2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛の大晦日

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の大晦日

 2005-12-31(土)
早いもので大晦日。
月末を晦日というので、年末は「大晦日」。

舞台などの最終日を「楽日」というが、大相撲最終日の「千秋楽」も上に似たような感じである。

大掃除もした。
鳥ハムも仕込んだ。

鳥ハムは、出来上がるのは年明けであるが、桜チップでスモークして食べようと思っている。
チーズとカマボコもついでに薫製にする予定。

地元名物の馬刺しもあるし、餅もある。
あとは正月を迎えるだけである。

この幕僚日誌でも何度か書いているが、近所にお寺がある。
歩いて数メートルの距離だ。

毎年、除夜の鐘をつく。
港区司令部時代も帰省するたびについていた。

108発以上鐘は鳴る。
来る人を拒まないお寺だからだ。

子供の頃に剣道を教えて貰った住職は健在だけれども、いまは二人の子息が表舞台で頑張っている。
俺にとっては弟のような二人だ。


二人とも、姉のことは「ねーちゃん」と呼び、俺のことは「にーちゃん」と呼ぶ。
今でもそうだ。

一昨日の地元夕刊に社会面トップで、このお寺の事が載っていた。
大晦日イベントのことだ。

地元テレビ局にも地元新聞社にも友人がいるらしくて、よく取材される。
マ、テレビや新聞の社会面に載るのは、コネがらみというのがよくわかる一例でもある。

ここ数年、除夜の鐘をつきにくる人が増えた。
地元(町内)だけでなく、遠方からも来ているのだ。

いつの頃からか、整理券を配布するようになった。
でも、マ、この整理券もお寺に顔を出せば「にーちゃん!これこれ!」と勝手にくれる(笑)

配布時間とか決まっているはずなのに、お構いなしな二人。
これはこれでいいのだ。

「ああ、暇ならつきにくるわ」とつれない返事をしても、にーちゃんは必ず来るサと楽観した笑顔が戻ってくるだけである。

確かにそうなんだけどネ。

サテ。
今からマエストロ少尉を連れてお寺に顔を出すことにしよう。

今年も大なり小なり色々なことがあって、来年も同じように色々あるはずである。
ひとつ年をとることは確実だけれども、その分賢くなるかは不明である。

やはり来年も、愚かな旅人なのであろう。
東から日が昇り、西に日が沈む。

幕僚日誌をご覧の皆様、今年も有形無形にお世話になりました。
良いお年をお迎え下さい。



P.S.
さっきお寺に行ってきた。

「何時にくればいい?」

と、暗に整理券もらいに来たゾという意味を込めて言った。

「11時。11時に来て!」だと。

なんだよ。
今年はくれねぇのかよ!

マ。
ボランティアの若者たち多数と掃除やら準備をしていたから。
そりゃ、やりにくいわな(笑)

帰り際、マエストロ少尉に声をかけていた。

「小林幸子観たあとにおいでネ!」

マエストロ少尉曰く、

「こばやしさちこって誰?」

怪獣おばさんだよ、と説明しておいた。

次の記事:愛の燻製卵とスモークチーズ
前の記事:愛の焼き芋と焼きみかん
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/316-675cafbb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。