2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛の幕僚日誌

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の幕僚日誌

 2005-03-09(水)
このブログ形式の幕僚日誌はパートⅢである。
以前のバージョン(CGIタイプ)はパートⅡだった。
初代は、直接HTMLに書いていた。

2000年9月から書いている。
もちろん、書いていない時期もあるし、書いていても数日おきとか数ヶ月おきとかあるけれど、2000年9月から書いている。

読み返すと、おもしろいね。
自画自賛!
司令部時代の話とか、全然関係ない話とか・・・

個人的には、おしっこの話が名文と思っている。
でも、けっこう重複した話書いているんだよね・・・

まだ初代、パートⅡともに、web上に公開している。

今日は東京大空襲の日。続きに。

2005.03.10追記
東京大空襲って0309でなく、0310だったみたい・・・

なので、新聞やテレビはこの話題が、少なからずあった。
NHK特集もそうだったな。

海老名香葉子さん。故林家三平夫人にして、林家こぶ平の母。
この人、親兄弟6人を東京大空襲で亡くしている。

今の肩書きエッセイストなんだ・・・
ふ~ん。

米軍の新型焼夷弾(日本空襲用)で東京は火の海になったわけだけど、小さい頃に祖母に焼夷弾の、つうか空襲の話はよく聞いた。
ここは東京ではないので東京大空襲ではないけれど。
東京大空襲後に米軍が展開した無差別都市爆撃のひとつ。

高い空からヒューヒューと音を出しながら落ちてくる。
だから、すぐわかる。
空を見ると、火を噴きながら無数の焼夷弾が落ちている。
すぐに防空壕に避難したそうだ。

このヒューヒューって音がどんな音か当時わからなかったのだが、後年、記録映画やドキュメンタリーで当時の映像を見てわかった。

ヒューヒューって音してる。

アメちゃんのガソリンはよく燃えたそうだ。
祖母や父の世代は、何度も書くが、ガソリンがゼリー状に固まっていて、たっぷり詰まった爆弾が無数に空から降ってきていた時代。

いまの時代、なんとぬるいことか。
空から爆弾降ってくる。
木造建築の上にですぞ。

祖母、父の世代は偉かった。


海老名香葉子さん、一時期、下町の落語家のおかみさんとして、伝統的な日本のおかあさんの代表みたいな扱いだったけど、こぶ平が、箸一つまともに扱えないってことがわかって、なんかTVで見なくなったような気がするんだけど、気のせい?

噺家なら、箸くらいちゃんと扱えよな、こぶ平。
九代目林家正蔵襲名するんだっけ?

次の記事:愛の衛生兵0号のきりたんぽ
前の記事:愛の男の小道具 その1
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/54-db26afe0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。