2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のIE6が突然終了する問題 その3

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のIE6が突然終了する問題 その3

 2006-08-23(水)

WindowsアップデートをするとOSがWindows2000 SP4とXP SP1の場合、Internet Explorer(IEやIEコンポーネントを利用しているタブブラウザ含む)が異常終了(落ちる)する問題について、過去2回記事にしてきましたが、今回は、その3回目。

前回の記事で、この問題を回避するパッチがあって、これはマイクロソフト・サポートに個別に電話して貰うものとして紹介しましたが、事が大きくなったので、マイクロソフトはWindowsアップデートでリリースする予定だった。それが、本日8月23日。

ところがところが、このパッチのパッチにバグがあったということで、リリースは無期延期になっちゃった(笑)

米Microsoftが、MS06-042のパッチを適用するとInternet Explorer(IE)6.0 Service Pack(SP)1で不具合が起きる問題について、このバグを修正したパッチのリリースを延期することを明らかにした。

■IEパッチの修正版、リリースが延期
(IT Mediaエンタープライズより。2006.08.23 08:56。全文はリンク先参照)

リンク先記事に8月22日とあるのは米国時間。日本時間だと8月23日になります。

さらに、このバグは新たなセキュリティの脆弱性を生み出すとも警告されていて、もう、マイクロソフトはボロボロ(笑)

Microsoftは8月22日、MS06-042のパッチを適用するとInternet Explorer(IE)6.0 Service Pack(SP)1で不具合が起きる問題を修正したパッチの再リリースを延期した。MS06-042の適用によってかえって、悪用につながる新たな脆弱性が生じることが明らかになったためだ。

■パッチ適用が新たな脆弱性を生み出す、MS06-042に警告
(IT Mediaエンタープライズより。2006.08.23 12:30。全文はリンク先参照)

さらに、この続きとなるニュース記事については、以下の記事を参照されるとよい。

■IEパッチの脆弱性めぐるMSとeEyeの食い違い
(IT Mediaエンタープライズより。2006.08.23 14:29)

ともあれ、パッチのパッチはお預けになったわけで、マイクロソフト・サポートの個別対応ホットフィックス(hotfix)版のパッチを貰わなかった人は、このリリースを待っていたはずなので、怒り心頭なはずである(笑)

この問題が発生したときには2つのエラーが発生していた。1つはIEが落ちる。もうひとつは、マシンをシャットダウン時に「sw」というアプリかなんかが終了できないという問題。

この2つは別問題なので、対策は別になる。

IEが落ちるエラーは、ホットフィックスのパッチを当てるか、手動でエクスプローラの設定でHTTP 1.1を無効にする。私はホットフィックス版パッチを当てているが、それでもIEが落ちる(笑)頻度は少なくなったけど。

「sw」の問題は、アクロバットが悪さをしているようで、アクロバットの方が対応するんだろうけど、そういう情報は聞かないなぁ。もう対応してくれたのだろうか?

アドビですね。アクロバットの設定で、ブラウザで表示しないとすると回避できる。ついでに私は、スタートアップにあるアクロバットも削除している。これでシャットダウン時の「sw」問題は発生しなくなった。

「スタート」に「Adobe Reader 7.0」というメニューがあるはず。これはアドビ・アクロバットのバージョン7.0.8のはず。このバージョンが悪さしているから。

アクロバットの環境設定アクロバットを起動してメニューの「編集」にある「環境設定」をクリックする。

 

 

 

アクロバットのWebブラウザオプション「環境設定」のウインドウが開くので「分類」から「インターネット」を選択する。そこに「Webブラウザオプション」として「PDFをブラウザに表示」という項目があるのでチェックを外す。このオプションは全部チェックを外しても問題ない。

 

これで「sw」問題は回避できるはずである。スタートメニューにアドビのショートカットがあるなら、それも削除して構わない。

パッチのパッチがリリースされるのは未定ですが、Windows2000やXP SP1を使っているユーザはXP SP2にしろと、ビスタにしろということですね(笑)

それでもIEが落ちまくる人は、もうIEは使わない(笑)

OperaやFireFoxを使うのが一番いい。このバグとは関係がないから。それに、マイクロソフトもFireFox開発に協力を申し出ているし(笑)

なんだよ、それ!ってニュースですよ。

■Firefoxの開発に協力を申し出るマイクロソフト
(CNET Japanより。2006/08/23 14:58 )

Windowsトラブル対策大全2006―2000/XP/2003の必須テクニックを完全解説
日経Windowsプロ

Windowsトラブル対策大全2006―2000/XP/2003の必須テクニックを完全解説
Windowsネットワーク・トラブル対策大全―NT/2000/XP/2003対応 サーバー管理者のためのイベントログ運用の基本 アンドキュメンテッドMicrosoftネットワーク―誰も知らなかった「ネットワークコンピュータ」の秘密 WindowsサーバーHacks―管理者必携のテクニック&WSHスクリプト100選 Windows Server2003完全技術解説
by G-Tools

■関連記事
2006.08.14 愛のIE6が突然終了する問題 その2
2006.08.12 愛のふざけるなマイクロソフト!IE6が突然終了する問題

次の記事:愛のEbiTV!はサービス開始直後に死亡
前の記事:愛のGoogle Gmailが登録制に移行
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/604-6664b703
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。