2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]アウトドア系 > 愛の男の小道具 その1

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の男の小道具 その1

 2005-03-08(火)
3月4日の日誌に「愛のウェンガーナイフ」と題して、愛用の時計とツールナイフのことを書いたけど、その他の小道具について、ちと書いてみる。
 
だいたい、その日誌は愛情込めて、もう溢れんばかりの愛をたくさんたくさん気合いを入れて書いたのだが、ブラウザが死亡して跡形もなく消えてしまったのよ。
 
もう二度と書けないね。
下書きとかするわけではないので。
 
まず、ヴィクトリノックスのクラシックを付けているキーホルダー。
これ、KEY-BAKを使っている。
 
KEY-BAKと仲間達

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1949年から半世紀以上もベストセラーなアイテム。
模倣品、ばちもん、バッタもん、偽物、コピー品など、ありとあらゆる亜流商品が出たので、一度くらい、この形を見たことはあると思われる。
 
純正品は、さすがアメちゃん。頑丈である。けっこう無理な使い方をしているが、どうもならない。やはり、zippoの国だと思う。
(昔の幕僚日誌に、ネジ1本でアメリカと日本の製品文化の違いについてバイト先の思い出とともに書いたのあるけど、理由はそこに書いてある。読んでみて)
 
デ。
このKEY-BAKに、カギはもちろん色々付けている。
理由は簡単。
すぐ無くすから。
 
それだけの理由で使っている。
けっこうガチャガチャしてるので、なかなか忘れない(笑)
けっこう重いので、ポケットとかベルトに装着してないと、思い出す。
あ、ないやって。
 
KEY-BAKチェーンモデルのブラックを使っている。
これ、正面。
 
KEY-BAK前面

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こっちが裏面。
 
KEY-BAK裏面

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
裏面には、純正品の証であるロゴが刻印されている。
偽物は、これがない。
 
KEY-BAKロゴ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つうか、純正品は高い!
偽物は100金に売ってあるから(笑)
でも、費用対効果考えると、安い買い物では、ある。
 
このKEY-BAKには、カギとヴィクトリノックスのクラシックマグライトのSOLITAIREを付けている。クラシックは前の日誌に書いたので、今日はマグライトの超小型モデルのSOLITAIREを。
 
港区司令部時代の上司(S課長)曰く、「人間にできないことが3つある。切ること、火を起こすこと、明るくすること。だから、この3つができる道具を常に持ち歩いている」
 
この人、救難ヘリのパイロットだった人です。
安全保障の専門家でもありました。
だから、説得力おおあり(笑)
 
師匠の保全の守も、マグライト社のミニマグライトを常に携帯していた。
サムライなのである。
 
だからと言うわけではないが、切ることが出来るヴィクトリノックスのクラシック、明るくすることが出来るマグライトSOLITAIREKEY-BAKに付けている。
火はね、火を起こすライターは複数持っている。
喫煙者だから。
ライターないないってよくなるんで、複数持ってる(笑)
チワワライターとか・・・
 
SOLITAIREの全身。リンク先の新品と違い、使い込んでいるので、グリーンの塗装が剥げてシルバーになってきちゃった。
 
マグライトSOLITAIRE全体

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このマグライトシリーズの偉いところは、ライト下部に予備球が付いているところ。だから、球が切れても、すぐに交換できる。
 
SOLITAIREもキーリングが付いている下部をクルクルと回すと、このように分解できて、電池の当たるスプリングが見えるでしょ。
このスプリングの下に、予備球が格納してある。
 
マグライトSOLITAIRE予備球1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わかるかなぁ。この画像で。
 
マグライトSOLITAIRE予備球2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
使用する電池は単四乾電池1本。生活防水。
マ。
どこそこぶつけても大丈夫な作りにはなっている。
 
これより頑丈なやつもあれば、フラッシュライトのように明るいものもあるが、軍人でもなければSWATでもないので、シンプルでいて頑丈なSOLITAIREで十分である。
 
よく使っているので、電池が無くなってくると交換する。
こういうのは、マメなのである。
 
あと、パソコン机の上には、ダイバー用のペリカン社製ライトとか何故かあるが、これは、またいずれ・・・
 
 
明日が遠足な姪っ子小二のお話は以下に。

 
明日は遠足らしい。姪っ子小二。
先月末から風邪をこじらせ、結局2週間も学校を休むはめになった身からすれば、是非行きたいところ。

何度も書いているが、姪っ子小二は身体障害者である。
運動機能が、ちと、一部マヒしていて、歩くことはできるが走ることはできない。
歩くと言っても、バランスを取りながら、おっとっと、と歩く程度である。

明日は遠足だからテルテル坊主を作るとか言っていたが、祖母に、明日は絶対日本晴れなんで、作らなくてもいい!と言われていた。

おやつに悩み、お弁当のおかずに悩んでいたみたいだが、とうとう明日になった。

デ。
普通は、遠足の前日なんて、一番興奮する日である。
もう寝られないは、朝早く目が覚めるはで大騒ぎな前日の夜のはずである。

もう寝ろ、と。
姉である姪っ子中二が布団を敷いてあげ、寝かしつけた。

ワクワクして寝られないんだろうなぁ、と思って伺うと、
速攻、爆睡!

規則正しい寝息をたてて、ぐーぐー寝ていた・・・

感動がない・・・遠足の前日は、もっと殺伐としていなければならないのに・・・

姪っ子小二はマイペースなのである。
おっとりしている。
体が不自由なんで、メリハリのある動きができないのはあるのだが、全体的にマイペースである。

それはそれでいいのだろう。
と、思う。

明日は、楽しい遠足と思われる。
が、昨年は帰りに車いす使って、かつタクシーも使ったから無理はしないように。

次の記事:愛の幕僚日誌
前の記事:愛の洋画劇場
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/53-624ecab7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。