2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のYouTube Tips編

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のYouTube Tips編

 2006-05-23(火)

すっかりメジャーになってしまった動画共有サービスの「YouTube」。日本からの利用者が半端じゃないそうだけど、アニメ全話とかあるらしいので、そりゃそうだろうな、と。

あちこちのブログでも、当たり障りのなさそうな(法的にグレーや真っ黒でない)動画が埋め込まれているのも目にするようになり、百聞は一見にしかずだからなぁと思う今日この頃。

英語サイトなので、すべて英語表記ではあるけれど、ポイントさえ覚えてしまえば、簡単にブログに動画を埋め込めるのも受けた理由と考える。

動画をアップロードするためにはメンバー登録(もちろん無料)が必要であり、これも簡単なんだけれど、ブログに埋め込む場合の小技というか、見栄えをよくする方法について、ちと書いてみる。タグ打ち屋さんは、最初からやっていることなんだけど(笑)


YouTubeの動画ページには、動画自体と、それをブログなりWebページにリンクするためのタグが用意されている。

2種類ある。

1つは、テキストなどにリンクするURLで、もう1つは、ブログやWebページに動画自体を埋め込むためのタグである。

例えば、以下のYouTubeページは「実写版パックマン」動画のページであるが、この動画をブログなりWebページ紹介する場合には、動画の右側にあるURL埋め込みタグ(Embed)をコピーして貼り付けるだけでよい。

YouTubeのページ

 

 

 

■URLをコピーして貼り付けてみる

YouTube動画ページからコピーしたURLは以下の通りである。

http://www.youtube.com/watch?v=fWL6j0SvqV0

実写版パックマンの動画

リンクのさせ方自体は、ブログの編集画面に用意されているので、そのリンク機能を使い、リンクURLにコピーしたURLを貼り付けるだけである。

Webページに貼り付ける場合も、HTMLエディタ(ホームページ・ビルダーなど)を使用している場合は、リンク機能を使ってURLを貼り付けるだけである。

タグで直接リンクさせる人は、解説は不要と思われる(笑)アンカータグを使うだけなので。

■埋め込みタグを貼り付けてみる

YouTube動画ページからコピーした埋め込みタグは以下の通りである。

<object width="425" height="350">
<param name="movie"
value="http://www.youtube.com/v/fWL6j0SvqV0"></param>
<embed src=http://www.youtube.com/v/fWL6j0SvqV0
type="application/x-shockwave-flash"
width="425" height="350"></embed></object>

実際は一行だが、視認性のために改行している。

ここで注意してもらいたいのが、デフォルトでは動画サイズは縦425ピクセル、横350ピクセルに設定してあるというところ。

2カラムのブログやWebページでは問題ないけれど、3カラムのブログで固定幅だと動画サイズが大きすぎて枠からはみ出てしまうことがある。

また、YouTubeは、元動画サイズを強引にリサイズしているので画質が悪いのだが、元動画サイズが、このデフォルト値より小さいと、さらに画質は悪くなる。

なので、埋め込みタグを貼り付ける場合は、コピーしたものをそのまま貼り付けるのではなく、動画サイズのとこだけ修正してやるとよい。デフォルトよりも一回り小さくなる分、画質も少しよくなる。

具体的にどこかというと、425350という数字を変えてやる。320×240サイズにしてやると、ほぼどのブログでもキレイに埋め込むことが出来る。(425→320に、350→240に変更する。二箇所)

この320×240というサイズは、ハーフサイズと呼ばれるよく使われるなサイズである。フルサイズは640×480なので、この半分ということでハーフサイズ。

パソコンでテレビを見ている人が普通見るサイズがフルサイズ。これの半分ってことです。以前は、このハーフサイズばかりでしたが、パソコンや周辺機器の性能向上で今ではフルサイズの動画ばかりですね。

ポータルサイトなどでは、今でもハーフサイズ動画が多いですね。これは、ユーザに考慮しているからです。回線が細い人もいるので。高画質、低画質というのは、だいたい、このサイズの違いと思っていいと思います。

デ。このYouTubeのデフォルトサイズを変更して「実写版パックマン」を埋め込んでみます。それが下の動画です。

先にテキストでリンクした「実写版パックマン」ページにある動画サイズと比べると、一回り小さいですね。これで十分だと思います。

YouTubeの動画を自分のブログなりWebページに埋め込みたいけど、サイズが合わないという方は、タグの動画サイズを変えてみれば問題解消すると思います。

くれぐれも、法律違反な動画は埋め込まないように(笑)

保存等については、「ちょいろぐ!」さんのこのページが詳しい。結局、自分で書いても、この記事の焼き直しになるのでリンクしておきます。

 

それはそうと、既に海外(特にユーロ)ではYouTube離れしてますね。似たようなサービスがあってDMというのですが、ユーロ圏内では、ほぼこちらのサービスばっかりです。

海外動画サイトとかを見るとよくわかります。最初はGoogle Videoでしたが、次にYouTubeになり、今ではDM(笑)

機能もサービスも、ほぼ同じなので、最近YouTubeは日本人ばかりでウザイなぁと思われる方は、こちらを利用してはいかがかなと。

ドイツのサイトです。

今更YouTubeかよって感じですナ(笑)

ってなことで。

■関連記事
2006.05.01 愛のフジテレビのYouTube風味サイトは成功するか
2006.04.27 愛のYouTubeは日本人好み
2006.03.08 愛のムービーキャスターも無法地帯?
2006.03.08 愛のYouTubeは楽しき無法地帯

■関連情報
YouTube
MOVIE CASTER(ムービーキャスター)
Google Video

Tags:        

次の記事:愛の「ふんどし」と「牛乳」
前の記事:愛の分裂すい星が墜落して大津波と予言なニュース
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/518-da4859a6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。