2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > スポンサー広告> [飲み食い]食い物系 > 愛のカプサイシン

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛のカプサイシン

 2005-08-04(木)
唐辛子に含まれるカプサイシンって成分がある。
辛みのもとらしいが、こいつで汗がでる。
新陳代謝をよくするってんで、ダイエットにも効果があるとか。

辛いのは大好きである。
でも、辛いのには弱い。
強くないってのが正確かもしれないが・・・

でも、辛いのは好きだなぁ。

我が故郷のご当地ラーメンは、今も昔も豚骨ラーメンである。
ラーメンといえば豚骨である。
醤油でも味噌でも塩でもなく、豚骨である。
これは、未来永劫変わることはない。
ラーメン=豚骨なのである。

デ。
この豚骨ラーメンには、コショウよりも実は唐辛子系の香辛料がとても合うのである。
鷹の爪とかの赤い香辛料である。
数人しか教えていない、地元のグルメ本にも載っていないラーメン屋があって、そこは絶品なラーメンを食わせてくれるとこなんだけど、そこで一番旨いのが「スタミナラーメン」という名前の超辛いラーメンである。

カウンターと座敷席があるが、カウンターに座ると目の前の厨房から大将がラーメンを出してくれる。
んで「ネギの下に入ってますから」と言う。
何がネギの下にあるかというと、「スタミナ」のもとである。
スタミナラーメンつうくらいだから、なんか具だくさんなラーメンを想像するが、見た目は普通のラーメンである。
ネギの下以外は・・・

最初、このラーメンを頼んだときは「なんでい、普通のラーメンじゃねぇかよ!どこがスタミナラーメンなんだよ」と思ったもんである。
「ネギの下?よくかき混ぜてだと?」
ネギの下に箸をいれ、かき混ぜると、いきなりスープが血の色に変わった。
これには驚いた。
なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!である。

スープを飲む。
脳天に衝撃が奔ったね。
「かれぇぇぇぇぇぇ」と思う暇もなく舌も唇も痺れて麻痺したよw
でも、豚骨スープに唐辛子系の香辛料がこんなに合うなんて想像もしなかった。
美味である。

聞くと、その赤い香辛料は秘伝だそうで、提供できる時期があるらしい。
耳かき一杯分だけだよ、とその時は言われたが、大さじ一杯くらい入れる人もいるそうだ。

汗は出るは、唇は痺れるは、明日の肛門は心配になるはで散々だったけど、あれは旨かった。
今のところ、オイラの地上最強ラーメンである。

デ。
今日は暑かったので、インスタントラーメン(豚骨)に一味をバンバン振りかけて食った。
涙が出た。
汗が、まさに滝のように落ち、カプサイシンが全身に奔った。と思う。

夏は、辛いのに限るぜ。


次の記事:愛の熱帯夜
前の記事:愛の大福
関連すると思われる記事
Loading


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://gozonji.blog4.fc2.com/tb.php/156-a8e72d54
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。