2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
 
HOME > スポンサー広告> [真面目系]安全保障 > 愛のパリは燃えているか?

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のパリは燃えているか?

 2005-11-09(水)
燃えている。

パリは燃えているぞ!
非常事態宣言キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
外出禁止令権限を知事に 仏暴動、強権発動へ
(Yahooニュースより)

今回のフランス暴動が発生したニュースを知ったときから、このネタは書きたかったのだ。
真っ先に頭に浮かんだのはヒトラーの「パリは燃えているか?」。
なのでタイトルにした。

ちと長くなりそうなので、続きに書く。
関連する映画も音楽も書く。

この暴動の経緯を書くと長くなる。Yahooニュースにまとまっているので、それを参照されたい。全て写真付きの記事。
そして、

パリは燃えている!
フランス暴動ニュースのバックナンバー
(Yahooニュースより)
日本のマスコミ(テレビやラジオ等)は、奥歯にものが詰まったような報道しかしないので、いまいち、この暴動の詳細がわからない。
よく、わからない。

貧困層に位置する移民達が暴動を起こしている。
黒い人たち?
フランスは植民地が多くて差別超大国だった。いまでも差別超大国だ。
植民地はアフリカにもたくさんあった。ナイジェリアとかね。
今は独立した国でも、その当時の名残があって公用語がフランス語なとこは多々ある。

黒人って・・・
またかよ!

もうカトリーナのルイジアナの件でお腹いっぱいなんだよね。
と書いたが、暴動発生地域はイスラム系移民の地域だったそうだ。
イスラムかぁ・・・
難しいな。
アラーの人たちは。

でも、哀しい話だ。
貧しい人々が暴動を起こし、
貧しい人々がその被害にあっている。

もうアレなんだろうね、フランス人。
移民なんて虫けらみたいに思ってるんだろうね。
フランス革命を経て自由と人権を掲げる先進国がお笑いぐさだ。

日本に住んでいる身からすれば、しょせん対岸の火事
どんなに偉そうなことを言っても、現場にいないなら対岸の火事でしかない
そうなのだ。

決して火の粉はこないのだ。
あなたにもわたしにも。
だから呑気にこの日誌も書けている。

フランス人は傲慢だ。
ジョークのネタになる。
プライドの高いおバカさんとして。

そのプライドの高いフランス人が屈辱にまみれたことがある。
そう遠くない過去のことだ。
ナチス・ドイツに占領された時だ。

1940年6月15日、パリ陥落。
ド・ゴールはイギリスに亡命。
1944年6月D-DAY、連合軍ノルマンディ上陸作戦
プライベート・ライアン』ね。
1944年8月25日、パリ解放。
1944年8月26日、ド・ゴールパリ入城。

4年間もフランスはナチス・ドイツに占領されていた。
とんでもない屈辱だったろう。

ナチス・ドイツ総統のヒトラーは、連合国が進攻してきたら「パリを焼き払え!」と命令した。

ジャニー喜多川風に言うなら、

「YOU、アイクの連合軍来たら、パリ焼き払っちゃいなよ」

ってな感じだろうか?

アイクとはドワイト・D・アイゼンハウワーのことである。
ヨーロッパにおける連合軍最高司令官。
愛称は「アイク」。のちの第34代アメリカ大統領である。
ちなみに後任の第35代大統領がジョン・F・ケネディね。
以上余談。

これは、エッフェル塔や凱旋門を爆破し、市街地を廃墟とする命令である。
これが実行されていれば現在、エッフェル塔や凱旋門はない。
あるということは、命令は実行されなかったということだ。

パリ占領軍司令官がヒトラーの命令を無視したためと言われている。
戦争末期のナチスは盤石ではなかったのだ。

連合軍がきたらパリを燃やせと命令したヒトラー。
実際に連合軍が進攻してきた。
戦闘はあるものの結局、ナチスのパリ占領軍は降伏する。
降伏したことをヒトラー知らないから、ここで言うわけですよ。

パリは燃えているか?

燃えてないって。

このパリ解放にまつわる出来事は著名なジャーナリストが本にしている。
出版後半世紀以上経っているが、未だにベストセラー。
その名も「パリは燃えているか?
そのまんま。

パリは燃えているか?(上巻)パリは燃えているか?(下巻)

そして映画にもなっている。
パリは燃えているか』。アメリカとフランスの合作。
往年の名俳優が出演しているよ。アラン・ドロンとかジャン・ポール・ベルモンドとかね。オーソン・ウェルズもか。

映画版「パリは燃えているか」(品切れで中古出品待ち状態)


この映画は、戦争映画だし連合軍とナチスなので戦車が出てくる。
一部マニアには有名な映画である。

この映画の最後のシーンが降伏したナチスパリ占領軍司令官室の受話器から聞こえてくるヒトラーの声。

パリは燃えているか?

なんと劇的な演出!
燃えてないっつうの。

そして、この「パリは燃えているか」という言葉で思い出すのがNHKスペシャルの『映像の世紀』。
激動の20世紀を映像で記録した超有名なドキュメンタリー!

映像の世紀DVDBOX(つうかNHK!値段高ぇよ!今時こんな値段設定するDVDないつうの!)


1995年にオンエアされたけど、数回再放送されてる。
あの有名なメインテーマで始まるオープニングには痺れたなぁ。
テーマ曲を聴くと思い出すって。

Sony Music Shopのここで視聴できる

加古隆さんだよね。
番組中でも色々なバージョンで使われてたなぁ。

パリは燃えているか ― NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版


それにしても、やっぱりというか、このフランス暴動で出火した際、誰もが「パリは燃えているか」を思い出したみたいだね。
海外メディアは軒並み「パリは燃えている!」って報道してたもんなぁ

それでフランスの観光相が「パリは燃えていない!」って反論してるし(笑)
子供じゃねぇつうの。
<仏暴動>観光相「パリは燃えている!」の報道に反論
(Yahooニュースより)

この一連のフランス暴動のニュースを『映像の世紀』のメインテーマ「パリは燃えているか」を聴きながら読んでみてよ。

重苦しいものが肩にのし掛かってくるから。
20世紀は戦争の世紀だった。
21世紀になったが、貧困、略奪、殺戮、弾圧、偽善、欺瞞、あれ、これ、と何も変わっていないことがよくわかる。

何も変わっていないのだ。
わたしもあなたもそうなのだ。

■関連情報
フランス
(web百科事典Wikipediaの項目。フランスの歴史、地理、政治、経済等が端的に解説されている)
フランス大使館
(在日フランス大使館の公式サイト。日本語ページ)
シャルル・ド・ゴール
(web百科事典Wikipediaの項目。WW2の英雄にして狡猾で老練な初代第五共和制フランス大統領)
ドワイト・D・アイゼンハウワー
(web百科事典Wikipediaの項目。ヨーロッパ戦線の英雄にして第34代アメリカ大統領。元米国陸軍元帥)
ノルマンディー上陸作戦
(web百科事典Wikipediaの項目。第二次世界大戦の趨勢を決した大上陸作戦。作戦名Operation Overlord(オーバーロード作戦)。作戦決行日は「D-デイ」)
ジョン・F・ケネディ
(web百科事典Wikipediaの項目。ご存じダラスで凶弾に倒れた第35代アメリカ大統領)
パリは燃えているか
(連合軍のパリ進攻前後を描いた戦争映画の解説ページ。1966年の制作)
フランス暴動事件の背景にあるもの
(From VALVANEブログより。「実情」と「メディアを通して伝えられるもの」の違いを観点に書いていらっしゃいます。長文ですけど参考情報として)
暴動
(フランス暴動を記事にしているブログ。フランス語を勉強している方?)
拡大する暴動 『フランスって先進国だっけ?』
(フランス暴動を記事にしているブログ。人権先進国フランスに対するシニカルな記事)




次の記事:愛の本田美奈子.
前の記事:愛の讃岐うどん占い
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/258-3914246e
  • 三色旗の建前も【いろは 伊呂波 IROHA】
    三色旗の建前も綻びかけ未來描けぬ謎や地割れ無理負ふ謎を榮え失せ拗ねゐる跡にさんしよくきのたてまへもほころひかけみらいゑかけぬなそやちわれむりおふなそをはえうせすねゐるあとにフランスに非常事態宣言出て夜間外出禁止になれりとか。革命輸出元たりし国の二百十年後
【2005/11/09 15:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。