2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のYouTubeは日本人好み

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のYouTubeは日本人好み

 2006-04-27(木)

アメリカの動画共有サイト「YouTube」が流行っているのだけれど、その無法振りに警鐘を込めた記事を過去に書いたりしたけど、まだまだ賑わっているようですナ。

YouTube」は動画共有サイトというよりは、もの凄く使い勝手の良いアップローダ(うpろだ)ってのが的を射た表現かもしれない。

■動画共有サイト「YouTube」、日本から212万人が訪問--利用率は米国内に匹敵
(CNET Japanより。2006/04/27 14:41)

日本国内の利用率は5.2%で米国内の利用率5.4%とほぼ同じ。すごいね。英語サイトなんだけど、他にこんなサイトないでしょう。

パソコンテレビのGyaO(ギャオ)が会員900万人突破だとかなんだとかというニュースもあるけど、この数字は重複会員登録者数がたくさん含まれているから、実際の会員数はもっと少ない。

それに使い勝手の悪さ、コンテンツの劣悪さなどから、GyaO(ギャオ)をおもしろがっていたヘビーユーザは「YouTube」に移行しているんじゃないだろうかと思ってしまう今日この頃。GyaO(ギャオ)で動画をダウンロードして「YouTube」にアップロードしたりして。もちろんCMカットして編集したやつ(笑)

はたまたP2Pが主流だったテレビ番組やドラマなども編集後アップロードしてるんじゃなかろうか。著作権的にグレーというか真っ黒なんだけど。

YouTube」に動画をアップロードするためには、会員登録しなくちゃいけない。これが、また簡単なのよ。動画のアップロードも簡単で、色々制限はあるけど、アップロードしたら早くて数分後にはflv形式のファイルになって公開される。プライベートモードもあるので、限定的な公開もできる。

flv形式(要はFlash)なので画質は悪いけれど、その利便性から日本でも人気爆発になったと思われる。

公開された、アップロードされた動画ファイルは、その動画ページにリンクするためのURLや、ホームページやブログなどのページに埋め込むためのタグも標準で明記してある。

このため、利用者は気に入った動画があると、特別な知識を使うことなく、リンクURLなり埋め込みタグをコピーしてページに貼り付ければ、それだけで動画ページができてしまうのだ。

さらに、flvファイルは専用の再生ソフトが必要だけれども、動画のみを抽出するフリーソフトもある。検索すれば一発でその方法もわかる。

ダウンロードについても、動画ページのURLさえわかれば、そのURLをコピーして貼り付けるだけでダウンロードできるサイトもあり、また一回再生するとキャッシュされるのでダウンロードする手間もないという便利さが受けている。

法的にグレーというか真っ黒なんだけどね(笑)

GyaO(ギャオ)にしても何にしても、動画関連は、みなダウンロードしてローカルに保存しようとするのは本能に近いものがあるかもしれない(笑)

このblogもGyaO(ギャオ)の変わった使い方を紹介している記事を過去に書いていて、春休みや春休み明けは、もの凄いアクセスなんだけれども、ほぼ検索キーワードに「保存」ってのがある(笑)

リファラから傾向を詳しく分析したわけではないのだけれど、ほぼ動画に関しては「保存」ということを意識している人が多数というのはわかる。

GyaO(ギャオ)にしても、「YouTube」にしても画質が悪いので保存してもなぁと思うのだけれど、そのファイルを欲する人にとっては、あまり関係ないことかもしれない。

先日の記事「宇宙刑事シリーズ」にしても、オープニングやエンディングの動画リンクをつけたけど、すべて「YouTube」である。自分でみつけたのではなく、他のサイトに貼り付けてあったのを流用しただけであるが、特撮ものにしろアニメにしろ丸々一本分公開されているのは、凄いと思う。

色んな意味でね。アップロードしたやつは怖くないのか、と(笑)バレバレだぞ、と。

YouTube」は世界各国から利用されている。毎日数万ファイルがアップロードされている。検索の仕方、コツさえ覚えれば、ほぼ、望む動画は手に入るんじゃなかろうか。

海外動画サイトをよくみるけれど、デンマークなどのサイトでも「YouTube」のタグが貼り付けてあり動画が利用されている。「Google Video」がすっかり霞んでしまった。

Googleもいいところに目を付けて、そのサービスを開始したんだけれど、この分野に限っては「YouTube」の後塵を拝すことになった。長期的に見て、どうかと聞かれると即答はできないが、少なくともGoogle世界制覇の出鼻をくじく、痛快な出来事には違いない(笑)

YouTube」も初期に比べ、若干制限事項もついたが、まだまだ無法天国なのは間違いない。そして、これは、もうしばらく続きそうである。

あ、日本にも「YouTube」みたいなサービスはある。「ムービーキャスター」って名前。最近は、あまり訪問しないんだけど、どうなんだろう?ここも基本的に無法地帯なんだけどね(笑)

著作権等違反ファイルがあっても、基本はそういうのアップロードするなって姿勢で、ダチョウ倶楽部じゃないけれど「押すなよ!押すなよ!絶対押すなよ!」と同じで「やるなよ!やるなよ!絶対やるなよ!」と言われれば、やっちゃうって(笑)

それに、そのような違反ファイルの削除は、理由を付けて削除申請という手続きを踏まなくちゃいけないという手順なのよ。著作権がらみは基本的には権利者である法人相手ということを考えると、問題が発生した場合に、手続きを経ることできちんと対応したという担保になるだろうが、個人的に危惧するのは、じゃあ個人的なプライバシーが侵された時はどうなるんだと。

個人で削除申請するということは、晒したくもない個人情報を「ムービーキャスター」側に知られるということ。「ムービーキャスター」側は個人情報をロハで手に入れるということ。いくら個人情報の扱いは限定しますと謳ったところで、世の中「やったもの勝ち」。それは担保にはならないのだ。そういう危惧はあるね。「ムービーキャスター」のやり方。

少なくとも、ユーザが動画をアップロードした際は、いちいち確認して公開するような手続きにしないと担保にはならない。それが、いくら手間と時間がかかる作業であってもだ。担保とはそういうもの。何度も同じ事かくけど、真面目にやろうとすれば「検閲」するしかない。

しょせん、商売でやっているので「ムービーキャスター」もそこまではしない。絶対しない。ペイしないから。

つうわけで「やり逃げ」「やり得」なサービスの完成になり、無法地帯化はさらにすすむ。「YouTube」もそうだけど「ムービーキャスター」もflv形式でページに埋め込み出来るけど、埋め込みしているサイトをみてよ、もうやりたい放題だから(笑)

動画という媒体は、どうしても、そういう側面があるのよね。P2Pにしてもそう。そして、その回答はまだ出ていない。

すなわち、無法地帯化は、少なくとも野放しということ。

ならば「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損、損」と阿波踊りでも歌われているではないか。

踊らなきゃ(笑)

■関連記事
2006.03.08 愛のムービーキャスターも無法地帯?
2006.03.08 愛のYouTubeは楽しき無法地帯

■関連情報
YouTube
MOVIE CASTER(ムービーキャスター)
Google Video

Tags:        

次の記事:愛のホリエモン保釈騒動
前の記事:愛の宇宙刑事シリーズ
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/492-ec1bb827
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。