2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛の日本酒あらばしり

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の日本酒あらばしり

 2006-01-09(月)
日本酒醸造には色々な工程がある。

寒い冬を過ぎると旨い酒が出来上がるわけだけど、日本酒の「搾り」作業が燻製作りで参考にしているのこっ太さんのブログ「酒と友と燻製の日々」で紹介されていた。

あらばしりである。
荒走、新走と書く。


日本酒を醸造するときに原料を混ぜる。
米とか酒酵母とか。

この原料が混ざったものを醪(もろみ)という。
混ざっているので酒粕も入っている。

その醪(もろみ)から清酒と酒粕を分離させる。
これを上操(じょうそう)という。

この上操(じょうそう)のことを「搾る」と表現しているわけサ。

何も醪(もろみ)をギュッっと搾っているわけではないヨ。
酒袋に醪(もろみ)を入れて槽(ふね)と呼ばれる醪(もろみ)を搾る道具の中に並べるのだ。

ちなみに槽(ふね)は、その形が船の平底に似ているところから、こう呼ばれる。
そして、この上繰(じょうそう)の担当者のことを「船頭(ふながしら)」と呼んでいたそうである。

槽にいくつもいくつも酒袋を積み重ねて並べる。
すると酒袋の自重で自然とお酒が搾られてくる。

この搾られた清酒を「あらばしり」というのである。

白く濁っていて、炭酸ガスが残っているため少し酸味がある新酒である。
のこっ太さんのブログの画像を見ると、この工程がよくわかる。

とても寒そうな画像でもある(笑)
出来たてホヤホヤのあらばしりは白乳色でミルクみたいである。

さぞ旨い酒であったろうと思われる

のこっ太さんブログの最近の画像には豪雪が多い。
今年は雪が多いから。

こちらは南国で2センチも積もったら、
凄ぇぇぇ真っ白だぁぁぁ」となるが、桁が違う(笑)

以前は日本酒醸造最南端の県であったが、最近沖縄で醸造されたので、今では沖縄が日本酒醸造最南端の土地である。

が、これには異論がある関係者も多そうである。

マ、日本酒つくりに欠かせない酒酵母が出来る最南端は、以前として我が県なのであるが(笑)

なお、こちらでは「酒をください」と飲み屋で言ったら焼酎が出てくるよ。
マジで。

九州で「酒」といえば「焼酎」のことなのだ。
純米焼酎、麦焼酎、芋焼酎とある。
旨い

九州人なので、実は日本酒より焼酎なのである。
高級な日本酒というのは、いろいろな評価が有ろうが、恐らく、限りなく水に近い品質になる。

酒と感じさせない繊細な味が高評価になる。
でも、旨い水には勝てないんだナ。これが(笑)

俺の住んでいる市は100%地下水を利用している。
すなわち、水の都なのだ。

明治の頃、当地に赴任した夏目漱石は「森の都」と評した。
緑が栄えるには水が大事なのである。

だから、旨い水ばかりある。
それらで作られた蒸留酒である焼酎は、絶品である。

日本酒は醸造酒である。
発酵してつくる酒。

蒸留酒は、その醸造酒を蒸留してつくる酒。
ウイスキーやウォッカやブランデーとかね。
総じてアルコール度が高い酒である。

地元の女子は酒が強いよ。
蒸留酒で鍛えられているから(笑)

平気でウォッカとか飲みやがる。
テキーラで潰そうとしても自分が潰れてしまう。
だから、九州の女を酒でどうこうしようと思わない方がいい。
あなたが先に体を壊す(笑)
間違いなく、ね。

そういう土地ではあるが、いい酒酵母もあったりして旨い日本酒もできる。
東北のお米には適わないが、こちらには絶品の酒酵母と水があるのである。
そして、寒い冬もある。

これで旨い日本酒が出来なかったら酒蔵失格である。

うれしいことに、俺はお酒が大好きなのだが、とてもお酒に弱い。
そういう体質である。

これは有り難い。
なぜなら、これでお酒に強い体質だったら、いったい毎日どれくらいの酒を飲むのか想像つかないからである。

そう言えば、オヤジがこう言っていた。

「昔は、酒(ここでは焼酎の意味)をお湯で割ったり、水で割ったりしていなかった。そういうヤツは軟弱ものとして軽蔑されていた」と。

だから生(き)で飲んでいた、と。
焼酎を生で飲むのかい!と思ったが、よく考えると、うちのオフクロも姉もお酒(日本酒、焼酎、洋酒すべてのアルコール)を割って飲むのは好まなかったナ。

なんと、ロックすら否定していた!

「だって、ロックって氷入れるから。溶けると薄くなるでしょ」って。

やはり九州の女は強い!のである。


■関連情報
あらばしり(のこっ太さんのブログ「酒と友と燻製の日々」より。迫力ある画像が日本酒醸造の「あらばしり」を伝えてくれます。一度は酒蔵で飲んでみたい!みたい!みたい!)
新走(あらばしり)
(月桂冠のページより。あらばしりについて。う~ん豆知識満載だ)
日本酒 最南端
(Googleで「日本酒 最南端」というキーワードで検索した結果。いろんな県が「おらがとこが日本酒醸造最南端!」って言ってます(笑)でも沖縄で作っちゃたから間違いなんだよね。いろいろ言い分はあろうけど)
本醸造 黎明
(日本最南端の地、沖縄で醸造された正真正銘の日本酒。酒酵母はどっかから買ってると思う。そして、それは沖縄産ではないと思われ。つうことは、純粋な意味で国内最南端の純粋な日本酒ではないと思われ)



次の記事:愛のwebサイト売買専門サイト
前の記事:愛の太宰府天満宮と椎の実
関連すると思われる記事
Loading


コメント
いや~、おいらも基本は「生」です。カクテルベースに使うリキュールも、とりあえず「生」の味を確かめないと気が済みませんwww当然焼酎も「生」です。ちなみに「ロック」は氷が溶けて来ると「チェイサー」扱いとなります(^▽^)
【2006/01/10 09:20】 | のこっ太 #NM4HJidA | [edit]
そうですね。氷り溶けると高級な「チェイサー」になります。なります。

【2006/01/10 19:34】 | ごぞんじ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/329-4c0ba120
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。