2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]スポーツ > 愛の高校野球は面白い

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の高校野球は面白い

 2006-08-08(火)

今日の高校野球は全試合面白かったけれど、最後の八重山商工(沖縄)対千葉経大付(千葉)の終盤は、本当に面白かった。だから、夏の高校野球は、見るのやめられないんだよな。

後攻の千葉経大付は2点リードで9回表を押さえれば勝利の場面。投手は1年生ピッチャーだったけど、結局同点に追いつかれた。2アウト2ストライクで、あと1球ストライクで終わりだったのに・・・

ヒット打たれた瞬間は、おおおおおおお!と絶叫した(笑)

九州ブロックの沖縄を応援していたけれど、まさか同点に追いつくなんて思わなかったからなぁ。ボクシング世界戦よりドラマ性があり面白かった(笑)

結局、9回同点に追いついた勢いのまま10回に3点もぎ取った沖縄八重山商工が勝ったけれど、粘りは凄かったなぁ。4点差を6回と7回で同点に追いついて、8回裏に逆転されて、もう9回表しか残って無くて、善戦したのでいい記念になったなぁと思っていたら、2点差を追いついた!1点差のまま終わるかなと思っていたんだけど。

勝負ってのは、あきらめたらダメなわけで、その典型的な場面だった。

高校野球なのでエラーがつきもの。もうハラハラしてながら見てる。これが、案外クセになるんだよなぁ。点差があっても、ヒットを打たれなくても、エラーで同点とか逆転とかあるから(笑)

八重山商工が8回に逆転されたのもピッチャーの悪送球が原因だったし、何が起こるか分からない度が抜群に高い(それもエラーがらみで)高校野球のおもしろさでもある。

やっている選手たちは一生懸命で、見る側も一生懸命というのがわかっているから、そういう場面は、さらに劇的に映る。

中にはつまらない試合もあるけれど、全国の代表が50校くらい出場していて、トーナメントで争うから膨大な試合数。その中に、今日のような面白い試合もあって、記憶に残る。

敗れた千葉経大付は、途中からヒール状態だったけど、1年生投手は男を上げたよ。敗れた者なんだけど、悲劇のヒーロー状態。あれは仕方がない。責められるのは監督なんだけど、1年生投手はトラウマになるかな。

監督が責められると書いたが、千葉経大付の、あの深い外野の守りはないだろう!って思った。そりゃヒットも出るって(笑)

信じられないくらい深く守っていたナ。疑心暗鬼がそうさせるのか!とも思ったけれど。

いずれにしても、このような面白い試合ってのは、そうそうあるもんじゃないので、午後8時過ぎまであってナイターだったけれど、とりあえず今年の高校野球のベストバウトだった。

泣くな千葉経大付の1年生投手。そして、勝って兜の緒を締めよ、八重山商工。

■八重山商工「勝利を拾った」/夏の甲子園
■八重山商工、驚異の粘り勝ち/夏の甲子園
(以上、nikkansports.com甲子園特集より)

次の記事:愛のナイターのない夜 スンちゃん激高!
前の記事:愛の台風7号とガッツ石松
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/588-e8e8a977
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。