2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄

 2006-11-21(火)

銚子電鉄の「ぬれ煎餅」「ぬれ煎餅」というダシの効いた醤油タレたっぷりなお煎餅が猛烈な勢いで注文されている。醤油タレなお煎餅な時点で旨いのはわかっているのだけれど、これには理由がある。

そして、この「ぬれ煎餅」を販売しているのは、お煎餅屋さんでもお醤油屋さんでもない。電鉄会社。銚子電鉄なのである。(画像は銚子電鉄オンラインショップ「ぬれ煎餅」ページより引用)

電車運行維持のためにぬれ煎餅(せんべい)を買って下さい!! 修理代を稼がなくちゃ、いけないんです――。約2億円の負債を抱えて経営難に苦しむ銚子電鉄(千葉県銚子市)が、自社のホームページ(HP)で「緊急報告」と題し、同社の名物「ぬれ煎餅」やレールで作った文鎮など電鉄関連商品の購入を呼びかけている。車両の法定検査が資金不足で発注できず、このままでは元旦の輸送に支障が出たり、年明けに車両不足でダイヤ通り運行できなくなったりする恐れがあるという。

■「ぬれ煎餅買って」 経営難の銚子電鉄がSOS
(asahi.comより。2006.11.21 15:02。全文はリンク先参照)

テレビでもやってましたね。銚子電鉄の「ぬれ煎餅買って下さい!」ってやつ。安易に募金や寄付を募らず、商い(あきない)で勝負するこの姿勢が共感を呼んで、猛烈な勢いで注文されているみたい(笑)

だって、醤油タレ煎餅って旨いもん。でも、この銚子電鉄の必死さにはワケがある。

銚子電鉄というのは、リンクしたasahi.comの記事にもありますが、JR銚子駅と犬吠埼や外川漁港を結ぶ全長6.4キロのミニ鉄道です。いわゆる、ローカル鉄道。全長6.4キロって・・・バスにしろよ!と叫びたくなるような距離。

でも、地元民にとっては、欠かせない足で、特に小学生にとっては大切な通学手段だそうです。

この銚子鉄道、ローカル線の例に洩れず赤字なんですが、前社長が横領して裁判やってる。前社長は自己破産しちゃったので、その借金が全部会社に来ちゃった。さぁ、大変。なんてやつだ、前社長。

そのあたりの経緯もリンク先ページにありますが、銚子鉄道は運賃売り上げよりも、ぬれ煎餅や鉄道グッズなどの売り上げが高いそうで、公式サイトで「ぬれ煎餅を買って下さい!」と明記している。このあたりは、動画を見て貰った方がはやい。

のどかな風景ですね。「ぬれ煎餅」も手焼きですよ。醤油タレの手焼き煎餅!旨いフラグ立ちまくりですね。

昨日のテレビ紹介や本日の新聞報道なので、猛烈な勢いで注文されているのですが、これ駅員さん徹夜で焼いているそうです。地元の人の目撃談によると、終電終わっても灯り消えて無くて、かつ早朝も点きっぱなし。ずっと焼いているみたいです。

そりゃそうだろう!注文殺到しているんだから。注文者は(オンラインショップで注文すると備考欄にコメントが書けるみたい)、発送はいつでもいいと書いているみたいですが、募金や寄付を募らなかった従業員の意地としては、いやでも納期は守るぞ!と。そう感じるのです。

最近、死ぬ死ぬ詐欺とかで、募金もすっかりアンダーグラウンドな利権に成り下がっちゃったなぁと思っていたところだったので、この銚子電鉄の、ぶっちゃけすぎな、せっぱ詰まった戦略は好意をもって迎えられたと思いたい。

公式サイトのトップで「煎餅買って下さい!」ですよ(笑)

そして、猛烈な勢いで注文されているので、公式サイトの重いこと重いこと。ええ、表示できないと思います。

■銚子電鉄公式サイト
銚子電鉄公式サイト

「ぬれ煎餅」や他のグッズ類は、銚子電鉄オンラインショップで購入できますが、やはり、ここも重い(笑)

■銚子電鉄オンラインショップ
銚子電鉄オンラインショップ

銚子電鉄のサイト管理というかサーバがあるのは、地元銚子の「銚子インターネット」という会社。でも回線が細いんでしょうねぇ。想定外のアクセスで、この会社のサイトにも「重要なお知らせ」に謝罪文と回線補強の旨があります。大変だなぁ、ここも(笑)

■銚子インターネット「重要なお知らせ」
銚子インターネット : 当社をご利用頂いている会員の皆様及びコンテンツをご利用の皆様へ

私、注文しますよ。重くても。夜なべで焼くにしても(笑)

旨そうじゃないですか。お茶漬けして食べる裏技があるそうです。お醤油と海苔と追加して食べると旨いらしい。私的には、それにワサビを垂らすと、さらに旨いと思うのでやってみようと思います。

世の中には、この銚子電鉄よりも悲惨な状況が多々あり、銚子電鉄だけが不幸というわけではなく、それは重々理解もしています。そして、いま猛烈に注文している人の中にも「偽善」から注文している人もいるでしょう。

他の状況と銚子電鉄の状況は何が違うのか?公式サイトに電鉄会社なのに「ぬれ煎餅を買って下さい」とやったからか?前社長が横領して、その割を食っている社員に同情したからか?義憤にかられたからか?

ぬれ煎餅があるから!

これでしょう。10年前に事業展開した「ぬれ煎餅」があるからでしょう。旨いし。そこが他の状況とは決定的に違う。でなければ、「あ、そう」で終わっちゃう話。よくある話だよ、と。

「やらない善より、やる偽善」という言葉があり、その言葉に対して「やらない善より、やる偽善、をやらない善」という言葉があります。

そういうのとは無縁な、旨い「ぬれ煎餅」を食ってみるか!な世界だと思います。少なくとも、私はそうです(笑)

なので、公式サイトが重くなろうが、駅員さんが夜なべして焼こうが、注文するのです。そこには、善も偽善もない。

食べたいという本能があるだけ。そして、その隙間に若干銚子電鉄問題に対して考えることができるなら、それはそれでいいのだろうと。

とにかく、いまは、「ぬれ煎餅」を食べたい。なのであります。

<おまけ>
重くて銚子電鉄公式サイトがうまく表示されない場合は、以下の画像をみて「こんな感じなんだ」と。Web1.0な情緒あふれる公式サイト!

銚子電鉄公式サイトトップのハードコピー

次の記事:愛の加藤茶は危ないのか?
前の記事:愛のカノッサの屈辱
関連すると思われる記事
Loading


コメント
ぬれ煎餅、よろしくお願いします。
【2006/11/24 11:38】 | MOROQ #WCSj23LI | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/652-95735802
  • @電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。【みらくりっしゅ。】
    「銚子電鉄」を、ご存知だろうか。千葉の鉄道会社らしい。で、ピンチらしい。一見、関西在住の私には何の関係もなさそうだ。鉄道会社にも良いイメージは持っていない、笑。しかし、なんだか面白い。そして、心意気が天晴れだ。千葉では友人の親戚にも世話に....
【2006/11/21 23:30】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。