2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
 
HOME > [ネタ系]和泉屋シリーズ

スポンサーサイト

 --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛の美しい日本 棚田

 2006-02-06(月)

棚田」をご存じだろうか?

松之山の棚田

松之山の冬の棚田







(引用元:「宿六日記」より)


山や谷間の斜面を利用した、マ、段々畑の田んぼ版のことである。地形を利用しているため、その姿は曲線で形成されている。

その曲線が描くフォルムは、優雅、緻密、屈強、辛辣を具体化したものであり、田植え前の水を張った棚田は、何枚もの鏡を地面に敷いた透明な光を発する圧倒的な美しさを持っている。

農耕民族が主である日本の、誇るべき風景である。

愛の美しい日本 棚田 の続きを読む

スポンサーサイト

愛の和泉屋宿六日記! その2

 2006-01-29(日)
婿投げ墨塗り」という奇祭があるという。

婿を投げ、墨(炭)を塗りまくる神事というか、まぁ、行事だ。

婿投げ(宿六日記より)墨塗り(宿六日記より)






(画像は「宿六日記」より)


小正月に行われるというから、1月15日になる。
うちの地元じゃドンドヤの日である。
恐らく、似たような行事と思われる。

そして、この「婿投げ墨塗り」で有名なのが新潟県十日町市の松之山。

そう。
あのWeb最強温泉宿サイト「和泉屋」を有する松之山だ。

和泉屋」については、過去記事を参照。
■「愛の和泉屋宿六日記 その1」

今日は1月29日なので、2週間前に終わってるんだけどね(笑)

詳しいレポート等は、祭当日ニュースで配信されたり、越後人のWebサイトやブログで紹介されたりしているが、やはり、なんといっても祭前から地味にレポートをしていた「宿六日記」を読まずば成るまい。

和泉屋」の中の人のブログ「宿六日記」のことである。

愛の和泉屋宿六日記! その2 の続きを読む

愛の和泉屋宿六日記! その1

 2006-01-21(土)
もうお気づきの方もいらっしゃるだろうが、サイドバーの「お勧めサイト」にバナー付きリンクを追加している。

ミラーサイトのFC2ブログ版幕僚日誌Ⅲにいたっては、トップページ上部にドデカなバナーとコメントを付けてリンクしている。

新潟県は十日町市松之山にある温泉宿、すなわち湯宿の「和泉屋」と、その宿六が発信しているブログ「宿六日記」がそれである。

松之山温泉「和泉屋」






■松之山温泉 和泉屋
■宿六日記

日本三大薬湯とは「有馬温泉」「草津温泉」そして「松之山温泉」である。
う~ん、有馬温泉と草津温泉に肩を並べているいるのかぁ。

松之山温泉って、知らんかったなぁ。
あとの二つがメジャーすぎるからなぁ。

ちなみに、「宿六」とは「宿のろくでなし」の意味で、宿の主人を指す言葉である。湯宿の場合は「湯守」でもあるわけダ。

東海道中膝栗毛にも出てくる古くからある言葉である。
続・東海道中膝栗毛だったかな?

弥次喜多だよ。弥次さん喜多さん。
クドカンの「真夜中の弥次さん喜多さん」の大本ネタ(笑)

十返舎一九の作なんだよね、国語の授業で絶対習う(笑)
テラナツカシス。

上は余談。


なぜ、この松之山温泉「和泉屋」と「宿六日記」をリンクしたのか?

それにはワケがある(笑)

愛の和泉屋宿六日記! その1 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。