2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]スポーツ > 愛のガンバレ西文太 文ちゃんの夏が終わる

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のガンバレ西文太 文ちゃんの夏が終わる

 2006-08-01(火)

「ガンバレ西文太」と題して文徳高校一年生投手の西文太選手について書いてきたけれど、パソコンが壊れている間に県大会準決勝が行われ、文ちゃんの文徳高校は昨年県大会決勝で敗れた熊工に7回コールド負けを喫した。

■文徳高校県大会の軌跡

先発は同じ一年生投手の植野投手。文徳高校秘密兵器のひとりだったけど、いかんせん一年生。相手は百戦錬磨の熊工で準決勝まですべてコールド勝ちな手堅いチーム。あれよあれよと点を奪われてしまった。

そして、我らが文ちゃんがリリーフとして登場。もう文ちゃんの勇姿は観られないかと思っていたけれど、一年生投手を一年生投手がリリーフするという、ある意味、涙が出てくるようなシチュエーションでの登場だった。

そして、文ちゃんは涙で高校生最初の夏を終えることになる。

7回裏熊工の攻撃は7対1の場面。あと1点でコールドゲーム成立。ピッチャー西文太。ランナーを背負っていて、痛恨のヒットをあびてサヨナラコールド。

文ちゃん号泣。

ラジオで聞いていたけれど、家に戻って姪っ子に聞くと、その文ちゃん号泣のシーンで、うちのオフクロも号泣。文ちゃんより泣いていたらしい。

来年も夏はある。再来年も夏はある。ガンバレ!西文太!

ちなみに、相手の熊工は決勝でも15対5の大差で勝って甲子園出場を決めた。熊工の選手には親子で甲子園って選手がいるんだよね。ふじやの孫だっけ?おやじさんが甲子園に出場した時は、貸し切りバスで応援したそうだ。あ、オフクロの実家の近くなのよね。

ふじやの「肉メシ」は超うまい。たしかおやじの方はたけし軍団とも対戦したことあるような・・・

閑話休題。

文ちゃんは肩を痛めていたらしい。と、文ちゃんママが言っていた。それと文ちゃんママの名言に「うちんとは、変化球がなげれんとたい」というのがある(笑)

文ちゃんママはおもしろい。

次の記事:愛のエースと四番のガチンコ勝負 巨人阪神戦
前の記事:愛の蘇えるパソコン
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/581-186dcdb7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。