2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [真面目系]季節もの > 愛のドンドヤとヤケド

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のドンドヤとヤケド

 2006-01-15(日)
今日1月15日は「ドンドヤ」だった。

一般的には「どんど焼き」と言う。
地方地域によって呼び名は変わるが、正月十五日に行われる火祭りの行事である。

正月飾り(門松やしめ縄など)を竹と藁で組んだ櫓で燃やすのだ。
炎が収まった熾火で、正月用の餅を焼いて食べる。

うちの地元では「ドンドヤ」と言う。
子供会が中心となって毎年行われる。


ドンドヤ(行事自体と竹や藁で組んだ櫓自体もこう呼ぶ)に火を付けるのは子供会年長者の役目である。子供会は小学生しか参加しないので、実質小六の一生で一度の大事な役目。

俺も小六の時にやった。
鼻高々よ。
たいした行事ではないんだけど。

火祭りなので、いちお神事である。
農耕神事に関連すると思われる。
今年一年の五穀豊穣無病息災を願っていると思われる。

既に一般化した行事なので、かしこまった神事というより町内のイベントって感じである。

神主も来ないし。
ドンドヤは大人たちが作ってくれるし。
火もライターとかで適当につけるし(笑)

一年に一度のイベントであるが、不覚にも画像を取り忘れた。
イメージがわかるようなページを見つけたのでリンクする。

音が出るので注意
神社のお祈りBGM!
笑ってはいけない。
軽く怖いかも。

■どんど焼き

ドンドヤの櫓は、リンク先よりもずっとずっと高い。
餅を焼く画像は、同じだね。こんな感じ。

熱いので竹の先に餅を挟んで針金で巻いて熾火にかざす。
農家のやつとか、座布団みたいな鏡餅をくくりつけてくるのよ。もう自慢!みたいな感じで。
でも、重いので竹がしなって苦労する(笑)
二段三段に竹に挟んでくる猛者もいる。

海釣りみたいに、テコの原理で竹の途中にささえ棒をして気長に餅が焼けるのを待つ。
お砂糖・醤油・海苔・納豆など各家庭から持ってきて、各自食べる。
お裾分けもあるので、みんなで食べる。

正月最後の行事になる。
元旦→七草粥→成人の日→ドンドヤって感じ。

今日を境に完全に通常モードになる。
もう門松もしめ縄も燃やしてしまってないからね。

姪っ子小三とマエストロ少尉が参加した。
小三と小一だから。

そしてマエストロ少尉は泣きながら戻ってきたのである・・・


竹なので、はぜる。
そのはぜた燃えかすを、何を思ったかマエストロ少尉、右手でしっかりと掴んだそうだ。

もうアホかと。


アチィ!!!!


となって家に戻ってきたのである。

ある意味、勇気あるヤツだ(笑)
燃えかすとはいえ、煙を出している竹炭を素手で掴むんだもんなぁ。

ヤケドして当たり前。

開口一番こう言った。

「リバテープ持ってきて!」

リバテープとは、以前元Do As Infinityボーカルの伴都美子が「東京に来て通じなかった方言」とテレビで言っていた、あのリバテープである。

これは記事にしたので、過去記事を参照されたい。
■「愛の伴都美子」

絆創膏のことである。
バンドエイドのことである。

過去記事にも書いているが、地元では、なにか怪我すると「リバテープ」なのである。
特に子供の頃は(笑)

この呼びかけに対応したのが、先に帰っていた姪っ子小三。
身障者なので、ちと不安に思ったのかマエストロ少尉、念を押した。

「セロファンテープじゃないよ!リバテープだよ!」

姪っ子小三、その念押しにプチ・キレ。

「わかってるって!何でもいいの?」

マエストロ少尉。
「リバテープなら何でもいい!」

サイズのことを聞かれたと思ったらしい。
しかし、姪っ子小三はサイズのことではなく、種類のことを聞いていたのだ。

姪っ子小三が取り出したのは、少女雑誌の付録についてきた少女漫画キャラクターの絆創膏!

ピンク色である。

それをマエストロ少尉に持っていた。

「これじゃな~い!」

とマエストロ少尉。
おまえ、なんでもいいって言ったじゃねぇか。

その頃になると、マエストロ少尉の祖母が「どうした?どうした?」とやって来て、ヤケドしたと知ると「馬の油だな」とひとこと。

馬の油はヤケドの特効薬なのだ。

油と聞いたマエストロ少尉、なにを勘違いしたか大泣きしだした。

「あぶらは嫌だよぉ」

天ぷら油を連想→熱いを連想→ヤケドを実感らしい。
これは薬だ! と説明されて塗って貰っていた。

夜になると、水疱(みずぶくれ)もなく、目立たなくなっていた。

負傷マエストロ少尉










寝起きで目が半分閉じているマエストロ少尉。
手を見せてみろ!と言って撮影。

どこヤケドしてんだよ?

うっすらと水泡よく見ると数カ所に水泡(痕)










なんだよ、これ(笑)
確かに写っていない手の平全体赤くヤケドの痕だらけだけどサ。

全然大したヤケドじゃない。
こんなのは怪我のうちに入らない。

そこから怪我自慢大会である。

「おれは病院のストーブにスライディングして中指に大ヤケドしたよ。ケロイド状になって今でも残っている」

「これは庭で火遊びをしていて、燃えかすが左手に飛び散ってヤケドしたあとだ。手の上でまだ燃えてたよ。ばあちゃんには内緒にしてた。怒られるからな。火遊びしてたって」

「この傷はもうわからないけど、料理中に油まみれの牛肉が手の平にのっかったやつだ。熱かった熱かった。でも牛肉も旨かった

「これは子供の頃の喧嘩の傷だ。殴ったら相手の歯で皮がえぐれた。これも。これもだ。喧嘩するとわかるけど、歯ですぐ拳切れるからな。相手も痛いけどこっちも痛い。だいたい殴り合いしたら拳の血はほとんど自分の血だよ。高学年になると殴り合いの喧嘩するから、おまえもわかるよ」

「こういう怪我もしたなぁ。でもばあちゃんには内緒だった。え?なぜ内緒かって?そんなこと話してみろ。怪我するような遊びしてって怒られるじゃないか。だから怪我したり学校で怒られたら、黙っていたよ。話したら、また怒られるからな。よく覚えておけよ。そうそう、お風呂一番つらいぞ。何事もなかったようにしなきゃいけないからな。しみるしみる

水疱が無かったので不思議だった。
姪っ子中三に聞くと「マエストロ少尉、自分で水疱破ってた」とのこと。

「そんなことをしたら、ばい菌が入ってもっと悪くなるぞ」と脅しておいた。

そんなこんななドンドヤの日。
季節は、ゆっくりとだが、確実に春に向かっていく。


Tags:

次の記事:愛の日本語テスト
前の記事:愛の大帝の剣
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/342-24c58450
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。