2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛の餅を食べる

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の餅を食べる

 2006-01-02(月)
正月は餅。
餅である。

発砲スチロールに入った納豆ではなく、藁に包まれた田舎納豆に塩をチョイと加えて混ぜた納豆を焼き餅と食べると、オイラは至福の時を感じることが出来る。

餅は納豆に限るナ。
餅も、スーパーで売ってあるような切り餅ではなく、杵でついた餅の方が旨い。
ところどころに餅米の原形を残していたりして歪な形だったりするが、機械で作った餅よりも固くならないのだ。

餅網で焼くと、こうプカァァァと膨れてくれる。
網に面したとこはいい塩梅に焦げてくれる。

これぞ、正月の餅である。

鉄網と杵突き餅膨れる餅くん










隣の家は大工さん。
建設業ね。

毎年、餅をつく。
大工だけに、手製の杵と臼でだ。


年末に例年通り「餅つきしましたからぁ」と頂いた。
餅米もいいものを使っているので、最高の餅である。

機械でついた餅と置き比べてみると、杵でつく餅は、なかなか固くならない。
でも正月用なので、年が明けるまでは食べてはならないのだ。

雑煮に入れたりするが、今日は、焼き餅にした。
もちろん納豆(藁に入った納豆)で食べたよ。

納豆の画像はないが、雑煮やオールスターかくし芸大会がなくても、正月気分を味わえるおれ用のアイテムである。

旨かったよ。
3つ食べた。

次の記事:愛の燻製づくし
前の記事:愛の燻製卵とスモークチーズ
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/318-48618a6f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。