2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]Google(グーグル) > 愛のGoogleが新広告サービスのテスト中

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のGoogleが新広告サービスのテスト中

 2006-06-23(金)

Google(グーグル)と言えば大手検索エンジンサービスであるけれど、インターネット広告の大手でもある。グーグル・アドセンスと言えば、最近は大手Webサイトだけでなく個人ブログでも見かけ、もちろん幕僚日誌にもあったりするほどメジャーな広告サービスである。

そして、グーグル・アドセンス(Google Adsense)といえば、CPC型広告サービスの代名詞でもある。CPCとはCost-Per-Clickの略で日本語だと「クリック保証型広告」となり、広告がクリックされると報酬が支払われるサービスのことである。

広告主から見るとクリックされると広告費を支払い、広告を掲載しているサイトなりブログから見るとクリックされると広告費が報酬として支払われるという意味。

このグーグル広告の代名詞とも言うべきCPCが変わる可能性が出てきた。併用するのか切り替えるのか詳しくはわからないが、少なくともCPCだけのサービスではなく新しい広告サービスを提供する準備はあるようだ。

CPAのことである。

Cost-Per-Actionの略で、日本語だと「成果型広告」になる。広告が購入に結びついた時のみ費用を支払うタイプの広告で、amazonなどの普通のアフィリエイト広告と変わらないと思ってよろしいかと。

これは、これでアフィリエイターにとっては大事件ではなかろうか。特にグーグル・アドセンサー達にとっては。


CNET Japanの記事としてある。一部引用する。

Googleは米国時間6月22日、新たなオンライン広告システムをテストしていることを認めた。同システムでは、広告主は広告が購入に結びついた場合のみ、費用を払えばよいという。
Googleの広報担当官Brandon McCormick氏は、この新たな「1購入あたりの広告費支払い(Cost-Per-Action)」システムは、現在提供している「1クリックあたりの広告費支払い(cost-per-click)」とは別に、広告オークションで競り落とされることになると述べている。これらの広告は、ウェブサイトへの広告出稿を行うGoogleのAdSense部門を経由して提供されている。

(中略)

購入に結びついた場合に広告費を支払うという仕組みが採用されているため、新たな広告はcost-per-clickタイプのものより高値で競り落とされると考えられている。後者では、最終的に販売につながらなくても、広告主は広告がクリックされるたびに料金を支払うことになっている。新しいシステムが採用されれば、購入の意志を持たず、広告費の獲得だけを目的として広告をクリックする、詐欺的な行為も抑制できる。

(後略)

■グーグル、Cost-Per-Action型の新たな広告システムを検証
(CNET Japanより。2006/06/23 11:01。全文はリンク先参照 )

リンク先記事は長いのでポイントだけ引用したが、全文をご一読された方がよろしい。元ネタであるDavid Jackson氏のページもリンクしておく。英文であるが、グーグル・アドセンス・チーム(Google Adsense Team)からのメールや詳細が書かれている。これが、結構面白い。CNET Japanの記事と同じようなことだが、オリジナルなネタ元なので翻訳漏れやニュアンスの違いをご自身で確認した方がいいでしょう。

とは書いても、適当アフィリエーターの中でネタ元記事を理解できる人はいるのだろうかと。機械翻訳するのかな(笑)

引用記事のポイントは、ここです。

購入の意志を持たず、広告費の獲得だけを目的として広告をクリックする、詐欺的な行為も抑制できる。

グーグル的には、この詐欺的行為抑制も新広告サービス準備の大義名分なったと考える。実際切実な問題だったであろう。海外サイトを見ると、日本よりもっと凄い詐欺的貼り付け方をしてる。英語圏だけじゃない。知らない人だと一発だなぁと、正直感動するようなやり方をしているサイトが多い。

そして、そのような世界的規模の詐欺的行為をみた場合、その費用は莫大なものになり、グーグル自体は痛まないけれど、広告主からの信用という面ではマイナス以外の何ものでもないわけで、インターネット広告の雄を自他共に認めるグーグルとしては、何らかの手を打たなければいけなかったのだろうということは容易に推察できる。

また、引用記事にはYahooも同様の広告サービスの準備をしているともあり、他者競合で優位性を保つためにも新広告サービスは早期に着手する必要があったと考えられる。

現在テスト中であり、かつ本家米国Googleでの話でもあるが、いずれ日本Googleも追随するわけで、テストだけで完了するとは考えられず、このCPA型広告がGoogleのメイン広告サービスとして登場してくるのは予想できる。

ので、気になる人、特にアドセンス・アフィリエーターはウォッチしておかなくていけないでしょうナ。

CNET Japanの記事だけでなく、海外の記事をウォッチですぞ。日本の記事は海外記事の焼き直しなので情報は遅い。それでも1日くらいだけど。こういうことは、早く手を打つのが肝心なので海外記事をウォッチしてご自身の戦略に資するものとした方がよい。そして戦術を変えるのだ。

ということを行う本物のアドセンサーは一握りなんだろうな(笑)

実際は、後手後手で新広告サービスが開始されて、さてどうしたものかと。CPC型広告はなくならないと思うし(少なくとも当分は)、慌てる必要もないのだけれど、CPCとCPAではノウハウが違ったので、CPAを得意としている人には朗報かもしれない。CPCしかノウハウがないひとは、ある意味死活問題か。

いずれにしても、具体的にどのようなサービスになるのか注目しておこう。グーグルの世界制覇は着実に進んでいるナ。

Yahooや他社の動きも気になるところ。

■Google Launches ValueClick Killer
(David Jackson氏の記事。CNET Japan記事の元ネタ。英語サイト。一問一答で新広告サービスについて書いてあるので面白い)

次の記事:愛のW杯日本予選敗退とコインランドリー
前の記事:愛の新聞の嘘
関連すると思われる記事
Loading


コメント
そもそも、クリックしただけでお金が入るってのがわからんのよね。
とりあえず入ってもらうことが重要ってのは
もちろん理解できるんだけど、
でもそれってリアルでの話であって
なんぼでも冷やかし可能なネットで
果たしてその理屈は通用すんのかなと。
せんだろと。

やめて正解。大正解。ピンポンピンポン。

【2006/06/24 03:07】 | 毒電波管理人 #- | [edit]
このブログに付けているやつは、付けていても外しても変わらないというのは内緒です(笑)

つまり、そういうことで、本気でやっている人達は凄いなと(笑)
【2006/06/25 23:59】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/553-9b7486cf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。