺=強盗と思いドア越しに発砲-米南部
(時事ドットコムより。2008/11/02-15:53)

一緒にいた父親と弟も負傷って、自動小銃恐すぎ。

そして、ハロウィンの射殺事件で思い出すのは「服部君射殺事件」なわけで、日本でハロウィンというと「Trick or treat!」よりも、この事件を思い出すわけで、この事件をリアルタイムで知っていると、やはりハロウィンは血なまぐさいと思っちゃう。

この「服部君射殺事件」については、幕僚日誌過去記事で長々と書いていて、結構後日談がアレだったりとしたのでなかなか忘れないわけです。

ちなみに服部君を射殺した犯人は無罪になりました。

3年も前の記事ですが、読み返してみる。

■2005.10.30 愛のハロウィン その2

これからも似たような事件事故は起こり続けるでしょうね。

服部君の時は44マグナムでしたが、今回は自動小銃なわけで、ある意味バージョンアップしている。

アメリカでも自動小銃などは所持が厳しいと思ったのですが、これ南部の州だからでしょうかね?

フランク永井も亡くなったことだし、ご冥福をお祈りします。はい。
次の記事:愛の2009年 パソコン故障
前の記事:愛の新型潜水艦 うんりゅう
関連すると思われる記事
Loading


コメント
実銃は恐ろしいよね(笑

強盗に入られ被害妄想になって自動小銃で武装して、ハロウインで来た少年や父親を撃つなんて。
でもアメリカでも自動小銃はフルオートマタイプは一般市民が持っちゃいけないことになっているとか、でも素人でも違法改造できるらしい・・。

日本も首相が2人プッツンして空幕長もだから、どうなるかワカラン(笑
【2008/11/03 12:04】 | COMMON #- | [edit]
AK47だったつう話もあります。
軽機関銃のような拳銃弾ではなく自動小銃で撃ち抜かれるって・・・
もう、どんなイラク?って感じです。

空幕長のやつですが、最初冗談かと思っていました。

現役(それもトップ)が政府見解と違ったらまずいだろ(笑)

空自ってところが味があっていいよなぁとネタとして笑っていたのですが、マジネタだったのでポカーンです。

出世コースから外れた、ある意味無敵な幹部からは何度も聞いたことありますが、将はダメだろ、と。

定年退職らしいですね。

ブスを目の前にして「君はブスだね」と言っちゃダメ。美人を前にして「君は美人だね」と言ってもダメなのに・・・

あの頃だったら、港区司令部はお祭り騒ぎでしたね(笑)
【2008/11/04 00:39】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/680-61525058
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。