2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]映画系 > 愛の北斗の拳 映画版

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の北斗の拳 映画版

 2006-03-23(木)

ケンシロウ

映画版北斗の拳が公開中である。『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』が公開中である。

ケンシロウ役の吹き替えに阿部寛がキャスティングされ話題になった映画版である。リアルで週間少年ジャンプの連載を読んでいた世代も父親の世代。この映画は親子で観れる貴重な作品でもある。

パチスロ「北斗の拳」がヒットしたのも、リアル世代がいたからなんだよね。

映画版は五部作になるということで、今回の映画は第一部。


「ラオウ伝 殉愛の章」は原作の「聖帝十字陵編」がベースとのこと。ということは聖帝サウザー!

ということは、仁星のシュウも出てくるわけで、あのピラミッドのシーンがあるということ。

ああ、全部書いてしまいそうだ。もう涙なみだなエピソードなんだよね。北斗の拳リアル世代は、原作後半の展開に違和感を覚えたとはいえ、全部の話を暗記している(笑)

今回の映画版はケンシロウ視点で描かれた原作ではなくラオウ視点なので、違った側面がありそう。阿部寛のケンシロウはどうなんだよりもシュウをみてぇとかサウザーとケンシロウの戦いみてぇと、もう気分は子どものはず。

港区司令部時代、「北斗の拳」フリークの死神皇帝に単行本を全巻借りて再読したのがなつかしい。単行本は豪華版とかではなく、初期に発行された集英社単行本なのだ。連載開始から20年たっているので、軽くン十年ものの単行本だったのだ。

何度も何度も読んでいるはずなのに、再読するたびに涙する(笑)原作リアル世代は、現実の会話でシャアの名言とラオウの名言をよく使うのですぐわかる(笑)

それくらい影響があった作品。

まだ観ていない人も、これから観る人も、なつかしい思い出とともにケンシロウの雄叫びを聞こうではないか。

公式サイトもあるので、予告編でも観て乗り込もう。

■タイトル:真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
■公式サイト:http://www.hokuto-no-ken.jp/
(映画ページへは、ページ右上のリンクから)

ラオウサウザー

 

 

 

Tags:         

次の記事:愛のキッズgooは香ばしい
前の記事:愛の最高裁事務総局運営「裁判所公式サイト」の謎
関連すると思われる記事
Loading


コメント
こんばんは~riseです。

北斗書いてますね(^o^)

自分も他のブログにちょっと書きました。

先日Yahooの特集動画見ましたが、サザエさんのワカメの声がなじまないように、声に違和感があること以外は総じて面白そうですよね。

いっちょう映画館で観たろかー!と思ってしまいました。

ラオウの視点からというのがいいですよね、漫画でもよくある外伝っぽくて妙に嬉しくなります。

小学生の頃ブルースリーの映画を観た後のような気持ちになれたらいいですね。
【2006/03/23 21:49】 | rise #- | [edit]
そうですね。楽しみですね。いつみてもラオウは貫禄ありますよね。
以前パチスロ「北斗の拳」をテレビで観て(地元は番組とかCMとかパチ屋ばかりですw)、ケンシロウとラオウが戦うイベントがあるのですが、そこでケンシロウがトキの動きをするのですが、ラオウが「むむむ!その動きは・・・トキ!」と唸るシーンがあって、流れるような動きをするトキの戦い方は格好いいなと(笑)

病気にならなかったら、やはりトキが最強だなと(笑)
コレ、北斗世代ゆえの思考なんですよね(笑)

原作の後半はグダグダ感がありますが、前半から途中までは脇役のキャラも秀逸で飲み会とかでも真面目な顔して北斗談義しますよね(笑)

ジャギのキャラもおいしいんだよとか。

一時期、夜空を見るのか怖かったですよ。死兆星が見えたらどうしようって(笑)
【2006/03/23 23:23】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/464-3dc41a46
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。