2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]スポーツ > 愛の剣道全日本と栄花選手の突きと二刀流

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の剣道全日本と栄花選手の突きと二刀流

 2006-11-03(金)

★2006.11.08 今年の剣道全日本選手権の動画を追加

久しぶりの幕僚日誌。色々あったり風邪を引いていたりしていたら、もう11月になっていた。

季節は秋で、テレビでは「スポーツの秋」まっさかり。日米野球、世界バレー、フィギュアスケートなど週末はスポーツばかり。そんな中、NHKでひっそりと全日本剣道選手権がオンエアされていた。

警視庁の内村五段が優勝。この人、昨年の準優勝者。決勝の相手は熊本県警の古沢五段。内村五段は九州学院出身で、九州学院は中学・高校ともに熊本市にあるので、決勝戦は熊本人対決。

相変わらず熊本は剣道が強いなぁ。底辺が広いからなぁ。

剣道日本一の座を争う第54回全日本剣道選手権が3日、東京・日本武道館で開かれ、昨年準優勝の26歳、内村良一五段(警視庁)が、決勝で古沢庸臣五段(熊本県警)を破り、2度目の出場で初優勝を飾った。昨年の覇者で、史上2人目の連覇を狙った原田悟六段(警視庁)は3回戦で高鍋進五段(神奈川県警)に敗れた。

■全日本剣道:内村五段が初優勝 2度目の出場で頂点
(MSN毎日新聞ニュースより。2006.11.03 19:16。全文はリンク先参照)

二度の連覇を含む六度の全日本優勝をした宮崎正裕選手の初優勝は27歳。剣道の全日本優勝を二十代で成し遂げるというのは、とても希なことなので、この内村選手も一時代を築く選手になるのだろうか。

その伝説の剣士宮崎正裕選手を破って日本一になったのが栄花選手で、世界選手権での死闘はNHKの人間ドキュメント『ただ一撃にかける』として放送された。過去記事に書いた気がするなぁ。

YouTubeに動画があって、やはり、決勝戦最後の代表戦(相手は韓国で日本人負け無しの選手)は感動する。

突きで勝つんだよね。突きってところが劇的で伝説になった所以と思われる。

YouTube動画をプレイリスト化したので、最初の動画を再生すれば最後まで観れます。全部で6本ですが、プレイリスト化することで連続再生します。

凄いですね。ドラマですよ。決勝のあの静寂感と緊張感。たまらんですね。超凄い人達ですから。インターハイ優勝やインカレ優勝しても、このレベルの人たちからはボコボコにされますもんね。

あと二刀流の試合動画もありました。上の世界選手権と比べるとレベルは落ちますが、国際大会みたいですね。二刀流の選手は日本人みたいですが、アメリカ所属みたいです。垂れにUSAとあります。

なんか、二刀流が圧倒的なんですけど(笑)

ばんばん面とってます。相手が弱いのかなぁ。二刀流には突き技で対抗するのがセオリーらしいけど、そこんとこどうなのよ?衛生兵0号。

二刀流も、こうやって勝つ試合をみると、格好いいですナ。

そういえば、栄花選手は熊本で開催された丸目蔵人杯に連覇しましたよ。この丸目蔵人杯って七段選抜大会で、有名な人ばかり出ていたような。確か、今年の決勝戦って栄花選手と宮崎選手でしたよ。凄い組み合わせだ。そして栄花選手が連覇。偉いなぁ。

丸目蔵人という剣士は、上泉伊勢守に挑んだけど負けて弟子になったはず。上泉伊勢守の高弟ですよね。宮本武蔵以前に二刀流を使ったとか。

歴史小説家「海音寺潮五郎」の小説に丸目蔵人を主人公にした作品『おどんな日本一』というのがあります。九州というか熊本の方言で「自分」のことを「おどん」と言うので「俺が日本一」という意味ですね。なかなか面白い作品でした。

丸目蔵人が興した流派は「タイ捨流」ですね。「体捨」とは、体を捨てて無我夢中でやるという意味だとか。超実戦的な名前(笑)

ちなみに薩摩藩のお家流である薩摩示現流は、この「タイ捨流」に最も影響を受けた流派なのです。だから超実戦剣法なわけ。

★2006.11.08 今年の第54回全日本剣道選手権大会決勝戦の動画を追加しました。内村選手の完璧なメンですね。古沢選手は、試合後のインタビューで「胴と思っていたらメンだった」と語っていましたけど、こうやって動画を見ると、胴を防御してますね。内村選手の方が凄かったってことで。

■関連記事
2006.03.29 愛の選抜高校剣道男女優勝と熊日のダメっぷり


■関連情報
栄花直輝(Wikipediaより)
海音寺潮五郎(Wikipediaより)
丸目蔵人(丸目長恵)(Wikipediaより)

次の記事:愛の「めんバーガー」
前の記事:愛のタブーなニュース
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/645-135466a3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。