2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]スポーツ > 愛のカーリングはチーム青森が優勝だったこと

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のカーリングはチーム青森が優勝だったこと

 2006-03-13(月)

今日のブログは、ほとんどWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)2次予選アメリカ・ラウンドの日本対米国の話題でもちきりだろう。そうだろう。

負けたしね。サヨナラ負けしたし。

8回表の疑惑のというか普通に恣意的な判定によって得点を取り消されたわけだけど、別に驚くことでもない。試合をやる前から、WBCが開催される前からわかっていたことである。

WBCはアメリカのアメリカによるアメリカのための野球大会だよ(笑)アメリカが勝たないと儲けない企業がたーくさん。国際試合なのにアメリカ戦でアメリカ人の審判なんて他のスポーツでは考えられないし。サッカーの国際試合やボクシングの世界タイトル戦の審判、ジャッジみればわかるでしょ。

なので別に驚くことでもない。僅差の勝負では絶対勝てないようになっている。圧倒的な点差を付けない限り負けるようになっている。圧倒的な点差を付けても無効試合とかされそうだけど(笑)

そんなことはどうでもよくてカーリングだ。もう昨日のことなのでアレなんだけど、全日本カーリング選手権大会女子の部で「チーム青森」が宿敵「チーム長野」を破り優勝した。ということは昨日の記事に書いた。


試合経過はニア・リアルタイムで知ることができた。凄いね。ネット。しかも、これは有志によるボランティア活動であって、テレビ局やラジオ局はたまたIT企業が担当したことではないから凄い。

マイナーな国際大会とかだと、開催国がネット中継していたりして、そのURLさえわかれば日本でも生中継をネットを通じて観ることが出来る。先のフィギュアスケート世界ジュニア選手権とかそうである。韓国のネット配信で日本でもパソコンでリアルタイムに演技を観ることが出来た。

国内大会だと、マイナーな競技の場合、これと同じようなことは望めない。翌日の新聞なりに掲載される結果を待つしかない。

しかし、トリノ冬季オリンピックで一世を風靡し、その競技性、代表選手の人間性、中継の秀逸な解説と実況でコアなファンを獲得した女子カーリングについては、ちと事情が違った。

自分的にはコアなファンではなく、「チーム青森」の決勝の経緯が知りたかっただけなのだが、ここまで詳細に知ることができるとは思わなかった。

第23回日本カーリング選手権女子の部は、青森県青森市スポーツ会館カーリングホールで3月8日から3月12日まで予選、本戦が開催された。

ちなみにこの場所は、「チーム青森」の小野寺選手、林選手の勤務先でもある。

■第23回日本カーリング選手権女子の部公式サイト

入場無料なマイナー競技だけれども、今年はトリノ冬季オリンピックの影響で全国からファンが集まり、その熱狂ぶりはニュースになったほど。

■カー娘人気ますます 日本選手権は週末入場制限も
トリノ五輪で旋風を巻き起こしたカーリングのチーム青森が、日本代表として出場する日本カーリング選手権女子の部が、8日から青森市スポーツ会館カーリングホールで始まる。大会前日の7日、主催者側は観客増に対応するための観客席増設作業に追われた。

元々、観客席が219席しかないホールに、県外からも問い合わせが殺到し、急きょ約30%アップの280席に増設が決定。この日、パイプいすが並べられた。土日となる11、12日はそれでも足りないことが予想されるため、主催者側は入場制限も検討している。「普段の大会だと50人も入らない」(ホール関係者)会場に、多数の観客が詰めかけることになりそうだ。
(Yahooニュースより。全文はリンク先参照。2006/03/08)

■チーム青森“凱旋”に立ち見出た
カーリングの第23回日本選手権女子の部は8日、青森市スポーツ会館で開幕した。トリノ五輪で7位入賞したチーム青森の“凱旋試合”とあって、報道陣や観衆が会場にあふれ、一時は入場制限が行われるほどの大盛況。注目のチーム青森は黒星スタートとなったが、12日まで行われる今大会の熱気はますます増しそうな気配だ。

≪人気ぶりに驚き≫青森県協会の對馬(つしま)忠雄会長は青森後援会会長として支えてきたチーム青森の人気ぶりに、あらためて驚きの声を上げた。「活動資金として目標だった1000万円を超える協力金が集まり、まだ全国から(募金の)申し入れがある。今後はクラブチームも全国に増えるのでは」。また、来年の世界選手権代表に決まった場合、4月以降のサポート態勢についても「もう一度(後援会活動を)立ち上げなければいけない」と前向きな姿勢を見せた。
(Yahooニュースより。全文はリンク先参照。2006/03/09)

とはいうものの、人気が出たのはトリノ冬季オリンピック開催中であり、テレビもラジオも中継はない。試合結果は結果が出てからしか確認できない状況だった。

ネット掲示板でスポーツ、それもカーリングに特化した掲示板があり、そこでは現地入りしている人から送られる情報が書き込まれ、画像もあり、ほぼリアルタイムで情報を知ることが出来た。

この実況は日々進化し、画像ファイルを格納するミラーサーバの確保や、掲示板を閲覧している人の希望要望が現地に届く双方向性の、それはそれは素晴らしいものだった。

途中経過だけ知りたかったので、掲示板に張り付いてリロードしまくるということはなかったのだが、この掲示板情報はずいぶん役に立った。ほぼ日本で唯一ここだけリアルタイムに文字と画像で実況したのではなかったろうか。

名も無き人々の無垢の努力のたまものである。

画像については、整理されているサイトがあるので、実際どのような画像が掲示板に貼られ会場入りできなかった人に見られていたのか実感されるとよろしいと思う。

NHKで観た、カーリング実況がよみがえるはず。この画像に映っているハンドメイドな道具はすべて現地の人たちの努力のあとである。

■第23回 日本カーリング選手権大会 女子の部 神画像ミラーサイト

いやらしいものの見方ではあるが、この状況をみて、まだまだネットに関するビジネスモデルはたくさんあるなぁと思った次第である。

ある意味、本当のニッチである(笑)

日本選手権の結果は、既に報道のとおり「チーム青森」が優勝したわけであるが、3月18日からカナダで世界選手権が開催される。

この世界選手権には日本代表として「チーム長野」が出場する。ヤマトナデシコたちの奮闘を期待するのである。

ガンバレ!ニッポン!

である。

■関連記事
2006.02.20 愛のトリノ五輪女子カーリングが凄ぇ!(追記有り)

■関連情報
【動画】トリノ五輪女子カーリング「チーム青森」の動画集
(トリノ五輪時の動画集。メンバー紹介、おやつタイム、ミラクルショット等の動画があります)
社団法人日本カーリング協会公式サイト
(競技日程、大会結果、強化選手情報等あります)
第23回日本カーリング選手権大会女子の部公式サイト
(予選、本戦の結果等あります。トップの画像はどうみてもチーム青森)

Tags:      

次の記事:愛のGoogleで火星を見る!Google Mars
前の記事:愛のサンデースポーツ
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/447-b6ad1c4d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。