2004 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 02
 
HOME > 2005年01月25日

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

インド料理屋のパキスタン人とは、これ如何に

 2005-01-25(火)
昨日の続きネタ。

芝司令部の近くにインドカレー屋さんがあった。
衛生兵2号は行ったことある。0号もあるのかな?

航兵衛は既に行っていて

「あそこは、変な店ですよ」

と言う。

「なんでですか?」

と聞くと、

「インド料理の看板を上げているくせに、授業員はパキスタン人なんです」

これ、わかる人には笑えるブラックジョークなんです。
ご存じのように、インドは英国の植民地でした。
ガンジーとか頑張って独立しましたが、独立後に二つに分かれちゃった。

ま、仲の悪い派閥があって、そこには民族も宗教もからむわけですが、とにかく二つの国になっっちゃた。

それが、インドとパキスタン。

だから、この両国は建国以来仲が悪い。
とても悪い。
戦争もしている。

最近、と言っても、ちと古いかもしれませんが、パキスタンが核実験に成功ってニュースがあって、すぐさまインドも成功って報道された。
順番は逆だったかもしれないw

とにかく、両国とも核武装できるほど、それを示威するほど相手国を意識している。
仲が悪いのです。
宗教もからんじゃっているので、これは一筋縄ではいかない難しさ・・・

そういう前提を知っていると、航兵衛が聞いたこともブラックジョークとして理解できるでしょう。

航兵衛が、

「インドとパキスタンって超仲が悪いですよね?問題ないんですか?インド料理の看板上げている店にパキスタン人が働いて、かつそれを公言してw」

と言うと、従業員が答えた。

「それは、あちらでのお話。ここは日本ですから(笑)」

だ、そうです。
この回答も、ある意味、ブラックジョークですねw

ふ~ん、そんなもんなんですか、って航兵衛は言ったそうだ。
それを聞いて、私も爆笑しましたが、とても知的な会話でしょう。
航兵衛とわたし。
普段は痴的なんですが・・・

まだ、あのインド料理屋はあるのだろうか?
あのパキスタン人が気になるなぁ。

って書いて、0号も確かにあの店に行ったことを思いだした。
私が遅れて行って、なんか料理の説明をしてくれたような・・・

たぶん、潰れてますねw
もう。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。