2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]料理 > 愛のローストビーフを作る!

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のローストビーフを作る!

 2006-03-01(水)

つうか作った。ローストビーフ、いやこれが、結構簡単に出来るのだ。ブロックの牛肉(ヒレ肉でもモモ肉でも構わない)と塩胡椒があれば基本的にできる。オーブンがなくても電子レンジがあればできる。

今回は電子レンジを使う簡単な「なんちゃってローストビーフ」ではなく、いちおオーブンでローストしてみた。

ロースト・ビーフ

 

 

 

 

 

 

 

庭のいたるところにハーブが生えている。なので生ハーブを使った。ハーブの量がわかんなくてね、もうたくさん使ったら香り強すぎ(笑)

それでもいい香りなのでアダルトな味になったな、と。それにしても料理ネタは久しぶり(笑)

以下、レシピ。


材料など

・牛モモ肉(牛たたき用のブロック。500グラムくらい)
・塩胡椒(テーブル塩胡椒でよい)
・ハーブ(タイムとローズマリーを使用)
・香野菜(玉葱、セロリを使用)
・アルミホイル(肉を包んでローストしたから)
・凧糸(肉を軽く成形するから)

 

牛肉の下準備

塩胡椒をする

 

 

 

 

 

 

 

①牛肉に塩胡椒する。

今回使用した牛肉は、牛たたき用のブロックなので長方形。全面にまんべんなく塩胡椒を振り指で馴染ませる。

 

凧糸で軽くしばる

 

 

 

 

 

 

 

②凧糸で牛肉を成形する。

牛肉表面に焼き目を付けるためフライパンで焼くが、その時に牛肉が型くずれしないように凧糸で軽く成形する。

軽く軽くしばる。

 

しばらく放置

 

 

 

 

 

 

 

③しばらく放置する。

塩胡椒を牛肉に馴染ませるために、しばらく放置する。その間に他の作業をする。

ご覧のように牛肉が入っていた容器に置いた。塩胡椒で牛肉の表面からおつゆが湧き出てくるので途中でひっくり返す。

 

香草や野菜を準備する

タイムとローズマリーを摘む

 

 

 

 

 

 

 

①ハーブの準備

庭先に生えていたタイムとローズマリーを適当に剪定ハサミで切った。ザルに入れて軽く水洗いをする。

本当は水分があるので野外に干した方がよかったのだろうが、適当に水を切り使用した。

 

タイムとローズマリー

 

 

 

 

 

 

 

②指先で使用する葉の部分を千切る。

逆目に引っ張るようにすると簡単に葉はとれる。ローズマリーは細長い葉の方。タイムは・・・ローズマリーと同化していて判りにくいな。金粉みたいな小さな葉です。

 

セロリの葉

 

 

 

 

 

 

 

③セロリとか。

これはセロリの葉である。これがいい。燻製を作るときに使用するソミュール液にセロリの葉を入れると一段と香りがよくなる。

このセロリの葉は手で適当にちぎって使用する。

玉葱は薄切りにしておく。

 

アルミに香草を敷く

 

 

 

 

 

 

 

④アルミホイルに香野菜とかを敷く

焼き目を付けたあとオーブンでローストするが、アルミホイルに包んでローストする方法にした。

このため香野菜もアルミホイルに敷く。手で千切ったセロリの葉を敷き、次に薄切りにした玉葱を敷く。その上にタイムとローズマリーを散らす。

この香野菜の上に牛肉を置き、さらに香野菜を載せるので、この時点で使用する香野菜は全体の三分の二ほど。

 

牛肉に焼き目を付けたら急げ

フライパンで焼く

 

 

 

 

 

 

 

①フライパンで牛肉に焼き目を付けます。

フライパンを十分熱したら油を敷きます。牛脂でもサラダ油でもなんでもいいです。大さじ1か2くらい。火力は強火か中火の強め。

全部の面に焼き色を付ける

 

 

 

 

 

 

 

②全体に焼き目を付ける。

牛肉の旨味を閉じこめる意味もあるので、縦横前後と全部の面を焼きます。菜箸があった方が便利ですね。特に前後の面は牛肉を立てて焼くので、焼いている間は牛肉を支えてなくてはいけません。

全体に焼き目が付けばOKです。

 

香草の上に焼いた肉を置く

 

 

 

 

 

 

 

③焼き目を付けた牛肉を素早く香野菜の上に置く

 

肉の上にも香草を置く

 

 

 

 

 

 

 

④肉の上にも香野菜を置く。

香野菜を置いたらアルミホイルを閉じます。オーブンでローストすると肉汁が出てくるので、しっかりと包みます。

二重三重にしても問題ありません。ぎゅっと包む。

 

オーブンで焼く

オーブンで焼く

 

 

 

 

 

 

 

①オーブンでローストする。

あらかじめオーブンを170度くらいで加熱しておきます。

次にアルミホイルで包んだ牛肉をオープンに入れローストします。温度は160度にしてまず30分。次にアルミホイルをひっくり返して10分。合計40分ローストします。

この時間は牛肉の大きさにも左右されますが、通常スーパーの精肉コーナーに売ってあるブロック牛肉だと上記時間で大丈夫です。

温度はちと低めです。170度でもいいのですが、出来上がりの見た目が違います。160度の場合は鮮やかな朱色になりますが、170度の場合は中まで火が通ってしまい薄い朱色になります。

見た目の問題だけなので適宜変更してください。

 

焼き上がり

 

 

 

 

 

 

 

②オーブンしたら少し寝かす。

160度で40分ローストしたらオーブンから取り出し、しばらく寝かせます。牛肉から湧き出た肉汁が落ち着きます。

この時点ですぐ切ると、肉汁がどばーっと出てきますよ。

20分ほどでしょうか。今回は、すっかり寝かせているのを忘れていたので2時間くらい放置してしまいました(笑)

寝かせれば、基本的に出来上がりです。

牛肉と一緒にローストした香野菜でグレイビーソースが作れます。肉汁もけっこうアルミホイルの中にたまっているので、その肉汁を使います。

グレイビーソースって肉汁を使ったソースの意味ですよ(笑)

■ローストした香野菜を使ったグレイビーソース

鍋を用意します。その中にアルミホイルに溜まった肉汁と香野菜を放り込みます。しばらく炒めます。

次に水をカップ1強(300cc)入れます。コンソメスープの素を入れます。固形コンソメスープの素1個は水300ccで溶かすので、この分量が水の量になってます。

まぜます。沸騰したらしばらく煮詰めます。

次にボウルか別の鍋を用意して煮詰めた香野菜スープを濾します。濾したスープを鍋に移し火にかけます。

塩胡椒で味を調えます。コーンスターチ、なければ強力粉や片栗粉を使ってとろみをつけます。

できあがりです(笑)

ワインを入れたり、ウスターソース、醤油、酒などを入れてもいいです。これはお好みで。上のレシピで作るグレイビーソースは超素朴なソースです(笑)市販品とは全然違いますよ。

 

完成→実食

ロースト・ビーフの断面

 

 

 

 

 

 

 

切ってみるといい感じです。デジカメ撮影時にフラッシュ撮影になったので実際よりも白っぽく映っています。

タイムとローズマリーの香りたっぷりなローストビーフでした。グレイビーソースを作ったのですが、ワサビ醤油でいただきました(笑)

わたしの地元は馬肉を生で食べる地域なので、動物の肉を生で食べるのは慣れています。なので、今回のローストビーフもご飯のおかずにしました。

ご飯と一緒に食べるのでお醤油を使ったと・・・わざび醤油サイコーです。柚子ごしょうでもいけます。和風がいいです。

オサレに赤葡萄酒と一緒にいただくなら、ソース系なんでしょうね。

でも、そんなにカッコつけても、あなたも私もお箸の国の日本人(笑)

ホームパーティーをやるなら、簡単なのでスモークよりローストビーフの方がいいでしょうね。肉はスーパーで売ってあるので十分ですよ(笑)

ごちそうさまでした。

ってなことで。

Tags:           

次の記事:愛のARB活動停止と石橋凌
前の記事:愛の暗号機エニグマ64年ぶりに解読さる
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/432-cda8100a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。