2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]ネット関連 > 愛のキッズgooは香ばしい

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のキッズgooは香ばしい

 2006-03-24(金)

巷で静かなブームになっている現象がある。子供(子ども)向け検索サイトの「キッズgoo」での検索である。ネタ的には数日前のものですけど。

■キッズgoo(http://kids.goo.ne.jp/)

Yahooにも似たようなサービスがあり、これは「Yahoo!きっず」という。

両サービスとも小学校に設置のパソコンでは、ブラウザ起動時に表示するポータルサイトになっており、ほぼ小学校でインターネットを利用する場合は、どちらかのサイトがインターネットへの入り口になっている。

現在は小学校でもパソコンを使用した授業があり、インターネットサーフィン(古いナ)は、少なくとも家にパソコンや通信環境が無くても経験済みな子供は多い。

地方により差はあるだろうが、姪っ子で確認済みである(「キッズgoo」とか「Yahoo!きっず」がスタートページということ)。

デ。子供用なので、もちろんフィルタリングしてあるわけで、えろぐろその他不適切と思われるサイトの表示はできないようになっている。検索結果にすら載らない場合もある。アフィリエイトサイトなど論外である(笑)

ンデンデ、そのフィルタリングが凄いのだよ。「キッズgoo」は(笑)

巷で静かなブームとなっているのは、この「キッズgoo」による検索フィルタリングのことで、そりゃもう、えらい事になっているのだ。


キッズgoo」のキャラクターはうさぎなんだけど、検索結果で表示するサイトがないと「ごめんねウサギ」ページになる。

また、検索結果は表示されるのだけれども、そのまま検索結果をクリックしても表示できないページがあり、これには「(このページは、キッズgooではひょうじしていません。)」と注釈が入り、無理矢理クリックしたら「ごめんねウサギ」ページを表示する仕様になっている。

とりあえず、建前上の健全なサイトのみ表示というのはいい。インターネットの世界にはありとあらゆる情報が氾濫していて、不適切なサイト、気分を害するサイトは、ごまんとあるのだ。

そして、その不適切、気分を害するという定義は多分に主観的ではあるが、万民が「こりゃ子供には見せられん」と納得できるものも多々ある。

そういう意味でのフィルタリングは結構である。ましてや、コンピュータウイルスや詐欺サイトも蔓延しているインターネット、その防御手段としてのフィルタリングは妥当な手段である。

が、しかし、である。

そのフィルタリングに恣意的行為が介在すると話は別になる。政治的、思想的思惑によるフィルタリングが入ると、それは検閲と変わりなく(フィルタリング自体が検閲なのでやぶ蛇かもしれないが)、偏った教育の、すなわち偏向教育の一環を小学校でデフォルトで使用するポータルサイトが採用していると、話は全然違ってくる。

そして、「キッズgoo」は、それをやっている(笑)

だから、ひっそりとだけれども盛んなブームになっている(笑)

例えば「竹島」で検索する。1件ヒットする。それも水族館(笑)「独島」で検索する。そりゃ何ページにもわたって検索結果が出る(笑)

このあたりは、以下のサイトが詳しい。ちょっと引用させて頂く。

[検索結果]
「新しい歴史教科書をつくる会」→表示不可
(3/17 10:00頃は表示不可。22:00頃なぜか突然表示可に)
「子どもと教科書全国ネット21」→表示可
「韓国国定歴史教科書」→表示可

「竹島」で検索した結果→1件表示(蒲郡市竹島水族館のページ)
「独島」で検索した結果 35600件表示

「日の丸・君が代」強制反対 予防訴訟をすすめる会→表示可
反ひのきみネット→表示可
「日の丸・君が代」はいらない!一橋ネット→表示可

新しい歴史教科書への抗議文アーカイブ→表示可
韓国は “ なぜ ” 反日か?→表示不可

伊藤博文 検索結果→1件
安重根  検索結果→6350件

豊臣秀吉
李舜臣

キッズgooはじかれサイト同盟→ごめんね。ページがひょうじできませんでした。
キッズgoo危機一髪→ごめんね。ページがひょうじできませんでした。
日教組問題のまとめ→ごめんね。ページがひょうじできませんでした。

世界に波紋/NHK従軍慰安婦番組の改ざん/“歴史隠ぺい 政治家が圧力” →表示できる
自民党 vs. 朝日~NHK番組改変問題の深層  →ごめんね。ページがひょうじできませんでした。

「謝罪と賠償」「自虐史観」→鬼フィルタリング

■「謝る前にケツを出せ」より。2006.03.18の記事。

キッズgooはじかれ同盟」とは、「キッズgoo」のフィルタリングにより、運営しているサイトが検索ではじかれている人々の同盟である。一種のジョークネタなんだけどね。

これだけ政治的・思想的に偏ったフィルタリングがなされているのを目の当たりにすると、ある勢力が必死になって見えないところでコソコソとやっているのだなというのは想像に難くない。

でもバレバレ(笑)

キッズgoo」では、不適切なサイトや有害サイトを申告して検索結果に表示させないようにするシステムがある。お問い合わせ窓口のページがソレなんだけれど、いちお理由を書かなきゃいけない。ちくりフォームですな。

◆キッズgooにふさわしくないサイト、不快なサイトを見つけました。
URL情報、サイト名を「質問内容」の欄に書いてください。

■キッズgooのちくりフォームのページ

キッズgoo」のフィルタリングは二段構えらしく、
①まず登録されているNGなURLかどうかをチェック
②検索結果からジャンプされる際に再度チェック

しているらしいのだが、引用文にあるように「豊臣秀吉」と「李舜臣」の検索結果をみれば、恣意的な力が働いているのは一目瞭然である。

上にあげた人名がわからない人いるかな?豊臣秀吉を知らない人はいないと思うけど(笑)

ひとりは日本の英雄、ひとりは他国の英雄ですナ。

どこの国のインターネットサービスなんだろう?

先にも書いたけれど、「キッズgoo」が教育現場で使用されることを前提に構築されて、その対象が幼児、小学生、保護者である限り、何らかのフィルタリングは必要なわけで、それは重複するけれどもインターネットウイルスや詐欺サイトや、長崎の事件の原因になった掲示板での中傷等から守る建前がある以上妥当な処置と考える。

いちお「7つのルール」ってのがあるんだよね。これを読むと、フィルタリングの前提条件ってのが垣間見えてきますよ。何から守ろうとしているのか。

マ、それは豊臣秀吉じゃないことは確かなんですけどね(笑)

お題目なんで、いいことしか書いてないですけど。そんなことよりコミュニケーション能力磨けよ、と。親がもっとしっかりガキの教育しろよと思いますが。

見えないこところでコソコソと確実に、ひっそりとしっかり、動いているなにかを感じるでしょ(笑)

それは見えざる病魔のように確実に健全なものを蝕んでいるのは確かなのですが、それと気づく頃には、だいたい手遅れなんですよね。

だけにタチが悪い。インターネットという手段を用いて、こういう姑息な方法を用いる人々(団体)もよくやるよと思いますが、その手段であるインターネットで、こうも簡単に暴かれていじられていることが愉快ですね。痛快です。爽快でもあります(笑)

インターネットはオープンな世界なのに、と(笑)

みんな見てるんだよ、と。

ジョージ・オーウェルの『1984年』ですよ。

ビッグ・ブラザー・イズ・ウォッチング・ユー
(Big brother is watching you.)

これベトナム戦争当時、政府軍、ベトコンともに同じセリフを使ってお互いを威嚇してたんですよね。余談ですが。

ちなみに、我がSaizeriyan軍団のサイトやブログを「キッズgoo」で検索してみましたが、みごとやばそうなやつははじかれました(笑)

軍とか自衛隊とかもNGみたいですね(笑)

つうことで、COMMON室はOKでしたがブログの「COMMON'S TALK」はダメでした(笑)

模型のブログなのに・・・プラモデルだからかなぁ?

COMMON室の方がダメかなと思ったんですけどね。あ、でも「陸自の富士学校式典」は表示しましたが、「第一師団式典」はダメでした。「ごめんねウサギ」登場です(笑)

多分、この第一師団式典には東京都知事の石原慎太郎閣下が出席したからだと思います。だってキャプションに「石原慎太郎」って書いてますもん(笑)

Saizeriyanのメインサイトはサイト名がアレなんでダメでしたね。幕僚って使ってるし(笑)

おもしろいですね。内容は料理レシピとかなのに(笑)あとはブログへのリンク。海外旅行記とか国内旅行記とかなのに(笑)

おもしろいですね!コレ。バカにするのもほどがある(笑)

フィルタリング役にたってねぇ(笑)

先にも書きましたが「キッズgoo」で検索結果が表示されない人々の「キッズgooはじかれ同盟」、このサイトおもしろいです。Saizeriyan情報幕僚部やCOMMON室やCOMMON'S TALKにもバナー貼っておかないとですね(笑)

それと、このフィルタリング機能を使ったお遊びサイトがあります。「キッズgoo危機一髪」というサイトで、フィルタリングすれすれのキーワードを入力して検索できるか否かを遊ぶサイトです(笑)面白いですよ。こんなキーワードもNGなのかと。

■キッズgooはじかれサイト同盟
■キッズgoo危機一髪

#子供達が健全になるには、不健全を知らなければならない。

河原で拾ったえろ本のページをめくるドキドキ感やワクワク感は、感情というものを痛烈にそして強烈に意識させてくれたけれど、今後はそれは望めないのかな。

否。

山田オルタネイティブや暴露ウイルスとかの被害を見ると、今の子たちは恵まれているなと。もう、えろ動画落とし放題なんだろうなと。海外サイトであっけらかんな画像見放題なんだろうなと。

いろんな意味で、いい時代になったんでしょうね。いろんな意味で。

■関連情報
キッズgoo
(Saizeriyan情報幕僚部やCOMMON'S TALKが検索できるようにしてください)
Yahoo!きっず
(ここはキッズgooより、なんでもかんでもフィルタリングしてる感がありますね(笑)なんか検索しても意味ないくらいヒットしません(笑)偏ったというより、ええい面倒だ全部NGにしちゃえって勢いを感じます)
謝る前にケツを出せ
(キッズgooのトホホなフィルタリングについての記事があります)
Birth of Blues
(キッズgooによる竹島と独島の検索についての記事があります)
子供にわいせつ、キッズgoo
(技術的な考証もある、なかなか読み応えのあるページです)
キッズgooはじかれサイト同盟
キッズgoo危機一髪

Tags:       

次の記事:愛の世界フィギュア選手権 織田は4位
前の記事:愛の北斗の拳 映画版
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/465-e044cc9a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。