2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛の釜揚げおろしうどん

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の釜揚げおろしうどん

 2005-12-23(金)

あっさとした、サッパリとしたものが食べたくなった。
和食系だなと、考える。

そうだ!うどんにしよう!

買い置きの「袋入りインスタントうどん」があったはずなので探していたら、化粧箱に入った生麺タイプのやつを見つけた。
賞味期限を見ると、生麺タイプなのでギリギリだった。

和食の麺系は「ざるそば」や「ざるうどん」の冷たい麺が好きなのだが、ここ最近寒いので、温かい釜揚げ系にして食べることにした。

化粧箱を見ると「釜揚げおろし」とデカデカと書いてあった。
好都合だ。

うどんの箱










「おろし」とは「大根おろし」のことだ。
はて?大根あったっけ?と考える。

いつもおいしい大根をくれていた隣のおばあさんは、先日亡くなった。
そのことは過去記事に書いた。
(;´Д⊂)

もう、あのおいしい大根は貰えないんだなぁと感傷に浸る。
浸るが、食欲で( ゚д゚)ハッ!と我に返る。

道路を挟んで隣の家のおばちゃんから、確か大根を貰ったような・・・
探してみた。
あった。


泥付きの立派な大根を貰っていたのだ。
隣の家は大地主である。
豪農なのだが、いまは土地を貸しまくっている。
もちろん農地も。

なので、貸している農地から通称「年貢」と呼ばれるお米や野菜がたくさん貢がれる(笑)
たくさんもらうので、よくお裾分けに与る(笑)
今回の大根もそれ。この大根で大根おろしを作ることにした。

化粧箱から中身を取り出す。
2人前入りのうどんとつゆが入っていた。

釜揚げうどんパッケージ釜揚げおとしうどんのツユ










つゆはストレートタイプなので、そのまま使うことにした。
生麺なので湯がかないといけない。
たっぷりのお湯が必要なので、大きめの鍋を火にかける。

鍋用意










お湯が沸騰するまで、大根おろしをすることにする。
セラミック製のおろし器である。
このタイプは見た目より、すれるんだよね。

底に滑り止めが付いていて、がっちり土台をフックするけど、この滑り止めがもう経年劣化で役にたたないのよ。
なので、片手で器をホールドしたまま大根をおろす。

大根おろし用意










ゴリゴリやっていたら、お湯が沸騰した。
まだ、大根おろしは十分ではない。

鍋沸騰完了










うどん麺を投下して、軽くまぜまぜする。
そして大根をさらにおろす。

鍋にうどん投下!軽く攪拌したりして










2人前入りを2袋使った。
すなわち4人前分。

食べれないことはないなと思いつつも、ここで半分は冷たい麺にしようと決意する。
大根がおろし終わった。

大根おろし完成










ぱっと見た目は、ミルクシャーベットみたいだが、指で味見すると、甘みがあり旨い。

せっかくなので釜揚げは土鍋を使うことにした。
1人用の土鍋があるのだ。
なんと、この土鍋、もともとはプリンが入っていた器なのだ。

近くの洋菓子店で「土鍋プリン」として売っている。
ものすごい量のプリンである。
今度、買った時は、そのプリンの画像を載せてみよう。

土鍋に麺を移す。

釜揚げうどんイン土鍋










残りの麺をざるに上げて、水洗いする。
水がとても冷たい。

ざるがすぐに見あたらなかったので、サラダ用の器に盛る。
つゆも、釜揚げ用には「しょうが」を入れて、冷たいざるうぞん用には「わざび」を入れた。
冷蔵庫にあった、ネギも入れる。

そして、たっぷりと大根おろしを入れる。

おろし釜揚げうどん!完成おろしざるうどん!完成










左が釜揚げおろしうどん。
右がざるおろしうどん。

つゆの器の左側にある黄色いのが「しょうが」で緑色が「わざび」。
ねぎは大根おろしの下に隠れている(笑)

両方ならべると、こんな感じ。

おろし釜揚げとざるうどん










いただきます!

アツアツの釜揚げおろしうどんから食べる。

旨い!

暖まるぅぅ。
しょうが」が舌の上を洗い、大根おろしが甘みを出してつゆにとけ込んでいる。茹でているにも係わらず麺は十分な歯ごたえを維持している。

はふはふ言いながら食べる。食べる。食べる。

近くに姪っ子とオフクロがいたので、いつのまにかざるおろしうどんを食べていた。
おいしい!これ!とナイナイの岡村のように叫んで食べている。

今度は冷たいおろしうどんを食べる。
わざび」の刺激が鼻に抜け、一段と歯ごたえのある麺を噛むと小麦粉の味がじわっと口の中に広がる。大根おろしのシャリシャリ感が耳を伝ってさらに食欲をかき立てる。

旨い!

姪っ子とオフクロは、今度は釜揚げおろしうどんを食べている。
4人前を3人で食べた。

両方完食!










完食。
ごちそうさまでした。

大晦日の年越しソバは、温かいのと冷たいのどちらにしようか悩むのである。
恐らく両方食べると思う。

日本人でよかったぁ。

次の記事:愛のHappy Holidays
前の記事:愛のGyaO(ギャオ) 裏技編 補足
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/312-6634e5af
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。