2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛のアイドル その2

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のアイドル その2

 2005-02-20(日)
日本という国は歴史のある国で、いろいろなことを経験しているわけであるが、その中で、生きる知恵だとか生活していく上での掟だとかを、綿々と持ち続けている民族でもある。

風土や地理によって形成された民族性っつうのもあるわけで、何が言いたいかというと、日本には「表と裏」「本音と建て前」っつう避けては通れない社会通念がありますよ、ってことです。

いきなりまじめな文章で、なんか変なんですが。

これ、とても大事なことで、長所は短所という言葉もある通り、何事も完全無欠ということはないわけで、この二面性の社会通念を忘れると大変なことになる。と思われる。

本音と建て前。
表と裏。
ですよ。

そういう側面から、あびる優の窃盗ばなしを斜めに見てみた。


まず、『カミングダウト』という番組であびる優の窃盗話が問題としてオンエアされる。これはトゥルーで真実というオチ。この後、ネットで「おいおいおいテレビで窃盗話していいのかい」ってな具合で大騒動。

このあたりは検索すると、それこそゴマンとヒットするので、これ以上は省略する。まとめサイトもあるけど、リンクも面倒くさいので省略する。
探して(笑)

デ。
まず、番組の放送元である日本テレビが不適切な内容だったとお詫び。
ニュースになる。芸能ニュースなのかな?
ついで、あびる優所属の事務所(ホリプロ)の公式HPに謝罪文が載る。
活動自粛と担当マネージャーの処分。

こんな感じですな。
んで、おわり。

そう。おわり。
テレビのニュースになることもなければ、バラエティの芸能ニュースで取り上げられることもなかった。
おわり。

そりゃ、北朝鮮の核問題や拉致問題に比べると小さな問題であるが、終わり方があまりにも不自然。
ネット上では、この終わり方を不服とし、今なお叫弾が続いている・・・

色々考えた。無意味なことだけど。
ひとつには、ホリプロが在京キー局に対して絶大な力を持つ、最強プロダクションであること。
これ重要。
キー局に出入りする人はわかると思うけど、ホリプロ、ジャニーズ、吉本は絶大な影響力を持っている。それら所属のタレントが出ない番組はないでしょ?
だから、恣意的でなくても、影響力はあるわけ。

民放というのは、公共の電波を使用しているけど、仕事は番組を提供することではなくて、公共の電波を切り売りすること。

だから、ユーザというかお客さんは視聴者ではなくスポンサーである。
ここを間違えるといけない。
民放のお客さんは、あくまで民放がおさえている公共の電波を時間単位で買ってくれるスポンサーであって、副次的な生産物である番組を観る視聴者では決してない。

だから、視聴率視聴率といっている。
お客さんであるスポンサーに対し、唯一客観的事実として提示できる「数字」だから。ま、視聴率の内容是非については異論もあろうが、ここでは重要ではないので省略。

んで。民放の営業努力とは、番組の質の向上ではなく、視聴率の向上。視聴率の向上のために番組の質(内容の方がいいかな)を向上することはあっても、第一義は視聴率である。

とは言うものの、視聴者である一般ピープルは風見鶏で無知で無能な我々である。民放もいろいろやる。視聴率のために。
テレビ倫理委員会かなんだか、似たような名前の団体なり社内部署なりがあるが、それは、あくまで奇麗事でしかなく、つまり表ですな、真実はそういうことです。つまり裏ですな。

そういうものとして見ると、今回の騒動もおもしろい。
世の中やったもの勝ち。それをやった。今までならスルーだったけど、ネットという底の見えない新しいメディアというか共同体というか、得体の知れない網があることを甘く見ていた。
それでこの始末。

まず、建前として、万引きはいけない。
そりゃそうだ。
本音として、万引きくらいいいじゃないか。
そりゃそうだ。
というのが、日本テレビにしろホリプロにしろ見え隠れする。

そりゃ、表だって「万引きくらいいいじゃねぇか」って公式に発表はできないわな(笑)
でも、誰だって完全無欠ではないし、法に触れることはしたことがありませんって奴はいないっつうの。
道路を見てみればわかる。
誰も制限速度を守っていない(笑)
1㎞でも速度オーバーなら、それは法律違反だろ。
制限速度40㎞のとこを40㎞で走行したら、即渋滞になり、都市機能マヒしちゃうよ(笑)

とは書いても、速度違反を奨励しているのではない。

おわかりですか?
これが表と裏。本音と建て前の社会です。

デ。
日本テレビもホリプロも言っていることは、いい。それでいい。
表だし建前だから。
そういうもんだと分かっている人が大多数だから。
わからないオコチャマもいるけど・・・スルーで問題ない。

問題は、だ。
何故、これをニュースにしない。芸能ニュースのネタにしない。
いつもやってるだろうに。芸能ネタ。
未成年からか。
建前論から言うと、未成年だからこそ、ちゃんとしないといけないのではないか?
こういうご時世だからこそ。
オンエアを見た未成年が、なんだ万引きとか見つからなきゃ笑って話せるネタになるのか、と思うではないか。

と書いていて、これも表であり建前なのかと不安になるが(笑)
ま、そういう問題があるわな。

それもこれもプロダクションが大きいってことにつきる。
でも、いつまでもこの手が続くと思うと大間違いである。
ネットは、そんなに浅いものではない。

だから、この先が楽しみである。
どう転ぶにせよ、である。

同じホリプロの先輩である和田のあっこさんの番組『アッコにおまかせ』では、準レギュラーだったけど、とうとう何もなくスルーだった。
こんなもんなんです。
オトナの社会というのは。

そして、これは決して悪いことではないのである。
表と裏がある。
本音と建て前がある。
そこを見抜かないといけない。

あびる優的には、もう終わりと思う。
事務所的にもテレビ局的にも悪いイメージが付きすぎた。
前回も書いたが、やはり消耗品でしか、ないのである。

それと、これをオンエアした日本テレビは、担当プロデューサーやディレクターの処分は考えていないのだろうか?
この内容をオンエアしたということの方が大問題と思うのだが。

これも表と裏、本音と建て前の闇に消えていくのだろうか・・・


それと。
この件で、ネットでは、もう、ガバーっと叩きに入った。あびる優を。
これが日本人である。
弱いところには一斉に攻撃する。一方向的に。
かの国の人間と違うところは、強いところにも牙をむくところだが、今回の件については、弱いとこに群がった。

そういう日本人の特性が垣間見られて興味深かった。
今回の件は、あびる優らが圧倒的に悪いが、これが違うケースだったらと考えると、やはり日本人は恐ろしいなと、ちと思った。
だからアメリカは未だに日本人を従順にさせることに一生懸命なのだな、と。
強い奴に平気で牙をむくのはアジアでは、日本人くらいだろう。
後先考えないで(笑)それは60年前か。
どっちにも行けるからなぁ日本人は。
かの国の人と違って。

そういう面もある。
私もあなたもそうなのだ。
あびる優をいくら指摘したとしても、私もあなたも表もあれば裏もある。本音もあれば建前もある。

神様は、どこにもいないのだ。

次の記事:愛の甲子園
前の記事:愛の季節の変わり目
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/37-668939d7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。