2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛の悩みドットジェイピー

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の悩みドットジェイピー

 2005-12-28(水)
悩みドットジェイピー。

なんのことかわからないけど、これをアルファベットにしてブラウザに打ち込むと、そういうサイトに行く。

nayami.jpなわけだ。
正確には、あたまにwwwが付く。

その名も「悩みドットジェイピー

いや、なに、@niftyの瞬ワードという、今もっとも検索されているキーワードにあったもんだから、気になって。

検索されているといっても、恐らく@niftyだけなんだろうけど。確か、ニフティはGoogle検索エンジン使っていたんではないだろうか?

デ。
このサイトに行くとわかるんだけど、基本的には通販サイトなわけよ。
トップページから化粧品やら浄水器やら健康器具の広告があって、女性をターゲットにした構成になっている。

それはいい。


ページの下の方に、悩み項目があるんだけど、これも女性に関する悩みが多数。体の悩みや生活の悩みや贈答の悩みなどの項目でね。

FAQ方式みたいに、こんな悩みには、この回答みたいなものを想像すると裏切られる(笑)

個別の悩みページも基本的に通販サイト。つうか、商品の紹介
うまいもんだね。

こういう時ってどうなのかしら?
って悩み事に対して、

これがいい!
って商品を紹介して、かつ販売してるから。


どこにも悩み相談がなく、
悩みの回答もない(笑)

という凄いサイトなのだよ。


通販、アフィリエイトのサイトですって書いてあった(笑)
お悩み相談室ライクなサイトと勘違いしちゃったよ。
orz


基本的に、健康食品とか一部化粧品とか運動器具とかの販売方法そのままなのが笑った。

女性用雑誌って、広告宣伝が雑誌半分くらいあるんだけど、マ、それのWeb版みたいなもんだよね。

いや、しかし女性雑誌の広告宣伝つうのは、男性には窺い知れない神秘さがあるね。こう生理的な構造の違いからくる商品の違いつうかさ。

下着とかは、まぁいいとして、生理用品なんか男性は、絶対にわからないもん(笑)

女性が美しくありたいと思うのは本能なので、化粧品に関することも男性はいまいち理解に欠ける。

逆に男性は強くありたいと思う本能があるので(肉体的に)、それは女性にはいまいち分かりにくいと思う。

上は余談。

一番おもしろかったのはね、悩み分類の「レディス・ケア」って項目。
女性特有の項目ばかり集めてあるものね。

なので男性には縁もゆかりもないもの。
では、ないんだけどね、ものによっては(笑)

項目は10あった。

①コンドーム
②潤滑ゼリー
③膣洗浄
④妊娠検査薬
⑤排卵検査薬
⑥婦人体温計
⑦カロリー計算機
⑧塩分計
⑨マタニティハーブ
⑩妊娠線・修復/予防
 
おおう!と唸ったね。

男性にはわからない項目がある。
わかる項目もあるんだけどね。

妊娠に関する項目は、基本的に夫婦なら旦那と妻での話になるからね。
いわゆる家族計画。
夫婦以外でも必要な場合とかがあるけど、それは、ちと重い話になる。

カロリー計算とか塩分計とかは、健康管理に関することで、これは女性に限ったことではない。

コンドーム、潤滑ゼリー!
これ、ラブホの部屋にある自販機とかにもあるんだよね。
エロ本の広告にもあるし。

コンドームのページって、女性用コンドーム商品の紹介とかしてるんだよ。
マイルーラみたいなもん?

コンドーム(男性用)に関しては、女性に特化した項目ではないけれど、このサイトが女性をターゲットにしているので、この分類なんだろうな。

男性でも女性でもコンドーム(男性用)は、財布の中なりに入れて持ち歩いた方がよい。

いや、正しい使い方(エッチ用)のためではない。
手軽なサヴァイバル・グッズとしてのコンドームという意味だ。

米軍のサヴァイバル・キットの中にはコンドームが入っている。
これは2つの意味がある。

ひとつは、道具としてのコンドーム。
コンドームは薄くて小さい。そして、とても丈夫である。
水を入れる容器にもなるし、弾力性を利用してゴムとして使える。
とても便利なギアなのだ。

もうひとつは、精神的なよりどころとしてのコンドーム。
普通コンドームを使う場面というのは、平時である。怪我も病気もしていない平和な場面で使う。

おまけに相手もいる。
普通は女性なんだけど、同性もいるかもしれない。
基本的には愛し合っていて、お互いを必要とし、精神的な安らぎがある。

なので、米軍では、過酷なサヴァイバル状況下でモチベーションが下がらないツールとしてコンドームを評価している。

これを使うまで生き抜いてやるぞ!

ってな意味ですな。

このモチベーションというのは、とても大事なのよね。
軍人でもない、専門の訓練も受けていない人が遭難して、炎天下の砂漠を歩いて生還したことがある。

これは「生き抜く」という精神力、モチベーションが気力となり生還したわけだけど、体はもちろんボロボロ。

訓練でサヴァイバル技術があったとしても、気力がなければ死ぬしかない。
そういう観点から米軍はコンドームをサヴァイバル・ツールとしてみている。

極限状況下で最後にものをいうのは精神力ってことですな。
合理主義のアメリカの軍隊が、こういう理由で採用しているということに意義がある。

だから、俺の財布にも入ってるよ(笑)
サヴァイバル・グッズとして。

上も余談。


本題はね、膣洗浄!

これは男性にはわからない。
最初ね、エッチしたあと、かつ中出し後の洗浄と思ったのよ(笑)

商品の説明読むと、違うのね。
生理終わりかけの洗浄とかに使うのね。

大変だなぁ女性は、と思う。
生理も大変だもんねぇ。
生理痛がひどい女性を見ると、こちらも凹むもんなぁ。

子供を産むことができる女性の体ってのは、偉大だ。
この一点だけみても、男性は女性に劣るということがわかる。

膣洗浄。
これ、絶対、最初に俺が思ったことにも使ってるよね?
違うかな?

とにもかくにも、女性用サイトは、男性からみると摩訶不思議なサイトであるということです。

お月さんが訪れる女性のみさなん。
お疲れ様です。

いつも優しいですが、こういう専用の商品とかを見ると、改めて女性には優しくしてあげなければいけないなと思いますた。


おれは何度も血まみれになったなぁ・・・
えへ。


■関連情報
悩みドットジェイピー
(女性のお悩みサイトみたいな通販サイト。でも悩みが解決することはないと思う。商品買わされて終わりかな。それとも俺の読みが足りないのか?男性が見れば、おもしろいサイトですた)


次の記事:愛の焼き芋と焼きみかん
前の記事:愛のHappy Holidays
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/314-3e37aea0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。