2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛の司令部昔話

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の司令部昔話

 2005-03-23(水)
衛生兵0号の、このお話で思い出した。
 
0号のお話は、踊りに行った衛生兵0号が飲んで踊って気持ち悪くなったお話である。リンク先読めば早いけど。
 
以下は、0号のそのお話の行間の話である。
 
衛生兵2号から携帯に電話がかかってきた。
遅い時間だ。
なんだろうと思いとると「0号が大変です。いま駅のホームなんですが、ちょっと困ったことになりました」と、日頃マイペースな2号が、かなり焦った口調で話してくる。
 
「どうした?」
「今日、飲みに行ったんですが、0号が飲んでは踊り飲んでは踊りしていたら、もう立てないくらいやばくなりました。ゲロ吐きさんで動けないです!」
 
電車で帰れなくなったみたいである。
どうしようもなくなって、2号は助けを求めるために携帯に電話してきたのである。
 
当時、横浜に住んでいた。2階には団長も住んでいた。
都内まで行くのに、電車にしろ団長の車にしろ時間がかかる。
もしかしたら、あの酒が強い0号がそういう状態なので急性アルコール中毒になっているかもしれない。
色んなケースを一瞬で考えた。
 
それに2号は「こんな0号は、はじめて見ました」と言っているくらいである。
2号も大学生活をおくった女である。飲み会の100や200はこなして、気分が悪くなった友人とか、いやというほど見たり介護をやってきていたりしている。
その2号が「どうしたらいいですか?」ときいてくる。
 
0号の状態が心配だったので状況を確認することと、2号を安心させることの2つを優先事項とした。
最悪、ホームにいるなら駅員に助けを求め、その間に私は現場に行ける。
 
まず、2号にこう聞いた。
「死にそうか?0号は。おまえが今まで飲み会で見てきたつぶれた友人よりひどいか?」
「いえ、休ませれば大丈夫と思います。ただ、私ひとりでは、寮まで連れて行けないと思います」
2号の見た目では、酒に潰れた程度ということらしい。
飲み会の場数を踏んでいる2号の見立てである、まず間違いない。
ただし、急性アルコール中毒ってせんもあるので、0号の状態を常に観察していろと言う。
 
次に、2号にこう聞いた。
「おまえら二人だけか?」
そうなると、色んな意味で最後まで面倒を見なければいけないと思った。
負傷兵をかかえているようなもんである。戦力は2でも1でもなく、0.5になる。2人いて、1人動けないから戦力は1と思われるが、実は、その動けない1人に対処しているので、使える戦力はよくて半分の0.5なのである。
 
「いいえ、違います」
と意外な答えが返ってきた。
誰だろう。これが男なら助かるのだが、と思い「誰がいるんだ?」と聞いた。
 
「○○さんと△△さんです」
「なんだ、今日合コンだったのか」
両方とも知った人で、かつひとりは、かつで過酷な赤坂分遣隊時代に団長や私と苦楽をともにした仲間である。
 
「○○君がいるんだね?」
「そうです」
「じゃあ、大丈夫だ。彼がいるなら大丈夫、安心しろ2号」
 
電車には乗らず、タクシーを捕まえて0号を連れて帰ること。
○○君には、手配が付くまでフォローしてもらうこと。心配なら寮まで同乗してもらうこと。などを指示したはず。
それでもダメだったり、途中で問題があれば私にすぐ連絡すること。
とも言ったはず。
 
この前後の話もあるが、もちろん書けるわけなく、これはこれで一件落着である。
 
後にも先にも、あんなに不安そうな2号は、その時だけである。
本当に心配していたんだと思う。
 
そして、これを思い出しながら書いている俺は、ああ実は2号との電話のやりとり以外記憶が曖昧だなぁとか思っていて、ええい脚色しちゃえ!と思っていたりする・・・
 
司令部の人間は知っているが、私の話は7割がウソである。
でも、残り3割は・・・作り話だから。
 
そして、翌日0号が午前中いなかった本当の理由を知るのは、2号と私以外にいなかった・・・はず。
 
やがて○○君と0号は付き合いだし、数々の伝説となるネタを披露していくのである。
 
数年後、めでたく結婚するわけであるが・・・
ささやかなSaizeriyan関係者のお祝いは、新宿で2号幹事のもとに行われた。
 
この話も、今となっては笑い話のネタである・・・
 
伝説の一部は、衛生兵0号自身が、小出しに書いてくれるでしょう。
リンク先の「衛生兵0号のきりたんぽ」に・・・


次の記事:愛のなごり雪
前の記事:愛の地震 その4
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/67-96b64e30
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。