2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]ニュース > 愛のばってん荒川死す

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のばってん荒川死す

 2006-10-22(日)

訃報。九州限定ローカル芸人の「ばってん荒川」が死去。享年69。これは九州人からみれば大ニュース的な訃報なんですよ。

ばってん荒川氏(ばってん・あらかわ、本名・米嵜一馬=よねざき・かずま=コメディアン)22日、ぼうこうがんで死去。69歳。
 告別式は24日正午、熊本市琴平2の1の40玉泉院南熊本本館。喪主は妻、美都江(みつえ)さん。
 熊本市出身。19歳のときに、大きなほくろと赤いほっぺに「~してハイヨ(下さい)」という熊本弁丸出しの「お米(よね)ばあさん」のキャラクターを生みだし、九州地方を中心に人気を博した。映画「トラック野郎」「静かなるドン」にも出演した。

■熊本の「お米ばあさん」…ばってん荒川さん死去
(読売新聞より。2006.10.22 20:02)

地方芸人の草分け的存在で間違いないでしょうね。東京進出後も拠点は九州(熊本)だったわけで、ビートたけしも浅草時代に世話になっていたとか。

ローカル局の熊本県民テレビ公式サイトトップにある動画ニュースで在りし日の姿が見れます。映画『トラック野郎』や『劇場版トリック2』の小ネタポスターにも出演していたので、見たことある!と思う人もいるかも。

■熊本県民テレビの訃報ニュース動画

『およねの農事メモ』で「およねの農事メモ、始まるばい」というナレーションを聞いて「いってきまーす!」と通勤や通学した人は、たくさんいるはず。そういう私もそうだった・・・


生前のばってん荒川は、もう普通に何度も見た。ローカル芸人だけに。もう10年以上も前の忘年会の日に、酔っぱらってゲロ全開な後輩を介抱しつつ、もう一人の後輩が酔っぱらいオヤジ三人と喧嘩を始めようとした慌ただしい飲み会がありまして、その時に、颯爽とポケットに手を突っ込んで歩いている「ばってん荒川」を見ました。

「あ、ばってん荒川」と誰かがいって、その場の全員がばってん荒川に注目。「やっぱ、女装しとらんと顔のふとかね」などいいつつ、場が和んだ記憶があります。別に初めて見たわけではないのですが、そういう雰囲気を持った芸人さんでした。

熊本弁丸出しのトークで一世を風靡しましたが、祖母はいつも「な~ん、負けん」とわけのわからないことをいつも言ってましたね。熊本弁のトークについてと思います。もっと古い言葉を使っておかしく喋ることができると言いたかったと思います。何事に対しても負けず嫌いな祖母らしい言葉(笑)

九州人以外だと、ピンと来ないニュースかもしれませんが、児玉清のモノマネで全国区になった博多華丸のネタ的には、児玉清よりもばってん荒川が有名なんですよ。

全国放送でばってん荒川のモノマネしてもわからないだろうということで、児玉清をメインにやってますが、ばってん荒川のモノマネの方が秀逸。

ばってん荒川の動画を探しましたが見つけられませんでした。その代わり、熊本のローカルCM動画があって、熊本弁で喋っている動画があったので、それを貼り付けておきます。墓石のCMです(笑)誰でも知っているCMなんですよね。姪っ子高一も知ってました。

ちなみに、芸人では「コロッケ」や「井手らっきょ」が同郷でいて、女性だと「森高千里」や「水前寺清子」が有名ですが、女優だと「宮崎美子」。彼女が熊本大学法文学部在学中に一斉を風靡したCM動画もあったので貼り付けておきます。なつかしいですね。

明日のテレビタミンは、ばってん荒川を偲ぶ企画があるみたいです。あのコミカルで人情味溢れる芸が観れないのは、とても残念です。

合掌。

■関連情報
・ばってん荒川公式サイト
・ばってん荒川について(Wikipedia)

芸能生活45周年記念全曲集
ばってん荒川
ばってん荒川 芸能生活45周年記念全曲集

次の記事:愛のタブーなニュース
前の記事:愛のネットオークション イーベイの珍出品
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/643-e80b13f2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。