2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [真面目系]季節もの > 愛の運動会 弁当編

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の運動会 弁当編

 2005-10-02(日)

秋の風物詩といえば運動会である。
小中高と、普通この季節。
特に小学校の運動会は、1年生から6年生まで年齢に幅があるので、バラエティに富む構成となっている。

そしてすれていないので、とても一生懸命である。

今日は姪っ子小三とマエストロ少尉の運動会。
義兄が国家試験の二次試験受験のため福岡に行ったので、おれが場所取りとカメラマンをした。

場所取りは午前6時からと決まっている。
その時間に小学校が開門となり、スーパーのバーゲンよろしく人垣が運動場になだれ込む。
昔は時間制限などなかったように記憶している。
夜も暗いうちから、ゴザを抱えた人が学校に向かっているのを何度も見た記憶がある。
ずっと昔のことである。

我が家の運動会での陣地は毎年決まっているそうで、それは姪っ子中三が1年生からの場所であるらしく、職員室前のエノキの下。
この8年間ずっと我が家の陣地。
今年も、その場所を難なくゲット。
マエストロ少尉が卒業するまで、あと5年この陣地を使うみたい。

マエストロ少尉が小六の時、姪っ子中三は二十歳である。
二十歳の子の弟が小学生ってのは、なんかおもしろいなぁと話していた。

デ。
一番の楽しみは、走ったり競争したりすることよりも、お弁当だ。
盆や正月よりも運動会のお弁当のご馳走が一番豪華だったりする。
それに、野外で家族で食べるお弁当は、ハイキングとかと違って学校(運動場や体育館)で食べる分なんか特別な事のような気がして楽しいのである。
それに回りには同級生上級生下級生のたくさんの友達もいるのだ。

弁当(おかず編)弁当(おにぎり編)










絶対に作り過ぎだというのに、足りないかもと大量に作ってしまう。
これ、田舎の特徴なんです。
買い物もそんなに使わないからと言っても大量に買う。
これも、田舎の特徴なんです。
悪いと言っているのではなく、田舎の特徴を言っている。

余ってもいいのである。
材料があまれば、お弁当以外に使えばいいだけである。
お弁当があまれば、それは夕食時に運動会の話題とともに食されるだけである。
田舎の工夫といっていい。

運動会のお弁当は、ある意味運動会自体よりも記憶に残るのである。

衛生兵2号がらみのお話を以下に続く。

5年前、衛生兵2号実家でBBQをやった時、買い出しはオイラと2号と2.5号で担当した。
2号は覚えているだろうか?
なんかスーパーに連れて行って貰った。
2.5号の運転だったような気がする。

んで、買い物リストを見ながら買い物かごに入れていくのだが、2号が
「これ少なくないですか」
「これくらいあった方がいいですよね」
とか言って、かつ2.5号と相談しながら買い物かごに入れていく。

「これで足りるから」
「そんなにいらないから」
と言っても、
「そうですか・・・ほんとそうですか」
と言って入れる(笑)

BBQの経験少ないのかなぁと思っていたが、
ああ、2号の実家はここだオイラのとこと基本的に同じだと悟った。
たくさん買っちゃうんだなぁ。うちのおふくろ達と一緒だと可笑しくなった。

結局、BBQの材料は余ったけど心配しなかった。
ちゃんと2号ママが別料理にしてくれて夜食として出してくれた。
具沢山ヤキソバだったかなぁ。
田舎の工夫である。

実はね、あのヤキソバね、おれは食ってないんだよね。

次の記事:愛の運動会 姪っ子小三編
前の記事:愛のカマキリ その2
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/208-af2ee7f9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。