2006 101234567891011121314151617181920212223242526272829302006 12
 
HOME > 2006年11月

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の加藤茶は危ないのか?

 2006-11-22(水)

カトちゃんことザ・ドリフターズの加藤茶が10月末に入院したというニュースは既にあって、かれこれ一ヶ月近くたつのですが、実は「集中治療室」に入院中ということで、いかりやに続くのかって声があがってます。一部(笑)

 都内の病院に「検査入院」したと報じられた加藤茶(63)が、実際は慶応病院に救急車で運ばれ、いまだに「集中治療室」に入院中だということが明らかになった。
 加藤茶が入院したのは10月30日。かかりつけの病院から、そのまま転送されたという。

■加藤茶 2週間たっても集中治療室の深刻
(infoseek芸能ニュースより。2006.11.19。全文はリンク参照)

古い記事なので速報性もなく、かつ元ニュースが「ゲンダイ」の記事なので、記事自体の信憑性もアレなのですが、案外、年内最後のアレはカトちゃんかも?

不謹慎なのですが。

愛の加藤茶は危ないのか? の続きを読む

スポンサーサイト

愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄

 2006-11-21(火)

銚子電鉄の「ぬれ煎餅」「ぬれ煎餅」というダシの効いた醤油タレたっぷりなお煎餅が猛烈な勢いで注文されている。醤油タレなお煎餅な時点で旨いのはわかっているのだけれど、これには理由がある。

そして、この「ぬれ煎餅」を販売しているのは、お煎餅屋さんでもお醤油屋さんでもない。電鉄会社。銚子電鉄なのである。(画像は銚子電鉄オンラインショップ「ぬれ煎餅」ページより引用)

電車運行維持のためにぬれ煎餅(せんべい)を買って下さい!! 修理代を稼がなくちゃ、いけないんです――。約2億円の負債を抱えて経営難に苦しむ銚子電鉄(千葉県銚子市)が、自社のホームページ(HP)で「緊急報告」と題し、同社の名物「ぬれ煎餅」やレールで作った文鎮など電鉄関連商品の購入を呼びかけている。車両の法定検査が資金不足で発注できず、このままでは元旦の輸送に支障が出たり、年明けに車両不足でダイヤ通り運行できなくなったりする恐れがあるという。

■「ぬれ煎餅買って」 経営難の銚子電鉄がSOS
(asahi.comより。2006.11.21 15:02。全文はリンク先参照)

テレビでもやってましたね。銚子電鉄の「ぬれ煎餅買って下さい!」ってやつ。安易に募金や寄付を募らず、商い(あきない)で勝負するこの姿勢が共感を呼んで、猛烈な勢いで注文されているみたい(笑)

だって、醤油タレ煎餅って旨いもん。でも、この銚子電鉄の必死さにはワケがある。

愛の「ぬれ煎餅」と銚子電鉄 の続きを読む

愛のカノッサの屈辱

 2006-11-17(金)

俳優の仲谷昇さんが亡くなられましたね。享年77。渋い、味のある役者さんでした。『キイハンター』の村岡室長なんだけど記憶にない。

渋い個性派俳優として舞台、映画、テレビで活躍した演劇集団円の代表の仲谷昇(なかや・のぼる、本名昇流=のぼる)さんが16日午前7時22分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため東京都港区の病院で死去した。77歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行い、劇団葬を後日開く。喪主などは未定。

■仲谷昇さん死去 個性派俳優、「カノッサの屈辱」でも話題に
(SANSPO.COMより。2006.11.17。全文はリンク参照)

女優岸田今日子さんの元旦那さん。ってことは、故岸田森の義兄だったのかぁ。岸田國士は岳父でもあったわけだな。一時期は。

90年代の深夜番組というのは、現在と違って企画で勝負するものがほとんどで、それはそれは質の高くて面白い番組がたくさんあった。いまは、芸人立ててトークしてロケしてってやつで、企画的には皆同じですもんね。

『カノッサの屈辱』というフジテレビの深夜番組もそうで、面白かった。その進行役の教授をしていたのが仲谷昇。

愛のカノッサの屈辱 の続きを読む

愛のGoogle 左右反転の技

 2006-11-14(火)

久しぶりにGoogle(グーグル)ネタです。もう誰もが知っていて、私だけが知らなかったネタかもしれませんが(笑)

Google(グーグル)の検索ボタンは二つあって、ひとつは「検索」ボタン、もうひとつは「I'm Feeling Lucky」ボタンです。

■日本版Googleサイト

Google(グーグル)の通常検索の場合は、入力した検索用キーワードに合致した検索結果ページを表示するのですが、この「I'm Feeling Lucky」ボタンで検索すると、検索最上位のサイトが直接表示されます。検索結果を経ないでダイレクトに表示する。検索結果が最上位のサイトですが。

ピンポイントで表示させたい時などに便利な機能ですね。「参議院」とか「衆議院」と入力して「I'm Feeling Lucky」ボタンをクリックすると、ダイレクトで参議院サイト、衆議院サイトを表示します。検索結果ページを中継しない分スピーディーな表示です。

そして、この「I'm Feeling Lucky」ボタンを使って、面白いことが発生します(笑)

愛のGoogle 左右反転の技 の続きを読む

愛のはらたいらに3000点 さらに、倍

 2006-11-10(金)

訃報。漫画家の「はらたいら」さん逝去。びっくりですね。享年63。急逝ですね。

クイズ番組の名物解答者として知られる漫画家のはらたいら(本名原平=はら・たいら)さんが10日午後0時7分、肝不全のため埼玉県富士見市の病院で死去した。63歳。高知県出身。葬儀・告別式の日取りなどは未定。

■漫画家はらたいらさん死去 「クイズダービー」でも人気
(SANSPO.COMより。2006.11.10。全文はリンク先参照)

大橋巨泉の方が先だろう!と思ってしまうのですが、病魔に倒れたみたいですね。

あの頃のTBS土曜日は、『まんが日本昔ばなし』→『クイズダービー』→『8時だよ!全員集合』→『Gメン75』って流れでした。地元では、そのあとに『桃太郎侍』をオンエアしていたのですが、子どもには22時台のドラマはしんどかったですね。なので、『桃太郎侍』まで観るのは、たまにしかありませんでした。

往時を偲んで、当時の『クイズダービー』の動画を続きに。

愛のはらたいらに3000点 さらに、倍 の続きを読む

愛の倖田來未が悪いのか、その背後が悪いのか

 2006-11-10(金)

音楽に類似性というのはつきもので、限られた音で曲を作っている限り、これは「似る」ということは仕方無いことかも知れません。歌詞だと話は違って、似ている表現もあるでしょうが、盗用ってなるのかな?

言い回しや文字数の制限などで、どうしても「似てしまう」ってことはあるかもしれません。マ、故開高健もいっているように、いい言葉だなぁ~とか感動する言葉だなぁ~と思うものは、九割方シェークスピアか聖書の言葉なんだそうです(笑)

たしかにな・・・

さて、激似な曲ネタなんですが、『毒電波TV』さんにあった倖田來未の曲。これ、凄いですね。ある意味感動しました。二つの曲をひとつにしてあります。

ええ、パクリです(笑)

その検証動画です。倖田來未の曲が先にあるバージョンと、パクリ先の曲が先にあるバージョンのふたつあります。検証しやすいように二つ作ってあると思います。

凄いですよ。

愛の倖田來未が悪いのか、その背後が悪いのか の続きを読む

愛の本田美奈子.一周忌 TIME TO SAY GOODBYE

 2006-11-08(水)

早いもので歌手の本田美奈子.が死去して一年になる。昨年の11月6日に急逝したので、もう一周忌。本当に、はやい。

昨年11月に急性骨髄性白血病のため38歳で死去した歌手本田美奈子さんの追悼イベントが1周忌に当たる6日、埼玉県朝霞市の市民会館で開かれ、親交のあったアーティストらが合唱や座談会で本田さんをしのんだ。

■本田美奈子さんを追悼 1周忌で歌手やファンら 【写真】
(北海道新聞より。2006.11.06 22:12。全文はリンク先参照)

『Time To Say Goodbye』という名曲を布施明と歌っている映像があったので、一周忌記念に見てみる。サラ・ブライトマンという世界一の美声を誇る歌手の映像もあったので見比べてみる。

負けてないなぁ。と思います。曲としては『アメージング・グレイス』の方が有名かもしないけれど、この『Time To Say Goodbye』も名曲。本田美奈子.は、まさに『Time To Say Goodbye』でしたね。

動画は続きに。

愛の本田美奈子.一周忌 TIME TO SAY GOODBYE の続きを読む

愛の「めんバーガー」

 2006-11-06(月)

ちょっと古いネタなのですが、朝日新聞Webサイトに「めんバーガー」なる食い物の記事があった。

ライス・バーガーのライスの部分がラーメンの「めん」なバーガー。別にハンバーグを挟んでいるわけではなく、チャーシューとか。

▽パンの代わりにラーメンのめんで具を挟んだ「めんバーガー」が福岡県行橋市で発売された。350円。具はネギチャーシューと鶏のつくねの2種類。
意表をつく組み合わせと不思議な食感で人気を呼んでいる「めんバーガー」

▽ラーメン店の激戦区として知られる東京の環状7号線沿いで豚骨ラーメン専門店を経営する同市出身の定石光治さん(47)が、知人の協力を得て開発した。

▽店で従業員がゆで損なっためんを隠していたのを見つけ、「何かに似ている」。そばにあったタワシを挟んでみて、「手にとって食べられるラーメン」が生まれた

■手にとって食べるラーメン、「めんバーガー」好評
(asahi.comより。2006.11.03 14:08。画像はリンク先にあります)

記事体広告のような気がしないでもないが、この「めんバーガー」なるもの、見た目はお好み焼き(笑)

モダン焼きの変形っぽくみえる。麺をパリパリに揚げたり焼いたりして食べるのは旨いので、まずくはないと思うが、全然新鮮でもないなぁ(笑)

愛の「めんバーガー」 の続きを読む

愛の剣道全日本と栄花選手の突きと二刀流

 2006-11-03(金)

★2006.11.08 今年の剣道全日本選手権の動画を追加

久しぶりの幕僚日誌。色々あったり風邪を引いていたりしていたら、もう11月になっていた。

季節は秋で、テレビでは「スポーツの秋」まっさかり。日米野球、世界バレー、フィギュアスケートなど週末はスポーツばかり。そんな中、NHKでひっそりと全日本剣道選手権がオンエアされていた。

警視庁の内村五段が優勝。この人、昨年の準優勝者。決勝の相手は熊本県警の古沢五段。内村五段は九州学院出身で、九州学院は中学・高校ともに熊本市にあるので、決勝戦は熊本人対決。

相変わらず熊本は剣道が強いなぁ。底辺が広いからなぁ。

剣道日本一の座を争う第54回全日本剣道選手権が3日、東京・日本武道館で開かれ、昨年準優勝の26歳、内村良一五段(警視庁)が、決勝で古沢庸臣五段(熊本県警)を破り、2度目の出場で初優勝を飾った。昨年の覇者で、史上2人目の連覇を狙った原田悟六段(警視庁)は3回戦で高鍋進五段(神奈川県警)に敗れた。

■全日本剣道:内村五段が初優勝 2度目の出場で頂点
(MSN毎日新聞ニュースより。2006.11.03 19:16。全文はリンク先参照)

二度の連覇を含む六度の全日本優勝をした宮崎正裕選手の初優勝は27歳。剣道の全日本優勝を二十代で成し遂げるというのは、とても希なことなので、この内村選手も一時代を築く選手になるのだろうか。

愛の剣道全日本と栄花選手の突きと二刀流 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。