2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]ニュース > 愛の『その時歴史が動いた』と英国旗

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の『その時歴史が動いた』と英国旗

 2006-07-07(金)

NHKがやらかした。

NHK大阪放送局は、6月21日に放送した歴史番組「その時歴史が動いた」の中で、英国国旗を上下逆にして収録した映像を放送していたとし、謝罪した。

■NHK、英国国旗逆さまで放送
(nikkansports.comより。2006.07.06 21:24・全文はリンク先参照)

この『その時歴史が動いた』は、「第255回 幻の大艦隊  ~イギリスから見た薩英戦争~」の回。

英国旗(ユニオン・ジャック)英国旗は、ユニオン・フラッグともユニオン・ジャックとも言うけれど、英海軍の呼称であるユニオン・ジャックがしっくりくるナ。

他国の国旗を別の国旗と間違えたわけではなく、向きというかわかりにくいとこを間違って放送したわけだけど、この問題は、その間違いではなくて、間違いを指摘されても無視し、修正も訂正もせずに放送したことに尽きる。

日刊スポーツとサンスポに掲載されたNHKの釈明箇所を引用する。

予告VTRを見た視聴者から放送4日前に指摘を受けたが、旗がアップになる部分が少なく、収録し直すことも時間的に難しかったため、そのまま放送したという。
nikkansports.com

ディレクターは「作り替えるのに時間がかかるし、指摘されるほど変わらないのではないかと思った」と釈明したという。
SANSPO.COM

素晴らしい釈明である。この回は幕末ネタだったのでビデオに録っていた。さっそく見直してみた。でも、わからないんですよね。どこが間違っているのか(笑)

これを指摘した人は凄いなぁ。国旗オタか英国オタか在日英国人としか思えない。見直しても、正しい英国旗のシーンしか見つけられませんでした(笑)

ということで軽く検証してみた。


英国旗のどこをどう間違ったのか?というのは、引用先のサンスポの記事に番組内謝罪の画像があるので、それを見ると、どうも斜めの赤線の位置を間違えたらしいということがわかる。

ここでも、その画像を引用する。

英国旗の正誤比較画像

パッと見ただけじゃ、日本人である私は間違いに気が付きません。『その時歴史が動いた』を見ていた視聴者の多くもそうだったと思います。

この正誤比較を見ても、よくよく見てみないとわかりませんもん(笑)

ああ、斜めの赤線の位置が逆だなぁと。裏返し状態なのかなと。

それにしても予告編だけで、よく見つけたなと指摘した人の観察力に脱帽(笑)

英国(イギリス)の正式国名が「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」であることからも英国旗(ユニオン・フラッグ、ユニオン・ジャック)は、3つの国の旗が合わさったものというのは社会人なら常識と思います。

イングランドとスコットランドとアイルランドの旗を重ねたものが英国旗になっています。わかりやすいWikipediaの説明を引用します。

イングランドの国旗(白地に赤い十字)、イングランドのスコットランド併合の際にスコットランドの国旗(青地に白い斜め十字のセント・アンドリュー・クロス)、アイルランド併合の際にアイルランドの国旗(白地に赤い斜め十字)を組み合わせて作られた。スコットランドとアイルランド(現在は北アイルランド)の扱いを平等にするため、斜線をずらしてある。
イギリスの国旗-Wikipedia

ちなみに現在開催中のFIFAワールドカップには、イギリスではなく構成国家であるイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドがそれぞれ別枠で参加していますが、これはイギリスが近代サッカー発祥の地だからという特典です。

ベッカムがいるイングランドの国旗は白地に赤い十字マークで、見慣れていると思います。前回はアイルランドも出場していたのでアイルランドの国旗もよく見ました。

デ。問題の『その時歴史が動いた』です。

ビデオを見直しても正誤比較画像にあるような誤った英国旗の該当シーンを見つけられませんでした。いったいどの映像なんでしょうか。引用先のニュースによると英国旗が映るシーンは26回あり、その半分の13回は間違った英国旗ということだったのですが。

タイトルバックに英国旗は映るのですが、実際の旗の映像なので正しい向きだし、CGの英国旗のシーンもありましたが、これも正しいんですよね(笑)

早送りで確認したということもあるのですが、よくわかりません(笑)

「その時歴史が動いた」オープニングの英国旗「その時歴史が動いた」英国旗アップ

 

 

 

 

「その時歴史が動いた」英国旗CG1「その時歴史が動いた」英国旗CG2

 

 

 

 

「その時歴史が動いた」英国旗小

 

 

 

 

いったいどこなんだ!

それにしても、判りにくいので、ミスはミスとして訂正なりすればいいと思うのですが、作り替えるのが面倒だからって無視は、さすが天下のNHKだなぁと。

凄い論理です。英国旗のミスは、仕方ないかなと思うんですよね。だって、正誤確認画像でもわかりずらいですもん(笑)

でもシカトして雑誌の取材で公表って、バカにするのも程があるってもんで、受信料不払いもやむなしだよなって思っちゃいます。うちはちゃんと払っていますけど。

番組の検証するつもりが、該当箇所を見つけれなかったので消化不良なものになっちゃいましたが、結論はNHKのずさんな対応と間違いを指摘した人の観察力というか執念ですね(笑)

予告編で一回指摘して、本放送後も指摘。凄い執念だ。

それはそうと、国旗で思い出すのは4年前のワールドカップですね。2002FIFAワールドカップ・日韓大会。

開会式は韓国で閉会式は日本でしたけど、この開会式で韓国はとてつもないことをやらかしましたよね。久々に思い出しました。

開催国である日本と韓国の大きな国旗をピッチ上に展開するのですが、その日の丸が不自然な形。日の丸の赤い丸のことを日章といいますが、これが異様にデカイ日の丸を準備して日本をバカにしましたね、韓国。

2002日韓W杯開会式での韓国にバカにされた日の丸

 

 

 

 

 

 

 

まぁ韓国は発展途上国なので、国旗の扱いに不慣れだったんでしょう。画像を添付しましたが、もう笑っちゃうでしょ。

これは、韓国では使用済み生理用品を意味する形です。

天網恢々疎にして漏らさずと言います。因果応報でスイスにとどめ刺されちゃいましたけどね、今大会。

 

日本の国旗及び国家に関する法律は7年前に出来ましたね。小渕総理の頃です。「国旗及び国歌に関する法律」といいます。

それには、日の丸の制式として、形状に関する規定がされています。7年前です。やはり発展途上国だったんでしょうね。この法律を見れば、上に添付したような日章旗(日の丸)にはなりません。あ、韓国のことですよ(笑)

ちなみに、こんな規定です。

国旗及び国歌に関する法律(抜粋)

(国旗)
第一条 国旗は、日章旗とする。
2 日章旗の制式は、別記第一のとおりとする。

別記第一(第一条関係)
日章旗の制式

一 寸法の割合及び日章の位置
    縦   横の三分の二
    日章
     直径 縦の五分の三
     中心 旗の中心
二 彩色
    地   白色
    日章  紅色

よく考えると、このNHKの問題は、国旗というものを軽く考える日本の風潮が根本なのではないかと思う今日この頃。

祝祭日には日の丸上げなきゃダメですね、やはり。

■関連情報
NHK、英国国旗逆さまで放送
それじゃ“スリギイ”です!NHKが英国旗の斜めライン逆に
幻の大艦隊  ~イギリスから見た薩英戦争~
イギリスの国旗
イングランドの国旗
FIFAワールドカップ
国旗及び国歌に関する法律

次の記事:愛のニューヨークでテロ?ガス爆発?
前の記事:愛の渡る世間は鬼ばかり
関連すると思われる記事
Loading


コメント
こんばんは、riseです。

自分も幕末モノではこの番組をよく見ます。

歴史は解釈がいろいろあっておもしろいですね。

世界史についてはさっぱりなんで、ユニオン・ジャックが逆さまかどうかもわかりませんが・・日本系の織徳時代あたりからはそこそこマニア?です。

話は変わりますがうちの昨日の記事にもあの広告が配信されました!すごく再生してみたいです。
【2006/07/08 22:15】 | rise #- | [edit]
この番組はネタとして観る分には演出してあって面白いのですが、中高生とかが正確な歴史ものとして観ちゃうと困るかもですね(笑)

でも歴史物への入り口としては、いいかもです。それで興味を持って本を読んだりして知識を増やしていきますから。思い起こせば、小学生の頃は本気で「忍者になる本」とかを読んでいましたよ(笑)

戦国時代とか幕末とかの乱世は、もう無茶苦茶面白いからですね、日本の歴史って。

動画広告って、どの時点でアレなんですかね?一番最初に再生してるんですよね(笑)間違ってというか、よくわからなくて。
【2006/07/10 23:44】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]
確かに歴史にかなり脚色してる部分がありますよね~

ある意味子供向けなのかもしれませんが、本で読んだ事柄が再現風に出てくると事実かどうかが別としてワクワクします。

ビデオ広告では表示回数1000回ごとに報酬を受け取るものと、動画を再生してそのスポンサーサイトへ飛んだときに発生する報酬の2種類があるようです。

ものによっては最後まで再生しなくてもリンク先へ飛べるのかどうかですね。

ただ単に再生するだけでは報酬は発生しないのかもしれません。

1000回表示するのも大変ですよね。(^^;)
【2006/07/11 00:24】 | rise #- | [edit]
1000回!
そりゃ無理っしょ(笑)

ナイキのワールドカップ関連のやつは、すんなり馴染んでいたし、サッカー動画と連動してるといえば連動しているので見る人も多かったでしょうけど(笑)

1000回は無理か微妙ですよ。いっつも出てくるわけじゃないですもんね。でも、インパクトありますね。

viralchartってご存じですか?動画にトラッキングコードが埋め込んである広告動画です。ドットコムを付けてアドレスバーに貼り付ければ行けます。日本語表示もします。こいつは、なかなかやるなぁと(笑)動画に埋め込んで表示回数やダウンロード回数をカウントして広告の評価をしているらしいです。埋め込まれていると思われる動画を表示させたのですが、フリーのファイアウォールは反応しませんでした。movファイルが多いです。埋め込まれていなかったかもしれません。ちとウォッチしようかと思っています。ある意味、ややこしいというか私みたいな性格だと「裏で何やってんだよ!」と(笑)
【2006/07/11 01:55】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]
遅れてのコメントですが、英国の国旗、”ユニオンジャック”は逆さにすると、「SOS」の意味になるらしいです。

昔、英国船が敵に襲われた際にこっそり船の国旗を逆さまに揚げて、見方に知らせたそうです。(勿論他国の人は逆さということを知らない)

なので、このNHKの問題は英国人なら分かるのではないでしょうか??
日本人がワールドカップの日本の国旗に気づいたように。
【2007/10/27 05:27】 | いやいや #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/568-1997abcf
  • 【国旗さかさま事件】イギリスじゃなくて某国だったら…【加賀もんのブログ】
    NHKの番組「その時歴史が動いた」で、英国国旗(ユニオンジャック)を上下逆さまにして放映してしまうという不祥事があった。 国旗を逆さまにするということは、その国への敵意を示すような意図がある場合が多く、 NHKにそうした「敵意」があったとは思わないが、大失
【2006/07/08 10:20】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。