2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]映画系 > 愛の映画女優 その名はマレン

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の映画女優 その名はマレン

 2005-02-16(水)
マレン・エッゲルトという女優さんがいる。
ドイツの女優さん。
この人、とてつもなくキレイ!

純粋なドイツ人かどうかはわからないけど、名前は思いっきりドイツ人だし、身長も高いので、やっぱドイツ人だな、と。
もう、膝から下が、スラーっとしていて格好いい。長い長い。もちろん脚も長い。
コートを着ているとこなんて、もう完璧である。
 
何度も書いているけど、背の高い女性は、もうそれだけで合格な美的感覚の持ち主だけど、この人の背の高さは気品すら感じる。
スタイルもいいし。
とにかくキレイな女優さん。
びっくりした。
 
イザベル・アジャーニ以来だな、こんな美人な女優さん見たの。
そういえば、イザベル・アジャーニも母親がドイツ人だったなぁ。
ドイツ系の女優さんはキレイな人がいるわ。
 
あ、でも、イザベル・アジャーニの父親はトルコ系なんで、そっちの血かな?
トルコは世界三大美人大国のひとつだから。
バレーボールのネスリハンも無茶苦茶キレイだったでしょう。
 
とにかく、
 
覚えといて。
 
出演映画については以下に書く。


手っ取り早く観れる映画は『es[エス]』。 es[エス]










DVDビデオがあるのでレンタルショップに行けば、ある。
日本未公開らしいけど、単館上映はやったみたい。

単館上映映画は衛生兵2号が好きだね。よく行ってたと思う。
余談だけど。

これ、ドイツ映画だったのでセリフも、もちろんドイツ語。ドイツ語は切れがあるので、余計に格好良かった(マレン・エッゲルトが格好良かったって意味っす)。

内容は、リンク先を見て貰えればわかるけど、とてもヘビーです。
年齢制限必要(単館上映時も確かR13かR15だったんではないか?)だけど、それは暴力描写とか性描写とかではなく、精神崩壊描写がとてもリアルだから。

心理学の実験で普通の人が狂気に走る様が描かれている。
でも、基本的にエンターティメントな作りになっているので、あっという間に見終わる、はず。

おれは、おもしろかった。
かつ、段々と怖くなってくる映画だった。
そしてマレン・エッゲルトの美しさに痺れたね。

まぁ、アイヒマン実験みたいなことをやるわけです。
(この実験も有名ですな。別にナチのアイヒマンが実験したわけではないよw)
リンク先でよくわからなかったら、リンク先にある参考URLがわかりやすと思う。

『es[エス]』は、、スタンフォード大学の監獄実験ってやつが元ネタ。

まぁ、マレン・エッゲルトがどれくらいキレイなのか観てやろうってな気持ちでこの映画みると、ちょっとショックを受けます。
それくらいヘビーな内容です。

でも、マレン・エッゲルトの役が、いまいち意味不明なとことかあって、それはそれでおもしろい、かもw

とにかく、マレン・エッゲルトがキレイだった。
これに尽きるw


次の記事:愛の迷惑メール
前の記事:愛の隣国迷惑驚愕ばなし
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/33-074d8d85
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。