2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]ニュース > 愛のノーベル賞 化学賞は下村脩

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のノーベル賞 化学賞は下村脩

 2008-10-09(木)
昨日に続いてノーベル賞ネタなんですが。

2008ノーベル賞(化学賞)は、ボストン大名誉教授の下村脩センセ以下2名。この内の一人は有名な中国のロケット博士の甥っ子さんだそうで(中国系アメリカ人)、そっちの方もニュースになったりしていますが下村脩センセって凄いですね。

日本では、ある意味無名の学者さんです(笑)

それでいて、ノーベル賞受賞!
ノーベル化学賞受賞のニュースにこうあります。

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、「緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見とその応用」に関わる研究を称えて2008年のノーベル化学賞を下村脩、マーティン・チャルフィー、ロジャー・Y・チェン(銭永健)の3名に授与することを発表した。

 今回、ノーベル化学賞が決定した下村脩さんは、1928年8月27日生まれの80歳。現在の長崎大学薬学部を卒業後、名古屋大学薬学部助手を経て1960年にフルブライト交換留学生としてプリンストン大学に留学。その後はボストン大学ウッズホール海洋生物学研究所などで生物発光の原理について研究を重ねた。現在は、ボストン大名誉教授。

 ノーベル化学賞を受賞しながらも、日本国内の学会ではほとんど知名度はなかった研究者となる。

■スウェーデン王立科学アカデミー、ノーベル化学賞を下村脩氏ら3名に
(Technobahnより。 2008/10/9 01:23)

マ、ここまでは普通のニュースで、このあとにも記事があって、そこが肝心。

 同じく2008年のノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏も1952年に渡米し、米国に帰化したという経歴を持つ(下村氏は日本国籍のまま)。2008年のノーベル賞は日本人が物理学賞と化学賞の両方で受賞しながらもその両方の人物が若くして日本を離れて米国に移住したという事実は日本の科学界の閉鎖性を物語るものとして今後、議論を呼びそうだ。

(引用もと、上に同じ)

なるほど・・・。

でも、これ、逆にも考えられるんですよね。

アメリカというか欧米以外で研究している学者は、もう蚊帳の外、というか、そういう風潮というか。

そういう点も以前から指摘されていて、有名な話ですが、第1回ノーベル賞の候補になった北里柴三郎博士は、有色人種という理由で受賞できなかったとか。

これ、今でもあるんじゃ?

って思っちゃいます。

でも、実際にカラードである南部センセや下村センセが受賞しているので、昨日の記事に引用したノーベルの遺言(国籍関係なく功績のあった人に賞を与えるというやつ)の通りなんでしょうけど、勘ぐれば、主流は欧米なんだから、他はあんまり認めないよって(笑)

勘ぐりすぎなんですが。

でも、そういうのはあると思うのですよ。

人が集まり組織になれば、そりゃ、それがなんであれ、色々あるわけで。

でも、まぁ、斜めに見過ぎなクセはおいといて、下村脩センセの受賞を喜びましょう。

ノーベル物理学賞と化学賞に同時に日本人受賞がいるんですよ。

凄いなぁ。

ってなことで。

次の記事:愛のセロテープは60周年
前の記事:愛のノーベル賞 一人の米国人と二人の日本人
関連すると思われる記事
Loading


コメント
江崎先生も受賞時に、それまでは日本では認められなかったとか言われたことを記憶してます。年功序列の日本じゃダメで、一応、多様なものを受け入れているアメリカでないと・・というありきたりのオチですが。
島津の田中さんと私は同い年なんですよ、隣の中学・・このあたりは半分現業の人なので、年功序列はあまり関係なかったのかも・・。
【2008/10/09 21:49】 | COMMON #- | [edit]
研究環境は、やはりアメリカの方がいいみたいですね。引退後も、自宅に研究室作って研究できる環境って、やはり日本にはないよなぁ、と。

文系(文学とか)なら、自宅で研究ってのもあるんでしょうけど、研究設備が必要な理系は聞かないです。

なんと、あの田中さんってCOMMONと同じ年齢なんですかぁ。隣の中学って・・・

同じ模型屋でプラモとか買っていたんですかねぇ(笑)

【2008/10/10 16:05】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/676-21621930
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。