2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [真面目系]季節もの > 愛のハロウィン

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のハロウィン

 2005-10-29(土)

知り合いの叔母が滞在先のハワイから帰ってきた。
姪っ子や甥っ子にお土産を持ってきてくれた。
ハロウィン仕様のボールペンと鉛筆。
ちなみにハロウィンは10月31日である。


普段はボールペンハロウィーン仕様ペンシルセット










左がボールペン。
ハロウィンというよりホラーパロディ映画『最終絶叫計画』のキャラ。
そのまんま。すばらしい。
右が鉛筆セット。ハロウィンキャラの消しゴム付き。

ボールペンはね。もう、もの凄く中途半端なのよ。
遊べるんだけどね。
パンチできる。
かつ、光る。


左ストレート右ストレート










明日のために、その1。左ジャブかストレート。
明日のために、その2。右ストレートかジャブ。
後にあるレバーを押すと手が中途半端に伸びるのだ。
肘曲がったまま。
丹下のおっちゃんに叱られるぜ。
この中途半端な仕様が、 いい(≧∇≦)b
レバーを押すと目も光る!
すばらしい。


両手でパンチ書いてても光る










レバーを両方押すと両手でパンチ。
ボールペンとして書いている最中も真ん中が光りっぱなし
ナイスな無駄機能。
赤い光が気になって、スムーズに書けない仕様になっている。
すばらしい。


紫頭巾の髑髏揃い踏み










このボールペンは違うタイプ(キャラ)もある。
紫頭巾のやつ。
もの凄くキャラが中途半端でB級テイスト満載。

並んでパンチ。目が光る!
そうそう、この紫頭巾のやつはボールペンとして使っている時に、光らない
ある角度でないと光らない。
だから、書きながら角度を変えてみる。
結局、書きにくい仕様。
すばらしい。

ボールペン自体として見てみよう。
すばらしく短命なボールペンである。
パンチ動作機能やライト機能を盛り込んでいるため、ボールペン自体は、全長の3分の1もない。
書いている画像があるよね。真ん中が光っている画像。
真ん中が光る仕様のため、握っている場所から先端までの4㎝ほどしかボールペンの芯の長さがない。
だから短命なのである。
マ、逆に、これはボールペン機能がオマケであるなと読み取れる。
すばらしい。

10月31日がハロウィンである。
日本でも少しずつでは定着しつつあるイベント。
つうか、クリスマスやバレンタイン・デーのようにお金になるイベントを目指し、いろんな思惑のある業界が必死に定着を目指している(笑)

それにのる人々もいるわけだし。
日本でのハロウィンイベントの是非はおいといて。
(お盆で十分だろうって気がしないでもない)

マ。ぶっちゃけお金だからね。
イベント系のビジネスモデルなのかな。
成功例がクリスマスとバレンタイン・デーであると。

斜めに見過ぎ!と言われるかもしれないけど。
まぁ、これは性分なので。

ハロウィン自体については、日本人留学生射殺事件(服部君事件)をからめて書きたいので、次回にでも書く。
と思う。

今回は、くだらないけどおもしろかったハロウィン仕様のボールペンが主役なのである。

次の記事:愛のハロウィン その2
前の記事:愛のひまつぶし
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/242-5833280c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。