2004 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 01
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]映画系 > 愛のシャーリーズ・セロンの新作

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のシャーリーズ・セロンの新作

 2006-02-11(土)

『モンスター』で14㎏も体重を増やし、いったい誰なんだ?というくらい容姿が変貌したのに、その見事な演技でアカデミー主演女優賞を受賞したシャーリーズ・セロンの新作が来月公開される。

今度は近未来SFアクションだ。

イーオン・フラックス










イーオン・フラックス』。
公式サイト:http://www.aeonflux.jp/

2006年3月11日全国東宝洋画系にて公開。
リンクした公式サイトで予告編も見られる。

簡単なあらすじは、こうである。


西暦2011年、品種改良によって発生したウィルスにより人類の98%が死滅。科学者トレバー・グッドチャイルドが開発したワクチンにより、人類滅亡は回避することが出来た。それ以降、人類は汚染された外界と壁で隔てた都市ブルーニャに住み、病気もなく、飢えもなく、戦争もない、完璧な生活を送っているはずだった・・・。

このシチュエーションで思い出すのは、チャールトン・へストン主演の近未来SF『オメガマン』と『ソイレント・グリーン』。

特に『ソイレント・グリーン』はカルト的人気を今でも誇っている名作である。この映画では、クラシックの『田園』が随所に使われ、その壮大で幻想的な雰囲気が終末的物語に威厳と風格を漂わせて効果抜群である。

シャーリーズ・セロンの今回の新作『イーオン・フラックス』の予告編を観て貰えればわかるが、ここでも『田園』ではないがクラシックの名曲(ああ、タイトルは失念したなぁ)がBGMに使われている。

もうそれだけで、シャーリーズ・セロンのアクションシーンが一段と優雅にして屈強なものになっている。

映画は音楽も含めて映画なんだよなぁ。

あらすじにもあるように、近未来ウィルスにより人類の98%が死滅して科学者が開発したワクチンにより少数が生き残るとある。これは『オメガマン』と同じ設定である。

『オメガマン』では、チャールトン・へストン扮する軍勤務の科学者が、自分の開発したワクチンにより生き延び、人類最後の男になる。そして、ウィルスでミュータントとなった生き残りと孤独に戦うという内容だった。

ネタばれだけど、最後は子供達に希望託して死んじゃうんだけどね。

『イーオン・フラックス』では、全然違う話みたい。アクションものだからね。スタッフの中には、このチャールトン・へストンの2本の作品をもちろん観ていて、なんらかの影響を受けている人が多数いると思われる。両作品ともに、有名な作品だからね。

なので、今回の『イーオン・フラックス』でもオマージュ的なシーンがあればうれしいなぁと思うのである。

それにしても、予告編を観る限りでは、シャーリーズ・セロンって一瞬わからなかった(笑)黒髪だったし。

どうもシャーリーズ・セロンというと金髪のイメージがあるのだ。それはなぜか?

『ミニミニ大作戦』のイメージが強烈だから。あのリメイク版は、おもしろかったもんなぁ。シャーリーズ・セロンはモデル出身だけあって、長身で、とにかく格好良かった。仲間のひとりに『トランスポーター』のジェイソン・ステイサムがいて、運転屋の役なのは笑うところだね。

シャリーズ・セロンはフランス人とドイツ人のハーフである。常々言っているのだが、ドイツ人系女優は美人ばかり。ゲルマンの血が入っているので体もデカイ。だから美人で長身。

マレン・エッゲルトとかそうだし。この人は、もう痺れるほど美人で格好いい。

イザベル・アジャーニもドイツ人の父親だっけかな?の血をひいているので、未だに綺麗な女優さん。子供の頃から綺麗だけど今でもそうだもんなぁ。

余談が長くなったけど、映画を語ると長くなるのよね。

姪っ子中三は、シャーリーズ・セロンの大ファンなので、実は姪っ子がこの映画の情報を教えてくれていたりする。

「見てみて、金髪じゃないよ!」と。

最初に公式サイトのトップを見たときは、ミラ・ジョヴォヴィッチかよ!と思ったりした(笑)

軽くバイオハザードのイメージがあったので。よく見るとシャーリーズ・セロンだったけど。

『ミニミニ大作戦』が痛快アクションで『モンスター』が演技力が必要なサスペンスもので、今回の『イーオン・フラックス』がCGバリバリの近未来SFアクションと、シャーリーズ・セロンも順調にキャリアを積んでいるようですナ。

『ミニミニ大作戦』の続編もあるそうだ。

とりあえず、来月は姪っ子と『イーオン・フラックス』でも観に行こう。

■関連情報
・『オメガマン
・『ソイレント・グリーン
・『ミニミニ大作戦
・『トランスポーター

Tags:    

次の記事:愛のインディ・ジョーンズ4
前の記事:愛の巨人軍藤田元監督死す
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/381-6fc898bc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。