2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [インターネット]Google(グーグル) > 愛のGoogleに画像検索差し止め命令

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のGoogleに画像検索差し止め命令

 2006-02-22(水)

米国での著作権に関するGoogleの訴訟であるが、Google負けたというか、裁判所がGoogleは著作権違反してると判断したみたいですナ。

Googleイメージ検索でのサムネイル画像表示に対して。

■グーグルの画像検索に差し止め命令--米グラビアサイトの訴えが認められる
(CNET Japanより。2006/02/22 11:23)


コレ、訴訟を起こしたのは有料グラビアサイトを運営している会社で、かつアダルティなサイト。記事を読むと、なんか芸術的な表現をしてあるが「美しい自然のなままの女性」って、単に裸体じゃないのかと。

月に25ドル50セントの会費を徴収しているサイトらしいので、日本円で3,000円弱ってとこか?けっこう高い会費ではあるナ。

ご存じのようにGoogleイメージ検索をすると、検索キーワードに該当する画像が検索結果画面にサムネイル化(画像を小さくして)されて表示される。日本のGoogleも米国のGoogleも同じである。サムネイル化された画像をクリックするとフレームページを表示して上段にサムネイル化された検索結果画像、下段にその画像があるページを表示する。

まだ使ったことがない人は使ってみるとよい。他の検索エンジンもイメージ(画像)検索機能は実装しているのでGoogle以外の検索エンジンを使っている人は、あなたが使っているイメージ検索と変わらないと思ってよろしい。

■Googleイメージ検索

以前書いたことがあるが、このGoogleイメージ検索は確かデフォルトでフィルタリングされていたはずである。18禁とかNGワードのやつは検索結果に反映しない仕様。このフィルタリングは手動で外せたはずである。

今でも有効なのかな?昔話題になったけど。

イメージ検索URLの末尾に「&safe=off」と付加するとフィルタを切ることができたんだけどね。

Google検索自体にもコマンドや演算子があって、実は豊富な検索機能を実装しているのだが、ほとんどの人はキーワードを入力して「検索」だけと思われる。それでいいんだけどね。コアな検索する人はヘビーユーザで、会社とかでは「けっこう詳しいやつがいる」と重宝されているかも。実は単なる便利屋扱いなんだけど、本人は知るよしもない(笑)

SEO対策で検索エンジンを研究している人々だと当たり前すぎる機能ではあるのだが。Googleはあなたが思っているより有効な機能をたくさん実装している。このあたりはGoogleで検索してみては?

さて。本件であるが、Googleイメージ検索の画像表示について著作権違反とした根拠というか「これはダメだろ」と指摘されたことが2つある。

その1つは、Googleが著作権侵害にあたる画像を掲載したこれらの写真サイトにAdSense広告を提供し、売上を得ている点で、もうひとつはGoogleが携帯電話用にも画像検索機能を提供している点だ。

ひとつめは、そうだろうなと。ふたつめは、携帯電話用の画像は、この訴えたサイトが提供している画像と同じサイズ、同じ品質というのだ。これもダメだろうなと納得するのである。お金払って画像を得ている人の意味がない。Googleイメージ検索のモバイル用は画像を保存できる仕様になっているのだから。

逆にGoogleに対して有利な判断もあったようです。

同社の画像検索にはオリジナルのページ表示部分の上にサムネールを表示する「フレーム」機能があるが、これについてはPerfect 10の著作権を直接的には侵害していないという。

Perfect 10というのは訴えたサイトのこと。とりあえずGoogleイメージ検索自体はシロってことだろうか。

こういう訴訟は頻繁に出てくるんだろうなと思っていた。日本ではどうなんだろうか?Google以前に厳密な著作権違反なファイルは膨大で、実はもうどうしようもないのが事実だろうな。

画像を表示させなくても、テキストのファイル名だけリンクさせれば、まずわからない。膨大な数ありすぎてわからない。かつ、画像ファイルは簡単に偽装できるので著作権フリーな風景画像を表示させるという手もある。偽装解除すればいいだけなので。

ああ、ずいぶんと昔のアンダーな手法だけど今でも有効だなぁ(笑)なんか、なつかしい、ファイル偽装(笑)

そもそも、著作権等以外でも、Googleは検索されてほしくないサイトやファイルは申請すればGoogleインデックスから削除するとGoogleサイトで名言している。

なぜ、それをしなかったのだろうか?

それともGoogleに高飛車な「はぁ?Google様の検索結果に表示されるだけ有り難いと思え」みたいな態度を取られたのだろうか?

いずれにしても米国の訴訟なので、本音はお金目当てであることは間違いないと思われる(笑)

Tags:        

次の記事:愛の凄いデブの凄い技
前の記事:愛のやわらか戦車3!登場(追記有り)
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/413-ab3d5dd9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。