2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のSNSの憂鬱

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のSNSの憂鬱

 2006-04-25(火)

mixiに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の現状と今後についての、おもしろい記事があった。

■SNSは今後どう発展する?
(スラッシュドットジャパンより。2006/04/24 17:32)

例によって例の如くスラドの記事なので、コメント欄がおもしろいのは言うまでもない。記事本文よりもコメント欄を参照されたし(笑)

マ。なんというかコメント欄に、ほぼ意見は出し尽くされているので、改めて書くこともないのだけれど、結局、SNSの普及は、パソコン通信時代や草の根BBS時代への回帰現象でいいと思われる。


20代後半や30代でSNSやっている人とかだと、パソコン通信や草の根BBSに乗り遅れた人やリアルに活用していて、あの雰囲気を味わいたい人ばかりではなかろうか。さらに学生のツールとしての普及。サークルと同じである。

だから、爆発的に普及した。

紹介制による会員登録という閉じた、ある程度の信頼性を確保したSNSの担保は、会員数の爆発的な増加で破綻していることは言うまでもない。

実名登録している人は間抜けさんということでいいと思われる。

オープンなWWWでなにがしかの自己主張をしたいけれど、blogなどが流行っているけど、なにがしかの拘りがあってやりたくない、けれども、やはり自己主張したい。できればクローズドなサイバースペースで誰が見たか把握できて、かつチマチマと自己主張できるサービスが欲しい。そんな人にうってつけなのがSNS。すなわちmixiみたいなサービス。

日記帳にシコシコと、このブログみたいに「どうでもいい」ような事を書いて、足跡をみて「なるほど、こういう人が見に来たか」と自己満足し、ならばと、さらにシコシコ書いている姿を想像するのは簡単である。

会員制、クローズドな空間といっても、TCP/IPプロトコルを利用したINTERNETの世界で匿名は有り得ないわけで、ナニを安心しているのかわからないのだけれど、あなたの情報は筒抜けですよ(笑)

ここまでmixiの会員数が増えてしまうと、オープンなblogとあなたの日記帳は変わらないものになっていることを知る必要がある。

簡単に晒されてしまうということです(笑)

niftyというサービスがあって、先月末でパソコン通信時代の全てのサービスが終了したけれど、そのユーザはmixiに流れていったという話である。コミュニティね。やってることは基本的に同じだから。

ニフティ・サーブと呼ばれていたパソコン通信時代はフォーラムと言っていたけど、それでも争いは絶えなかった。だから、わずらわしさなどはどこにいってもあるわけで、それは現実世界と同じわけで、結局、どこも一緒という話になる。

ぶっちゃけ、SNSユーザの利便性、長所を考えると、それは「紹介制によるステータス」以外にないわけで、その担保が破綻した現在、やっていることはオープンなサイバースペースでやることと同じというのは内緒にしておいた方がいいのだろうか。

行き着くところ、個人の趣味や嗜好というのは「自己満足」でしかない。料理にしても「自分の味覚」があるわけで、どこそこの店が旨いと言われても、自分の舌に合致しなかったら「そうでもない」店なわけで、結局、どれだけ自己満足の世界に浸れるか、というのが基準になる。

この「自己満足」を認識している人と認識していない人の差は、ある。いま書いていることは、あるいは「そんなことはわかっている」とも「それを言っちゃおしめぇよ」的なことかもしれないけれど、嬉々としてチマチマした人を想像すると、わたしの「自己満足」的には「嫌悪感」があるのだ(笑)

だから、「どうでもいいこと」を今書いている。それはわかって書いている。

「コミュニティは便利だ」「欲しい細かな情報がある」という人がいるかも知れない。コレ「草の根BBS」と同じで、随分と昔からある。そういう情報提供サービスは存在していいわけで、逆にそれがINTERNETの得意技でもあるわけで、利用しない手はない。

個人的には情報はオープンにした方がいいと思う。これだけ情報が氾濫している時代だから、信用の置ける情報を欲するのは自然な感情なわけであるが、これから必要なのは「情報を取捨選択する技術」である。

テレビを付ければ、朝から晩まで広告の垂れ流し、朝、新聞を開けばチラシの山、雑誌の半分は広告や宣伝で、人と話せば胡散臭いうわさ話を聞かされる。

パソコンでブラウザを立ち上げれば、CDやDVDの紹介であったり、新規オープンのお店の情報であったり、新作映画やドラマ、小説にマンガ、健康食品に化粧品、株やあやしげな商品、見損なったテレビや映画やCMの動画、笑ってしまう画像、えろやぐろ、はたまた爆弾の作り方まで、ありとあらゆる情報が美辞麗句とともに存在している。

そういう溢れた情報世界の中で生き抜くのに必要なのは、「情報を見分ける力」である。嘘や虚偽の情報が平然と流れている現代である。情報の真偽を見分けることは、すなわち、不利益無く生活を送るのに必要最低限のことである。

物理的な不利益、そこには金銭的な不利益も含まれるが、それ以外に精神的な不利益を被らないためにも、情報を見分ける力は、現代社会を生きるには、身につけねばならぬものである。

精神的不利益ってのは、けっこう凹むのよね。モチベーションが下がるというか、やる気をそがれるというか、ある側面では物理的不利益より傷が深くなる場合がある。

マ、騙されないってことですね。

だから、そういう「力」を身につけるためにも「情報はオープン」な方がいいと思っているのだ。少しくらい痛い目にあわないと、実際身に付かないものなのよね、物事というのは(笑)

mixiは会員数どれくらいになったんだっけ?コレ、規約違反だけど、ひとりで複数アカウントを持っている人が多数いると思われる(笑)システム的に可能だから。

パソコンテレビのGyaO(ギャオ)にしても、爆発的に会員数を増やしたけど、アレ、調子悪いとクッキー削除しちゃうんだけど、そうすると再度会員登録しなきゃいけないんだよね。それもカウントしてるだろう!って会員数の数え方(笑)

そういう風にmixiにしろGyaO(ギャオ)にしろ、正確な数値というのは提供されないわけで、出されたものをそのまま信じてしまうことほど愚かなことはないといういい材料なんだけど、そこまで考える人は、実は少数だったりする。

多数の人は「便利」という言葉だけで済ませているかもしれないけれど、それはそれでいいのかな、と。

物事は変化する。それは時代が進むに連れ変化の速度は劇的に速くなる。地球が誕生して45億年くらいか。生命のルーツが発生して核を持った単細胞生物に進化するまで20億年だっけ?20億年そのままだったんだよね。それから色々と進化して恐竜とかが跋扈していた時代が数億年前。人類の先祖が誕生したのが400万年前で直接の先祖が誕生したのが200万年前?

間隔が大きいので、そんなに数字は間違っていないと思うけど、人類が誕生して200万年で、それから劇的に進化してきたわけで、約400年前に江戸時代になって、約140年くらい前に明治になって、戦前、戦中、戦後と考えてみるだけでも、その進化、変化の速度は凄いものでしょう。

いま、生きている古い老人たちは、生まれたときはテレビもラジオも携帯電話もなかったわけで、我々が認識するだけでもレコードからCDになり、ビデオテープからDVDになり、携帯電話は電話というよりデジカメか携帯端末化しており、白血病は不治の病じゃなくなりと、その激変ぶりはわかるはず。

これからの変化はさらに速度を増すわけで、そりゃ情報も追いつかないって話になる。それでも情報を得て時代に対応していかなければならないわけで、そう考えると人間がツールを使うのか、ツールに人間が使われるのかわからなくなってくるわけで(笑)

好むと好まざるとに係わらず、やはり「情報」というのは物事の中核に位置する。

呑気にやるもよし、気合いを入れてやるもよし、結局「自己満足の世界」でしかないのだと自嘲するしかない。

電気やガスや水道が無くても、人間は生きてきたのだ。問題は、そういう場合の「生きる術」が失われつつあるということである。

そういう情報こそが、実は大切だったりするわけである。

例によって例の如く、記事タイトルと記事本文と結論が一致しないのは、このブログの「仕様」です(笑)

Tags:   

次の記事:愛のIE7ベータ第2版
前の記事:愛のインスタントラーメン
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/489-7095909f
  • 【ネットワークが最高によかった】
    ご家庭のコンセントに挿すだけでネットワーク環境を手軽に構築可能。 子機2台目以降の設定も、セットアップボタンを押すだけ。パソコンなしで簡単増設。 強力セキュリティ「AES128ビット」を採用。子機設定時にワンプッシュで同時に暗号化。 子機単品モデル(増設用)。
【2007/07/22 13:09】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。