2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
 
HOME > スポンサー広告> [ネタ系]雑談 > 愛の日々平安

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の日々平安

 2005-09-12(月)
総選挙の結果が出た。
おもしろい結果だったね。
昨日の夕方からNHK民放各社は報道特別番組で、どのチャンネルまわしても「選挙選挙選挙・・・」。
しかも、同じ人ばっかり出ている。
フジがワンピースとか世界柔道をやっていたくらいか。
テレビ東京は、まぁ、省くけど(笑)

ある意味乱世なんだろうねぇ。
平時なら投票率も低いし、政策が話題になることもない。
この平和で治世が行き届いたことを「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」や「尭舜の民(ぎょうしゅんのたみ)」という。
語源は同じである。

古代中国の伝説の帝王「尭(ぎょう)」や「舜(しゅん)」の治める民衆は天下太平を謳歌したことに由来する。

そうなると、いまの我々は、「鼓腹撃壌」しているわけでもないし「尭舜の民」でもないことになる。
そういう意味で「乱世」なのである。

しかし自民党は爆勝だった。執行部は爆笑もんだろう。
特に武部幹事長は男を上げたはず。
自民党単独過半数で公明党入れれば、なんと衆議院の3分の2を占めたんだからなぁ。
これ、憲法改正以外ほとんどの法案通過しちゃう数だよ。
もう参議院の意味ない(笑)

解散の原因になった法案の参議院否決だけど、これ衆議院に戻ってくる。そこで再審議して3分の2以上の賛成で可決される。そういう仕組みになっている。
つうことは、参議院の勢力は変わらないので、仮に郵政法案を再度衆院可決して参議院に付して否決されたとしても、また衆議院に戻ってきたときに楽勝で可決できる。
なぜなら、衆議院で郵政反対した自民党議員を全部きったから。

だから、この衆議院勢力じゃ参議院の意味ないって書いている。
ある意味、国民は「もう参議院なんていらねぇよ」って判断したっても読める。
そうとう乱暴な意見だけれども(笑)

民放各社の報道特別番組は、どれも優れたバラエティ番組と化していて、タレント化しているキャスターの空回りばかり目立ったけれども、まぁ、岐阜一区マドンナ対決で注目された「野田聖子」(小選挙区で当選)が自民党武部幹事長に「自民党の復党はない」と引導を渡されていたのはおもしろかった。
野田議員、当選後のインタビューつうか出演だったけど、自民党復帰を匂わす発言したんだよね。あっさり武部幹事長に「ルールはルールなので厳粛に対処する」ってかわされて顔面蒼白になっていたけれど。

祭は終わった。
短い秋が既に始まっている。
白い冬は、もうそこまで来ている。

また、人肌恋しい季節がくる。



そうそう、ムネオも比例で当選したね。
真紀子も辻本も当選したし、ある意味、国会役者が揃ったことになる。
これはこれでおもしろいかも。

政策思想能力は別にしてネ。

土井たか子は落選したな。


次の記事:愛の「北のひめゆり」
前の記事:愛の衆院選挙投票日
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/182-e8ba5e2c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。