2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のYouTube 動画アップローダを刷新

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のYouTube 動画アップローダを刷新

 2008-09-30(火)
動画共有サイトのYouTubeですが、動画アップローダの新ツールのテストを開始したそうです。

ニュースを読むと、動画ファイル容量制限の緩和、複数アップロードに対応とあります。

YouTubeって100MBの制限があるんですよね。それが1GBになるそうです。1GBですよ!

でも、動画再生時間は変わらず10分のまま(笑)

意味あんのかよ!
Googleに吸収される前、初期のYouTubeって再生時間の10分制限ってなかったんですよ。あの時代を知っている人は少ないと思うのですが、10分制限って途中から採用されたものです。

YouTubeはサービス開始くらいから知っているのですが、最初は、まぁ、普通のネットサービスのひとつだったんですよねぇ。

使い勝手とかで急速に発展しましたが、その途中で10分制限が付きました。

それまで動画をアップロードしていたユーザからは非難囂々だったような気がします。急激にユーザが増えたので既存ユーザが「おまえらのせいだ!」って。

そんなことはなく、10分制限は必然で、たしかアメリカのabcとかCBCとかの放送局からのクレームでそうなったんじゃなかったかと思います。

番組まるまるアップするから、その対応(笑)

今回、テスト版ということで新アップローダ公開されていますが、まだ使っていません。

別のブログでは動画をYouTubeにアップロードして公開しているので、今度使ってみようかと思います。なんだろうなぁ、違いって。

複数アップロードに対応とありますが、これ、今までもありましたよね。

「マルチ動画アップローダ」ってやつ。

100MBを超えるファイルや複数のアップロードをする際に使用するんですが、100MBを超えるって、この時点で100MB規制から外れているなぁ。

いつからあるんだろう?

使ったことあるんですが、単独で動画ファイルをアップロードするよりも使い勝手が悪いです。

動画をアップロードする場合は、タイトルや説明やタグなどを入れるのですが、「マルチ動画アップローダ」だと動画ファイル1つにつき1行単位で入れていかなきゃいけないので面倒くさいんですよねぇ。

普通は動画ひとつずつアップロードするので、あまり使われていなかったのでしょうか。

YouTube動画アップロードの画面を比較してみる。
クリックで拡大します。

■通常の動画アップロード画面
いつもの動画アップロード画面

■マルチ動画アップローダ画面
マルチ動画アップローダの画面

■新アップローダ画面
新アップローダの画面

実際に新アップローダを使用していないので、感想が書けないのですが、すぐ使ってみると思うので、できたらフォロー記事投稿してみたいと思います。

10分制限のまま1GBにしたのは、高画質対応なんでしょうか?

10分制限は外せないと思うのですよ。

「すてろく」という動画共有サービスがあって、コーデックのDivXが運営していたサービスなんですが、これは凄かったです。

YouTubeなどのようなflv(フラッシュですね)動画ではなく、基本的に高解像度で圧縮したファイルのままアップロードできました。

容量制限も時間制限もありませんでした。容量は2GBという話もありましたが、2時間の映画をエンコードしても2GBにはならないので、ほぼ無制限。

ダウンロードまで出来ちゃう(笑)

結局潰れちゃいましたけど、凄かったですよ。映画が丸々高画質であったりしましましたから(笑)

ドラマなんかもDVD画質もまま全話あったり。

10分制限ってのは、そういうコンテンツを排除するという意味があると思います。それでも違法コンテンツあるじゃないか!って話ですが、まぁ、建前論として。

そうそう。

YouTubeは動画をアップロードしても、それが公開される(ちゃんと見られる状態になるという意味で)まで、ものすごく時間がかかります。

ものによっては、すぐに見られるのですが、私の経験からだと、低解像度のファイルサイズの小さいやつとかですね。

あ、思い出した!

YouTubeって100MB以上のファイルもアップロードできるな。

ニュースソースにある100MB容量制限って何の話だろう?

って支離滅裂な文章ですが、動画が公開される時間の短縮は考慮されていないそうです。

つまり、今回の新アップローダは、

①容量が1GBになった
②マルチアップロード対応になった

というのがニュースソースの、提灯記事かどうかはわかりませんが、ポイント。

で、残念な話は、

①10分制限はそのまま
②動画公開までの時間も改善されていない

ってことですね。

とりあえず、ニュースソースを読んで下さい(笑)

 YouTubeは先週末、動画を公開するユーザー向けに、新たなアップロードツールのテストを非公式に開始した。新ツールにより、ViddlerやVimeoといった他社サービスが、これまで何年間も提供してきたのと同様の、アップロード進行中の情報入力フィールドへのアクセスが可能になる。現在、YouTubeは、新たなプレーヤーのテストを、少数のユーザーを対象にしか実施していないものの、こちらの特別なリンクから、アクセスすることができるようになっている。

 また、YouTubeは、アップロードする動画ファイルの容量制限を、100Mバイトから1Gバイトへと緩和した。このことによって、これまでは1分間の動画でさえ、しばしば制限オーバーとなってしまっていたが、デジタルカメラにて、高品質のVGAビデオモードで撮影を行うユーザーには、劇的に大きく機会が開かれることになる。

 さらに、新アップローダでは、同時に複数の動画ファイルをアップロードすることも可能となる。ファイルの選択時にでも、以前に選択した動画のアップロードプロセス進行中にでも、複数ファイルのアップロードを指定することができる。新ツールでは、1度に最大10本の動画をアップロード可能であり、以前のアップロード作業が終わるやいなや、すぐさま別の動画クリップのアップロードに取りかかるといったことが容易になる。現時点でどのファイルをアップロード中であっても、作業を中断する必要がなくなり、これは非常に優れた改良点である。

 とはいえ、アップロードプロセスにおいて、引き続き変更されなかったことが2点ある。それは、動画再生時間の制限と、アップロード処理に長大な時間を要する点である。動画再生時間は、最長でも10分に制限されており、依然として、動画が公開されるまでに、実際の動画再生時間よりも長く待たされてしまう。アップロード処理に関しては、ただ改善されるのを待つ以外に何もできないものの、もし長時間の動画形式を利用したいと望むならば、動画再生時間の制限を撤廃した、YouTubeのパートナープログラムを試してみるとよいかもしれない。

■YouTube、動画アップローダを刷新--容量制限緩和や、複数同時アップロードにも対応
(CNET Japanより 2008/09/30 07:20)

全文引用したのですが、上で書いてきたことから全文引用せざる得ないわけで。

YouTubeは高画質版(mp4ファイル)があるのですが、結局見るのはflvなので、限界があるのかなとは思いますが、たまに信じられないくらいの高画質動画があるから侮れない(笑)

そのあたりは詳しくないのですが、同じflvファイルでもこうも違うのかと。

似たようなサービスは世界各国にありますが、ユーザ数でYouTubeに敵うものはいないと思います。そして、ユーザ数が多いということは、それだけあらゆる動画があるということで、インターネットの時代というのは凄いものだな、と改めて実感。

10分制限がなかった時代を知るものとしては、もうですね、寝てたら置いてかれる!って感じです。はい。

<参考>
■YouTube
■YouTube動画アップロードの新サイト(βサイト)

次の記事:愛のGyao 2008年版 再生できない場合
前の記事:愛の算数の教材は基地問題
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/669-42a8a9b4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。