2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛のさんま

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のさんま

 2005-10-13(木)
明石家さんま、ではない。
サンマ、秋刀魚である。

今年はサンマが大漁だそうだ。
値が暴落しているみたい。消費者にとっちゃうれしいけどね。
イワシの漁獲高が減って高級魚化してる昨今だから。

 安いサンマ 豊漁で市場価格急落
 (岩手日報ニュースより)

秋の魚つうくらいだから、旬である。
というわけで、買ってきた。食べてみた。
近所に市場がある。
正確に言うと市場直送のスーパーだ。
魚も肉もケース売りしてる。野菜なんて日替わりで変わる。
その日の市場の状況で売り物が変わる。
大変お安い。欠点は、市場が休みの日はお店も休みってこと。

サンマ、一尾50円なり。
ついでに丸々とした「うるめいわし」もあったので買った。
これは一尾100円なり。


さんま君うるめいわし君










左がサンマ君で右がうるめいわし君。
サンマは10尾くらい買ったかな。それでも500円。
うるめいわしは5尾。500円。
もちろん税込み価格。

サンマは七輪で網焼きじゃぁぁ!
と気合いを入れたのはよかったが、時間も遅かったので断念した。
七輪炭に火を起こすと半日くらい持つので、もったいなかったから。

結局、グリルで焼いた。
サンマが長いんでグリルの網に設置するの苦労したよ。

強火でガンガン焼く。両面。
これで十分火が通るのだ。
それと、市場直送で新鮮なのでワタはそのまま。


かぼす君大根おろし君










焼き魚にするので、薬味は必要最小限にして最大の効果があるものにした。
大根おろしカボス
味付けはポン酢だ。
左がカボス君、右が大根おろし君。

大根も安かったので一本買っていた。
いつも間違うのだが、大根は先っぽが辛い。
とても辛い。なので、大根おろしとかにする場合は、葉っぱのある上の方からすり下ろすと程よい甘みを含んだ大根おろしになる。

が、先っぽからやっちゃった。
(;´Д⊂)


大根の先は辛いのダ










綺麗に先が無いでしょ。大根おろしに使ったから。
試しに、大根おろしを舐めてみた。
辛い。
ビリビリと辛い。
脳天が痺れるくらい辛い
が、これは男の料理なのだ。これくらいで丁度いい。
と、武士は食わねど高楊枝的発想で納得する。

サンマとうるめいわしは同時に焼いた。
デ。焼けた。


焼き完了!










早速、かぼすと大根おろしとポン酢を使う。
こういう時は躊躇なく使うことがコツである。
おいしさを求めるのに遠慮はいらない。
全部使うのだ。


大根おろしOK!ポン酢OK!










たっぷりと魚の姿が隠れるくらい大根おろしをかける。
その前に、滴るほどカボスもかける。
ポン酢は溢れるくらいにかける。
これでいいのだ。

不思議なことに、あれほど辛かった大根おろしが、いざ食するとそうでもない。
あつあつのサンマを箸でほぐし、ホフホフと言いながら口の中で頬張る。
カボスの柑橘系特有の酸味と大根おろしの辛みと甘みの混じった清涼さが青魚の淡泊な身とからみ、ポン酢の濃厚な味がサンマのオツユと混ざり舌の上を通過する。飲み込むと、余韻が喉に残り、その余韻を感じつつ胃に収まる。
もちろん茶碗に盛った白飯がある。こいつもあつあつだ。
米一粒一粒がキラキラ光る炊きたての白飯。
湯気が立っている。

サンマ、白飯。白飯、サンマ。
と交互に口に運ぶ。
鼻の頭に汗をかく。
腕でぬぐって、さらに食らう。
小骨など構っていられない。
箸でサンマをほぐし、身を骨と分け、大根おろしを寄せ集め、皿に散乱している魚の脂とポン酢をからめて食らう。
これを繰り返す。

旨い!

うまい!
うまいのだ。

うるめいわし君も旨い。
サンマと交互に食らう。
焼いただけの魚。
ポン酢と大根おろしとカボス。
シンプルイズベスト。

大きさや形などこだわらない適当な皿選び。
強火での焼き。
男の料理は適当なのだ。
そこに繊細さを求めてはいけない。
日本料理特有の緻密さを求めてはいけない。

力の源なのだ。
食らうことは生きることなのだ。
男の料理はそれだけなのだ。
それでも旨いのだ!

男が料理にこだわってはいけない。
準備万端で料理してはいけない。
それは、愛する女性の領分なのだ。
サンクチュアリなのだ。
そして、男はそれを侵してはならないのだ。

女は愛する人の為に料理を作るが、
男は自分の為に料理を作る


秋はサンマだ。
DHAやEPAが豊富だ。
不飽和脂肪酸だ。
ドコサヘキサエン酸(DHA)だ。
エイコサペンタエン酸(EPA)だ。
体にいいってことだ。


ごちそうさまでした










完食。
ごちそうさまでした。

秋は、味覚の秋である。

次の記事:愛の子猫ちゃん
前の記事:愛の男の小道具 その2
関連すると思われる記事
Loading


コメント
ごぞんじさん、こんにちは。
遊びにきました♪
七輪持っていらっしゃるのですね。うらやましい~。
私はこの頃すっかり手抜きで
頭とワタが処理してあるサンマばっかり買っています(^_^;)
やっぱり丸ごとのほうが迫力あっていいですね!
【2005/10/14 10:54】 | なんなん #- | [edit]
なんなんさん、こんにちは。
なんなんさんのブログの方にコメント入れときました。
辛子蓮根自作されたんですね!
チャレンジャーですね。辛子蓮根の本場に住んでますが、自分で作るってのは聞いたことないです(笑)
今度は七輪で焼き魚してみます。
【2005/10/14 18:05】 | ごぞんじ #6J9OhUjw | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/220-b27eb336
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。