2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [遊ぶ]テレビ系 > 愛の吉田のおばあちゃん、永眠

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の吉田のおばあちゃん、永眠

 2005-12-06(火)
日本のおばあちゃんとして親しまれてきた女優の原ひさ子さんが亡くなった。

享年96。
大往生だ。
おくやみ 原ひさ子さん=女優
品のあるおばあさん役で、テレビ、映画で活躍した女優の原ひさ子(はら・ひさこ、本名・石島久=いしじま・ひさ)さんが4日午後9時32分、心不全のため亡くなった。96歳だった。

YOMIURI ONLINEより。全文はリンク先参照)
96歳ということは、明治42年生まれか?
うちのばあさんよりも年上だ。

それより、亡くなる直前までボケもせず、女優として活躍していたことが驚きだ。
可愛いおばあちゃんなんだよね。

名前だけではわかんないかな?
デイリースポーツのおくやみ記事だと画像もあるので、確認してもらいたい。
女優の原ひさ子さんが死去
映画、テレビドラマなどの脇役として活躍、「日本のおばあちゃん」として親しまれた女優の原ひさ子(はら・ひさこ、本名石島久=いしじま・ひさ)さんが4日午後9時32分、心不全のため東京都荒川区の東京女子医大東医療センターで死去した。96歳。

デイリースポーツonlineより。全文はリンク先参照。画像もあるよ)
ドラマ『踊る大捜査線』で「吉田のおばあちゃん」役だった女優さんですよ。


TV版の方ね。青島刑事(織田裕二)にお守りを上げるでしょ。交番で。あのおばあちゃん役をやった人。
他にもCMとかドラマで存在感のあるおばあちゃん役やってたよね。

恐らく、ほとんどの人が、この女優さんを意識した時は、すでにずっとおばあちゃん役だったはず。
おれも、そう。

森繁久彌より年上なんだよな。
森光子より10歳以上も年上だし。

クイズミリオネアで確か、500万お持ち帰りしたはず。
「孫に小遣いでも・・・」と言って。
さすがに、みのもんたも1000万挑戦しろ!って強気に言えなかったなぁ。

こういう山田五十鈴や森光子みたいに、女優女優していない非凡なベテラン役者さんが亡くなるのは、天命とはいえ悲しいものがある。

品のあるおばあちゃんの出来る女優さんはたくさんいるが、原ひさ子さんのポジションを演じれる女優さんは、現在はいないと思われ・・・寅さんでおなじみの笠智衆さんと同じで平凡を演じる才能こそが非凡な役者の才能なのだと実感。

リアルのび太のおばあちゃんだったなぁ。

本も出されているとは知らなかった。
癒し系ばばさまの本だ。タイトルも五七五になっている。

ばばさまの俳句は日記つれづれに

母方の祖母を彷彿させる優しい容姿のおばあちゃんだった。

合掌。


■関連情報
読売新聞の訃報
(大新聞の訃報記事らしく、淡々とつづられています)
デイリースポーツの訃報
(画像あり)
あの人に聞きたい 私の選んだ道 原ひさ子
(月刊『進路指導』に連載された様々な分野で活躍中の人々の青春時代や仕事についてのお話。原ひさ子さんは№10に登場。少し読めます。子供の頃は小学校の先生になりたかったそうです)
撮影現場記録
(映画『ワンダフルライフ』の撮影現場とその記録写真集の紹介ページ。短いながらも原ひさ子さんのコメントがある。格好いい。「苦しい思い出も悲しい思い出も、いろんな思い出と一緒に消えてゆくようで、それもいいわねぇ。…」って、この人が言うと重みがある)




次の記事:愛の経県値&経県マップ
前の記事:愛のグーグル・アース Ⅳ
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/287-0670f6a2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。