2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [真面目系]ワンコ > 愛の焼き犬 その2

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の焼き犬 その2

 2005-12-10(土)
昨日、日付が変わったので一昨日か、のニュース。
悲しくも勇気あるニュースがあった。
ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死
[ベルリン 7日 ロイター] ドイツの2階建てアパートで火事があり、出火に気付いたシェパード犬が住人に知らせ、その命を救った。だが自らは窓を飛び越えられずに焼死してしまった。

(Yahooニュースより。全文はリンク先参照)
(;´Д⊂)
泣けるニュースだ。

3人を助け、自らは逃げ遅れて焼死・・・
窓から飛び降りれなかったそうだ。

シェパードは偉いな。さすがドイツの犬。
シュッツフントだ。
勇敢で従順で・・・助けてあげたかったなぁ。命だけは。

いや、待てよ。
もしかしたら、火事に気が付いて助かりたいから寝ていた飼い主を起こしたのかも知れない。


もちろん、連れて逃げるよね?

と思っていたかもしれない。
3人はさっさと窓から飛び降りて助かり、この犬は窓辺でぶるぶる震えながら、ご主人様がきっと助けてくれると信じていたのでは?
そのために寝ているのを起こしたんのだから。

こねぇよ。

そうだったら、さらに悲しいニュースである。
いつだって、人が基準なのである。
そして、これは正しい。

このジャーマン・シェパードに東の国より合掌。
60年前は同盟国だったもんね。

イラクで戦争があろうとも、小一が連続で殺されようとも、マヌケな社員に数百億の損失をくらおうとも、朝は必ずやってくる。
この犬は勇敢で正しいのだ。

そして、俺は犬が好き。
成仏してください。
フランダースの犬の最終回を思い出したよ。

(;´Д⊂)
パトラッシュ・・・


■関連記事
愛の悲しき玩具
(今は亡き我が愛犬ブーなら、どうしただろう?オロオロして一緒に焼死だな)
愛の焼き犬
(古い記事なのでリンク切れ多数)

■関連情報
世界の犬
(ジャーマン・シェパード・ドッグについての詳しい解説)



次の記事:愛のネット障害
前の記事:愛の最後の言葉占い
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/293-0f1e2c1b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。