2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛の「めんバーガー」

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の「めんバーガー」

 2006-11-06(月)

ちょっと古いネタなのですが、朝日新聞Webサイトに「めんバーガー」なる食い物の記事があった。

ライス・バーガーのライスの部分がラーメンの「めん」なバーガー。別にハンバーグを挟んでいるわけではなく、チャーシューとか。

▽パンの代わりにラーメンのめんで具を挟んだ「めんバーガー」が福岡県行橋市で発売された。350円。具はネギチャーシューと鶏のつくねの2種類。
意表をつく組み合わせと不思議な食感で人気を呼んでいる「めんバーガー」

▽ラーメン店の激戦区として知られる東京の環状7号線沿いで豚骨ラーメン専門店を経営する同市出身の定石光治さん(47)が、知人の協力を得て開発した。

▽店で従業員がゆで損なっためんを隠していたのを見つけ、「何かに似ている」。そばにあったタワシを挟んでみて、「手にとって食べられるラーメン」が生まれた

■手にとって食べるラーメン、「めんバーガー」好評
(asahi.comより。2006.11.03 14:08。画像はリンク先にあります)

記事体広告のような気がしないでもないが、この「めんバーガー」なるもの、見た目はお好み焼き(笑)

モダン焼きの変形っぽくみえる。麺をパリパリに揚げたり焼いたりして食べるのは旨いので、まずくはないと思うが、全然新鮮でもないなぁ(笑)

ハンバーグをパンズなどで挟む食べ物を「バーガー」というのか、パンズに何か挟んで食べる物を「バーガー」というのか、これは意見の分かれるところと思われるが、少なくとも、日本では後者と思われる。

そして、挟む具もそうであるが、パンズの代わりに色々な食材を考える食文化だなぁと。

ライス・バーガーってのも、パンズの代わりにご飯を固めたものを使用する「バーガー」である。でも、ヤキソバをパンで挟むのは「やきそばパン」なんだよなぁ。

Wikipediaによると、以下のような定義がハンバーガーのようだ。

ハンバーガー(英語:Hamburger)とは、ひき肉(主に牛肉)を薄い円形に固めて(パティ patty という)焼いたハンバーグを、同じく円形に成形して2つ割にしたパン(バンズ hamburger bun という)にはさみ込んだ料理。サンドイッチの一種である。ちなみにパンの上部を「クラウン」、下部を「ヒール」という。

■Wikipedia(ハンバーガー)より

サンドイッチの一種なのか。余計にわからなくなってきた。由来にしても諸説あるみたいで、発祥地はおらがムラだ!って声もいたるところにあるようなので、まぁ、文化、特に食文化ってのは、こんなもんだよなと。

知らず知らずのうちに広まっていったものを定義づけるのは、ある意味、野暮なことでもあるわけで、自分がハンバーガーはこれだ!ってのがあれば、それを信奉すればよいだけである。

これを「こだわり」というわけ。

特に「味」というのは、突き詰めれば主観の最たるもので、あたなが「美味しい」と思っているものが、必ずしもわたしが「美味しい」と感じるわけではなく、好みという識別感覚がある以上、甘い物が好きな人もいれば辛いものも好きな人はいるわけで、両方好きな人もいたりして、「味」ほど曖昧なものはない。

珍味、吟味、妙味、辛味、甘味、旨味など味にまつわる漢字もたくさんあって、特に中国の味を表現する漢字のレパートリーは想像を絶するものがある。

それだけ、人の嗜好も多いということですな。

さて、この「めんバーガー」ですが、ラーメンはラーメンで食べた方が旨いと書くと、それは野暮と言われそう(笑)

次の記事:愛の本田美奈子.一周忌 TIME TO SAY GOODBYE
前の記事:愛の剣道全日本と栄花選手の突きと二刀流
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/646-d0e5da0c
  • めんバーガー【ブログで情報収集!Blog-Headline/food】
    「めんバーガー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年11月8日収集分= *Whit...
【2006/11/08 21:52】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。