2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のWinny通信遮断はNGと総務省

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のWinny通信遮断はNGと総務省

 2006-05-18(木)

速報。

NTT系プロバイダの「ぷららネットワークス」がWinnyを使用した通信を見つけた場合は通信を遮断するとしていた件ですが、総務省(監督官庁)がNGを出したため、「ぷららネットワーク」によるWinny通信遮断は中止となった。

朝からこのニュースで一部は大騒ぎ(笑)

ファイル交換ソフトWinnyについて新しい措置を予定していたのは、NTT系の大手インターネットプロバイダー「ぷららネットワークス」です。この会社は、相次ぐ情報流出の被害を防止するためとして、今月から加入者が発信している情報を調べWinnyの信号を見つけた場合、強制的に通信を遮断することにしていました。ところが、これについて総務省は、「Winnyによる信号かどうか調べる際にプロバイダーは通信の中身を一部解読することになり、『秘密の保護』を定めた電気通信事業法に違反する」と判断しました。これを受けて「ぷららネットワークス」側は通信を遮断する措置を中止することになりました。総務省では、「Winnyの対策は重要だが、今回の措置は法律に触れる行き過ぎた行為で認めるわけにはいかない」と話しています。

■Winny通信遮断は違法
(NHKニュースより。2006.05.18 05:03)

■NHKニュース動画はこちら
(午前5時台のニュース映像。NHKサイトより)

Niftyみたいに通信速度自体を制限するプロバイダもあるが、ぷららネットワークスの場合は、検閲してWinnyのデータか確認して通信遮断するといっていたので、これは完全な電気通信事業法違反(秘密の保護)になると予想されていたことではある。

検閲をする!とアナウンスしてたからなぁ。普通NGだな。


実は、Googleも意見書という形で圧力をかけていた。アメリカ様の圧力だからね、属国日本としては従わないわけにはいかない(笑)

■Googleが日本の総務省に対し、通信速度規制について初の意見書
(スラッシュドット ジャパンより。2006.05.16 13:35)

電気通信事業法に縛られる業務は、電話とか郵便とかそうだけれども業務上知り得た情報を漏らしてはならない。電話や郵便での情報ってのは担保されてるわけですナ。基本的に。

郵便配達人は、○さんが×さんにハガキを出したということはわかるわけですが、それを言ったら罰せられるってことです。電話もそう。例外があって、例えば電話開通して正常に機能しているかどうか確認するためには、電話で通話してもらって、それを傍受して確認したりしますけど、これはOKですね。なので基本的と上で書いています。

WinnyはP2Pのファイル交換ソフトで、ソフト自体に違法性はなく、持っていても罰せられませんが、ここ最近、Winnyを介したウイルスで個人情報がばらまかれる事件が後を絶たず、これは自衛隊から役所から病院からマスコミから上から下まで、右も左も縦も横もという具合に、ほぼ毎日流出しているのは周知のとおり。

情報流出した内容をまとめるサイトまである(笑)

WinnyなどのP2Pソフトなんて、乱暴な言い方だけれども違法ファイル(著作権侵害ファイル)の交換以外に使用目的はないわけで、Winny開発者の金子氏を逮捕した京都府警ですが、京都府警自体がWinnyで情報を流出された件は失笑以外の何ものでもないですナ。それにWinnyを使っていた京都府警の警官が懲戒免職になったとも逮捕されたとも聞きません。

使用目的が上に書いたとおりなら、逮捕した京都府警の身内はパソコンに何がダウンロードされていたかわかっているわけですから、説得力がないというか、Winnyユーザにつけいる隙を最初から与えたことになると言っても過言ではないはず。

スパイでも取得するのに苦労するような情報が、Winnyのウイルスのおかげで毎日流出して、ある意味、一生表には出てこないような資料も出てきたわけで、この功績は歴史に残ると皮肉られるのですが、それにあわてふためいた層があるのも事実。

Winny自体が悪いわけではなく、公的資料や社内資料などを気軽に役所外や社外に持ち出すモラルについては、なんの議論もなく、末端ソフトのWinnyが悪いというネガティブ・キャンペーンにはウンザリな今日この頃ですが、それに輪をかけてというか、乗っかってインフラただ乗り論を展開するプロバイダが規制に動いたのは先走りだったのかなと。

インフラただ乗り論というのは、インフラ(光ケーブルや通信装置など)を負担したプロバイダ系企業から見れば、回線を圧迫するようなサービスを展開する企業は、インフラを負担した企業に対し何らかの担保を与えるべきだというもの。そうでなければインフラにただ乗りして丸儲けではないかと。

マ。パソコンテレビのGyaO(ギャオ)とかそうですね。やり玉にあがっています。膨大な動画データをやりとりするんで。

なに言ってやがんだい!ってのがユーザの大多数の声なんじゃないでしょうか。光ケーブル100メガ使い放題!みたいな美辞麗句の宣伝文句をうたいながら、実際はISDNに毛が生えたような速度しか出なかったり(笑)この場合はADSL系か。

とかく理論値ばかり先行して、これは誇大広告じゃないのかよと、ユーザには不評なプロバイダ系企業なのは確かですナ。

しかし、総務省がこのような見解を出したことで、Niftyの規制以来各プロバイダの方向性となっていた通信規制に何らかの楔が打ち込まれたのは確かと思われます。

Winnyに的を絞るんじゃなく、総量規制にすればいいじゃんとも思いますが、この時代に従量制に戻ることはユーザ激減=収益激減であり現実的ではないですね。

限られた線を複数で利用するので、そこに格差があるのはおかしいというのも正論ですが、果たして24時間四六時中使っているのかと。

どっちもどっちな感じがしないでもないですけど、ぷららの先走りが頓挫したのは愉快この上ないニュースでした。検閲するとふざけたことを言ってるから(笑)

電気通信事業法違反と気が付かなかったのでしょうか。そこが不思議です。

なぜかって?

だってNTT系でしょう。ぷららって。元役所ですよ。電電公社ですよ。恐らく上の人にはNTTから上がりといわれ飛ばされた人もいるでしょうが、そういう人の中には、まだ電電公社時代採用の人が大勢いるはず。いないのかな?

こういうとこはうるさいはずなのになぁ。おかしいなぁ。Winnyがスケープゴートで、本当の狙いは他にあったと思うんですけどね。

それに対し、うすうす法律違反でまずいかなと思いつつも総務省のご機嫌を伺うためにアナウンスしたのかなぁ。総務省は旧郵政省も入っていますが、キャリアの中にはNTTにいる人と同期をいるわけで、横の繋がりは一般企業とは比べものにならないくらい強いはずなのに。

それにしても、おもしろいニュースでした。

■関連記事
2006.04.04 愛の掲示板に爆撃ということ
2006.03.28 愛のトレンドマイクロも情報流出した件
2006.03.04 愛の山田オルタナティブ・ウイルス
2006.02.23 愛の海自「極秘」データ流出の経緯など(追記有り)
2006.02.23 愛の海自「極秘」データがネット流出(追記有り)

■関連情報
ぷららネットワークス

次の記事:愛のGoogleがKDDIと提携
前の記事:愛の台風1号
関連すると思われる記事
Loading


コメント
こんばんは、riseです。

このニュースは新聞にも出るほどおバカ?なネタでしたね。

格安プロバイダとして、ユーザー数が膨大なのでトラフィック上の影響が大きいとはいえ無茶な提案をしたものです。

やんわりと指導されたようですね。

あちこちのサイトで最近のプロバイダの規制具合が評論されてますが、そもそもユーザーがしたいこともできないプロバイダに意味はあるのかと思ったりします。
【2006/05/19 00:06】 | rise #- | [edit]
この記事を書いた時点では、ぷらら公式サイトにアナウンスはなかったのですが、もう出ているみたいですね。

検討してから表明するみたいな、なんか曖昧なものでしたけど。

なんらかの制限はするんでしょうね。P2P利用者だけでなく、一般利用者にまで影響がでると、これは死活問題になりますね。デリケートに扱わないとISPも淘汰されるでしょうね。
【2006/05/19 20:37】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/512-a25243b2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。