2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]料理 > 愛のたこ焼き

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のたこ焼き

 2005-09-19(月)

今日は、義兄(関西出身)がたこ焼きを作ってくれた。
子供である姪っ子小三とマエストロ少尉のリクエストらしい。

たこやき










大阪には一家に一台たこ焼き器があるらしいが、うちの実家には、生まれる前からたこ焼き器はあった。らしい。
詳しいことは省くが、なんでも当時(生まれる前)は、うちで商店をやっていたらしい。叔父夫婦が。
そこでは、たこ焼きも作って売っていたらしい。
物心ついた時には、その商店の残骸つうか、あとはあった。
清涼飲料水のポスター(ペプシとかミリンダ)とあったりした。
以上余談。

デ。もちろん当時のたこ焼き器などあるわけもなく、今のたこ焼き器は、義兄が買ったものである。電気式で、まぁ、ホットプレートのたこ焼き版だね。
(子供の頃、古いたこ焼き器は見た頃がある。使った覚えは記憶がないなぁ)

キャベツ、干しエビ、タコ、チーズが所狭しと並び、粉削り節と青のりの香りが台所に漂っていた。これが、また芳ばしく食欲をそそるのよ。

タコとチーズキャベツ










焼き焼き中ひっくり返す










義兄の作るたこ焼きは絶品である。
いろいろなパターンのたこ焼きを作ってくれる。
姉やオフクロが好きなのは、外はかりっとしていて、中身はジューシーなやつ。
口に入れると熱くてホフホフしちゃう。

今日のは、わりとしっかりしたやつだった。
タコなんて、露天のたこ焼きと違っておもいっきり入っているので、噛むほどにタコのおつゆが口の中に広がるの十分堪能できた。
まぁ、なんでも出来たてが最高に旨いわね。なんでも。

たこやきだらけ










小麦粉だからね。もとは。腹がふくれる。
いったい何個食べたのだろう。
それでも義兄は作る・・・もう、たこ焼きだらけサ。

後かたづけは姉弟で担当。
姪っ子小三は体が不自由なので、できることをやる。
姪っ子中三とマエストロ少尉は洗い物担当。
ギャーギャー喧嘩しながらやっていた。

後かたづけ姉弟マエストロ少尉、頑張る










まぁ、まぁかな。
ゴミ出しの前日は、この二人が家中のゴミ箱をゴミ袋に喧嘩しながら詰める。

まぁ、まぁだな。

それはそうと、衛生兵2号の愛の巣には、たこ焼き器はあるのだろうか?


次の記事:愛の鳥はむ その2
前の記事:愛の月と団子
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/189-bdd276db
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。