2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のNTTデータがやっちまった件

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のNTTデータがやっちまった件

 2006-03-30(木)

なんつうか、笑えるようで笑えない事件でしたね。NTTデータの仙台銀行カード偽造事件。別にNTTデータぐるみじゃないので「NTTデータの」と書くこともないんだけど、容疑者は協力会社社員だったけど、元社員(プロパー)だったのでこういう書き方にしてみた。

事件を知った時には容疑者行方不明だったけど、出頭して逮捕されたみたいですね。

■元NTTデータ社員を逮捕 「ニュース見て出頭」
(Yahooニュースより。2006/03/29 19:53)

事件の内容はこういうことだ。


NTTデータ(東京)のコンピューターセンターから仙台銀行(仙台市)のATM(現金自動預払機)の取引記録408人分が外部に持ち出され、これを基に偽造されたとみられる17人分のカードで約3100万円が不正に引き出されていたことが28日分かった。
 コンピューターの運用責任者だった元NTTデータ社員の男(54)が記録を印刷する姿が監視カメラに映っており、宮城県警は同日までに不正作出私電磁的記録供用容疑などで指名手配した。

■NTTデータ元社員が詐取、偽造ローンカード使い
(Yahooニュースより。全文はリンク先参照。2006/03/28 21:51)

NTTデータ公式サイトにもニュースリリースとしてお知らせがあり、仙台銀行にも詳細がアップされている。PDFだけど。

そして、それらの「お知らせ」に突っ込んだ記事がスラッシュドットジャパンに載っていた。これにはワロタ(笑)

まず、NTTデータ公式サイトのニュースリリースを読んでみる。もう、さすがに元役所だけあって、見た目は凄く論理的に書いてある。ビジネス文書とはこう書くのだ、といわんばかりの教科書通りの文面ですよ。コレ、誉めてます。この文書をみて、文書の書き方を勉強すれば、まず会社で通じる。そういう文書。中身については、おいおい突っ込もう(笑)

■NTTデータのニュースリリース

 次に被害にあった仙台銀行のサイトを見る。フレームページになっているんだけど、トピックスってとこに今回の事件についての報告がある。

そんなことよりもだ!

トップページにある「偽造カード被害を防ぐための10か条」ってのが気になるはず。だってトピックスよりも上に目立つようにあるんだもの(笑)

もうなんつうか、洒落なのだろうか、と思ってしまう。

■仙台銀行ホームページ

そういう意味も含めてスラッシュドットジャパンの記事を読むと、さらにおもしろく読める。特にコメント欄は充実してますよぉ。どうすれば再発防止できるかって執筆者が閲覧者に問うているので、みんな知恵を出し合ってコメントしてる(笑)

たぶんNTTデータの社員か協力会社社員でNTTデータで作業していると思われる人の書き込みもあるのよ(笑)

ニヤリニヤリで読める。オ○ム事件のことについて書いているコメントの人がそう。あれは、現場にいたか、近い人しかわからないからね。

■NTTデータ、元社員が業務受託銀行からカード情報を盗み3100万円引き出す
(スラッシュドットジャパンより。2006/03/28 21:17)

この事件はシステム運用責任者が犯罪を犯すという、マ、言ってみれば想定外な事件だった。この容疑者自体が誰か悪さしないかチェックする担当者だったのだから。もうどうしようもないでしょう。

究極のセキュリティーホールは人間だって、この間の記事に書いたばかりだけど、チェックする人が悪用したら、誰がチェックするのって話しだよね。指紋認証システムの履歴(ログ)も改ざんしていたそうだし。

簡単にいうと、警察が泥棒したようなもんです。

そして、この対処策として、いろいろとNTTデータのニュースリリースには書いてあるのですが、もうどうしようもないことばかり書いてある(笑)

答弁的にはOKなんだろうけどね、アレも公開にあたっては、社内でいろんな人がああでもないこうでもないとやって、んで判子押してゴーになったはずなので。

連絡先が広報部ってのは、さすがだね。ということは他部署は箝口令か、もしくは広報部からの想定問答集にあることしか話さないナ。それでいいんだけどね。

相互牽制だとか監視だとか、人数増やすとか他部署のチェックだとかあるけど、じゃあ、今度はそういう人達が悪事を働いたらどうするの?って突っ込める(笑)

いじわるなツッコミだけどね。みんな個人の倫理観に頼るしかないってのはわかっているのだけれども、それを書いちゃ「なにも対策してないのか!」って無知な人々にお叱りを受ける。だから、ああ書いている。

難しいよね。諜報の世界では、金庫に仕舞われた情報を盗み出す方法に二種類あると昔から言われている。

中国式とソ連式。ソ連とは旧ソ連ね。ソビエト社会主義共和国連邦って長い名前だったけど、現在はない。今のロシアと思って貰ってよろしい。

ソ連式ってのは、金庫を盗んでこじ開けて中の情報を取り出すって荒っぽい方法。中国式ってのは、金庫の中にある情報を知っている人、その情報が頭の中に入っている人を攻略する方法。色仕掛けだとか脅しだとかでね。

一長一短はあるけど、スマートなのは中国式。伊達に四千年の歴史はないね。三国志の国だもの。白髪三千丈の国でもあるんで、あまり信じられないけどね(笑)

この場合、防ぐのが難しいのが中国式。今回の事件て、まさに中国式なやり方でしょう。システムからセキュリティから全部しって、どうにでも出来る権限のある人が犯行を起こしているのだから。

だから、難しいのよ。

もう名前も出ちゃってるね。54歳かぁ。平成10年にNTTデータを退職とあるから40代半ばでプロパーやめたのか。ふ~ん。

もう誰も信じられないつう感じで対策したとしても、結局人間が介在しているので、再犯が発生する確率はゼロではない。またゼロを期待してもいけない。

社員教育だとか倫理教育だとか、そういう方面に頼るしかないのかなぁ。でも、金銭的な理由ではなく、私怨での犯行だとかだったら、そういうのも無意味になるしなぁ。やらないより、やった方がいいんだけど。

とりあえず、スラッシュドットジャパンのコメント欄を読んで、笑って過ごすことにしよう。

Tags:      

次の記事:愛のセ・リーグは明日開幕!
前の記事:愛の選抜高校剣道男女優勝と熊日のダメっぷり
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/474-71580c89
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。