2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛のねずみの死

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のねずみの死

 2005-03-06(日)
1月に「ねずみ大作戦」という記事を書いた。
都合4回の記事。連続した記事ではないが、4回目で大団円を迎えた。
 
今日、その1月の記事にコメントをいただいた。
リンクされたブログを見ると、そちらも「ねずみの死」のエントリーがあった。
 
お通夜やお葬式までされて、丁寧に弔ったことが書いてあった。
日本人の優しさが溢れていた。
人であれ、なんであれ、日本では死ねばホトケサマになるのである。
だから、警察の隠語で死体は「ホトケさん」なのである。
 
コメントを頂いた記事は、途中のやつだったので、そのエントリーだけ読むと、前後がわからないので、なんのことやらである。
まったく、仰るとおり、その通りである。なんのことか、わかんない(笑)
その旨がコメントにも書いてあった。
 
前後がわかる記事を教えて下さい、と。
 
困った。
これには、正直困った・・・
 
同じテーマである「ねずみの死」を扱った記事ではあるが、「ねずみの死」という1枚のコインの表と裏ほど違いがある。
 
もちろん、コメントを頂いたフランソワさんの方がオモテである。
私の記事がウラである。
 
コメントを頂いたので、RESするのがスジであるが、どう書いてよいやら、前後の記事を教えてよいやらで、困ったのである。
 
光と影、月とすっぽん、陰と陽、水と油、あれとこれ、くらい違うのである。
内容が。
 
結局、フランソワさんには、そういう内容であることをお知らせし、気分を害さない気があるのであれば、今日のブログにリンクしておきますと、こう書くことにした。
 
ねずみ大作戦 全4回のリンクは以下の記事である。
ついでに、後日談も。
マエストロ軍曹のグッジョブも、書く。
 
 
 一行、少し書いている(コメントは、この記事に頂きました)
 
 これも一番下に2行状況を書いているだけ・・・
 
 
 
■後日談■
 
ねずみ大作戦2では、兵糧攻めにあったねずみは結局死んでしまったというとこで終わっている。あとはゴキブリと同じ対応で処理と。
 
私本人も、その後を知らなかったので、オフクロに聞いてみた。
あのねずみはどうしたのか、と。
ゴミとして捨てたのか、と。
 
オフクロはこう言った。
 
「あれは、マエストロ軍曹が庭のみかんの樹の下に埋めたよ」
 
そうなのである。
甥っ子で6歳のマエストロ軍曹が、たった一人で、ねずみを埋葬したのである。
自分のおもちゃのスコップで穴を掘り、その中に埋めたのであった。
 
墓標もない墓ではるが、6歳の少年が、生まれて初めて自分の力で、愛と情を自覚しないまま作ったのである。
 
みかんの樹の下に。
 
そのみかんの樹から、さほど遠くない場所に、ブーとまるも眠っている。
あの記事へのコメントがなかったら、このマエストロ軍曹の行いも分からずじまいだった。
 
感謝である。
 
そういうマエストロ軍曹も来月から小学一年生である。
月日の経つのは、早いのである。
 
なお、私も墓を掘ったことがある。
犬の墓ではあるが。
ねずみの死では、どちらかというとウラ的な内容になったが、ちゃんとオモテもあるのである。
 
優しいってこと(笑)
 
別ページに書いたものであるが、一番愛した犬について書いている。
 
 
次の記事:愛の洋画劇場
前の記事:愛の幕末維新青春群像
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/51-a578ec92
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。