2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]テレビ系 > 愛の忠臣蔵

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の忠臣蔵

 2005-12-14(水)
今日12月14日は、赤穂浪士吉良邸討ち入りの日だ。
忠臣蔵。

303年前か。
大昔だな。

NHKの『その時歴史が動いた』の双方向企画『歴史の選択』で赤穂浪士のことやってた。

討ち入りに参加した組と参加しなかった組を比較して、どちらを選択するかって企画。


アホか、と。


そんなもん、討ち入り参加組に決まってるじゃん。
現在の価値観で過去を判断するなんてナンセンス以外のなにものでもない。

ダメだな、やっぱりNHKは。


江戸中期の元禄太平の時代であっても、侍の時代だったんだから。
なにより、その後の四十七士の人気が物語ってるじゃん。
世間は、討ち入り組を評価したし認めているんだよ。
だから今でも泉岳寺には線香の煙が絶えない。

そもそも、江戸城刃傷沙汰のときに、幕府が片手落ちの沙汰をしたのが原因だしな。喧嘩両成敗って明文化された法律があったのに。

綱吉はアホってことで。

吉良の首ひとつに狙いを定め本懐を遂げた四十七士に誉れこそあれ、疑義はない。不参加組は卑怯者で世間からつまはじきされて当たり前であるのだ。

それわかってて不参加だろうに。生きながらえている分、なんだかんだと言うんだよなぁ。そんなのは美しくない。侍なのに。
討ち入り後、切腹したやつはナニも言えないのにな。

久しぶりに忠臣蔵を観たくなった。
東映の『赤穂城断絶』がお気に入り。

赤穂城断絶

萬屋錦之介と千葉真一だな。『柳生一族の陰謀』ライクなノリがいいんだよな。
なぜなら監督が深作欣二

殺陣のシーンでは真剣使ってるし(笑)
貧乏くさい不破数右衛門(千葉真一)が最高!
吉良上野介役は金子信夫だよ(笑)

忠臣蔵は泣ける話が多いけど、東映のチャンバラ映画もすかっとする。

柳生一族の陰謀

柳生一族の陰謀は、もう成田三樹夫に尽きるな。
のちテレビ版でもおいしいところ独り占め(笑)
まろ言葉は流行ったよ。

成田三樹夫はアレだな、リアル銭形警部だよ。
松田優作の『探偵物語』で「工藤ちゃぁぁぁん」って追い回す服部刑事役の人。

探偵物語


いかんなぁ。
話がそれまくっている。忠臣蔵の話だったのに・・・


最後に大石内蔵助の辞世の句を。
たぶん、後から作られたんじゃって思うけどね。
あら うれし
思いは果つる 身はすつる
浮き世の月に かかる雲なし
泉岳寺に行きたいナ


■補足

今日の0号の記事はおもしろかった!

衛生兵0号のきりたんぽ
ラーメン屋の奥さん

どこのラーメン屋か気になるなぁ・・・

次の記事:愛の仰木前監督死去
前の記事:愛の寿司の食べ方
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/299-97605037
  • 忠臣蔵【古今チップス】
     14日、NHK「歴史の選択」を観た。 番組の中で忠臣蔵を取り上げ、吉良邸討入に参加するか否かを選択する趣向があった。「理想化をとるか? 現実をとるか?」「正義を選ぶか? 家族を選ぶか?」? 私は迷うことなく、討入に参加しないであろう。 ただし、前者の選択
【2005/12/15 15:39】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。