2004 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 02
 
HOME > 2005年01月19日

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ナース

 2005-01-19(水)
今日、叔父から電話があった。
叔母が心臓系の疾患で入院したとのこと。
叔父は母の兄。叔母は叔父の奥方だ。

叔父は最近心臓の手術をしたばかりで、電話があった時には、最初叔父の方かと思った。が、叔母だった。
叔父が車で病院に連れて行こうとしたらしいが、息子(私の従兄弟で同じ歳)が救急車を呼んだ方がいいと言い、救急車で運ばれたらしい。

これは正解であった。
最初日赤救急センターに向かおうとしたが、心臓系の疾患ということで準備が整わなくて拒否されたそうだ。次に行った病院でも、そう。最後に市立の病院に運ばれた。そこでは心臓系の医師が準備していた。

他県に嫁いでいる従姉妹(さきほど書いた叔父の息子の姉。ちなみに私の姉と同じ歳)が子供を連れてやってきた。状況が心臓系疾患としかわからなかったので、万一を考えての行動だ。

この従姉妹、元ナースである。
子供ができて引退したが、現役時代は、そりゃもうバリバリのプロフェッショナルだった。旦那は整形外科医。
叔父の手術の時もそうだったが、叔母の場合も、担当医による説明はすべてこの従姉妹が聞く。担当医も楽だろう。専門用語使って話せるから。

従姉妹は状況を判断して、実家の冷蔵庫を覗いて補充すると子供を連れて帰っていった。
叔父に「おとうさん。おかあさんが死んだら、おとうさんは老人ホームよ。孤独死したくなかったら、自分で色々やりなさい」という辛辣な一言を残してw

夜に従姉妹から母に電話があり、叔父を脅しといてやったと言っていた。強面の叔父が頭が上がらない唯一の人間である。 そして私が尊敬する女性のひとりでもある。
スーパーナースな従姉妹のねぇちゃん。

もう何度も書いているけど、武勇伝の一部は以下に。

ナース の続きを読む

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。